婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】アンジェ・パティオ

【35歳男性】婚活の現実や成婚までにかかる期間を徹底解説

アンジェ・パティオ「【35歳男性】婚活の現実や成婚までにかかる期間を徹底解説」-1

35歳の男性が婚活を始める理由

アンジェ・パティオ「【35歳男性】婚活の現実や成婚までにかかる期間を徹底解説」-2

男性が婚活を始める理由として最も多く聞かれるのが”年齢的に結婚を考え始めた”というもの。

これまではさほど結婚を意識せず、仕事や趣味に没頭していた男性も周りの友達や同僚が結婚し始めると自然と意識するようになります。

また周囲が結婚することで以前のように仕事終わりや休日に気軽に遊びに行くこともできません。いつ結婚するのかと聞かれることも増え、自分もそろそろかなと実感し始めるのが30後半であるケースが多いのです。

友達や同僚の結婚に影響を受け、結婚を考え始める男性は少なくありません。

特にアラサーに突入する35歳の男性は自分もそろそろ結婚したいと真剣に意識するようになります。

35歳で婚活を始める現実とは?結婚相談所における婚活市場について詳しく知りたい人はぜひチェックしてみてくださいね。

35歳男性の婚活は厳しい?理想と現実とは

アンジェ・パティオ「【35歳男性】婚活の現実や成婚までにかかる期間を徹底解説」-3

20代後半の女性とも結婚できる

35歳で婚活を始める男性は決して遅いとは言えません。ですが35歳と39歳とでは同じ30代後半でも成婚の難易度は少し違ってきます

というのも年齢を重ねるにつれ、相手の女性も年齢が高くなっていくからです。つまり若い女性と結婚しようと思うと婚活をできるだけ早く始めた方がいいということ。

39歳になって同じ30代後半もしくは同じ歳の女性と出会い、子供が欲しいと希望するのは女性にとって負担でありリスクがかかることを忘れてはいけません。

ですが35歳で婚活を始めるのであれば20代後半〜30代前半の女性と結婚できる可能性も十分あります。

35歳で婚活を始めることで相手の女性も子どもについて前向きに考えることができ、十分な準備期間が持てる年齢だと言えるのです。

そのため35歳で婚活を始めようか検討している男性は女性のためにも早めに婚活を始めることをおすすめします。

35歳男性はライバルが多い

35歳で婚活を始めたいと思う男性は自分だけではありません。35歳で婚活を始める男性が多い分、ライバルも多いことを理解しておきましょう。

35歳で婚活を始める男性はプライベートより仕事を優先してきたエリートが多いのが特徴です。

自分では年収を含めその他の条件が悪くないと思っていてもハイクラスの35歳に人気が集中し、市場価値が下がってしまうこともあるのです。

そのため平均な年収、職業、見た目である場合は想像よりも婚活が円滑に進まない恐れがあります。

女性に求める条件が多い

30代後半になると女性に対する条件が多くなったなと感じませんか。若い頃のように容姿は重要であることはもちろん学歴や職業、ライフスタイルなども選定の基準になってきます。

一方で将来的には子どもが欲しいから若い女性がいい、自分の親を大事にしてくれそうな人がいいと将来のことを考えるほど追加で条件が出てくるのです。

35歳であれば条件に近い相手と出会える可能性が高いと言えますが、婚活が長引くほど丁度良い相手を決断できず選べなくなってしまうことも。また女性側もできるだけ若い男性と結婚したいと思っていますので、35歳の婚活はスピード感と決断力を大事にしましょう。

仕事や子育てに関する価値観の違い

現代では共働きを視野に入れている男性が多く、結婚してからも仕事を続けてほしいという男性が多い一方で、同年代の女性は結婚に安定を求めるため、収入の安定した男性と結婚して仕事を辞めるもしくは短時間やパートで働きながら子育てに集中したいと考えています。

また仕事の環境を変えたくないという思いから、自分の職場に近い場所を拠点にしたいと考える男性は少なくありません。

そうなると女性は職場から遠ざかってしまい通勤が難しくなる上、慣れない土地での新生活に負担がかかるでしょう。できれば女性の職場や実家に近い地域を選びたいところですが、仕事での立場や年収を比較しても女性側の希望を尊重できないのが現実です。

このように仕事や子育てに対する価値観の違いが原因で婚活が長引く場合があります。

35歳男性の婚活市場|女性の年齢や在籍日数など平均データ

アンジェ・パティオ「【35歳男性】婚活の現実や成婚までにかかる期間を徹底解説」-4

日本相談所連盟2021年成婚白書調べ「典型的な成婚者像」https://prtimes.jp/a/?f=d7950-20220531-c25ca22c2fb2e0f75b0620b1bcd57815.pdfをもとに35歳男性の婚活市場を見ていきましょう。

【最頻値】男性34.0歳×女性34.0

男性データ

在籍日数180~209日/申込数1~5件/申受数1~5件/お見合い回数6~10回/交際数1~5回/交際日数90~119日/年収500~600万円

【中央値】男性38.0歳×女性35.0

男性データ

在籍日数301.0日/申込数44.0件/申受数36.0件/お見合い回数11.0回/交際数5.0回/交際日数125.0日/年収600~700万円 

【平均値】男性39.6歳×女性35.9

男性データ

在籍日数467.0日/申込数145.1件/申受数110.0件/お見合い回数19.7回/交際数7.5回/交際日数135.8日/年収7,241,028

結婚相談所ネットワーク IBJ日本結婚相談所連盟(https://www.ibjapan.com/

最頻値(最も多い度数を示す値)を見てみますと、34歳同士の男女が在籍日数6ヶ月前後、交際日数は約3ヶ月で成婚に至るケースが多いことが分かりました。

上述の通り35歳前後で婚活を始める男性はエリートが多いため婚活も非常にスムーズに運ぶのです。

一方で中央値には高卒やエリートには少し劣る人が該当するため在籍日数、交際日数ともにやや長期化する傾向があるのです。

また年齢的にも中央値は男性が39.6、対して女性は35.9であることがデータ化されています。男女の歳の差は3.7歳であり、女性も30代後半に差し掛かっていますね。

婚活を始めた年齢が35歳以降であることに加え、婚活では困難とされる条件(持ち家・同居・田舎暮らしなど)の男性も含まれるため中央値ではこのような結果となりました。

平均値のデータはスピード成婚した人と長期化した人の両方を足して割った数値であるため、婚活市場において条件が良いとされる35歳男性は平均値の引き下げに貢献していると思われますが、人によっては在籍日数や申込/申受数に大きな差があることが分かります。

申込/申受数になぜ差があるのか

申込/申受数が増加する理由は、お見合いシステムを活用しても簡単に成果が得られていないことを意味します。プロフィールに魅力を感じられず女性からの申し込みが少ないことはもちろん女性に申し込んでも反応が薄いのです。

そのような場合は仲人が直接他の加盟店へ問い合わせ会ってくれそうな女性はいないかと打診・紹介してくれる”手組み”という手法が欠かせません。

35歳男性が婚活で成功する方法

アンジェ・パティオ「【35歳男性】婚活の現実や成婚までにかかる期間を徹底解説」-5

外せない条件を決める

女性にたくさんの条件を求めてしまうと理想の相手に出会えず婚活が長期化してしまう恐れがあります。

容姿端麗で家庭的で若い女性はそう出会えるものではありませんしそれだけハイクラスの男性を選びます。多くの女性と出会うためにお見合い回数を増やしても婚活がうまくいくわけではなく、一人ひとりと向き合う時間を減らしてしまうことになります。結婚相談所で婚活をする上で重要なことは少ないお見合い回数で相手をよく知ることです。

そのためには結婚相手に譲れない条件を絞り込み、マッチングシステムを活用して条件により近い相手を選定しましょう。

周囲と比較しない

同世代の会員と比べて劣っていると感じないように注意しましょう。婚活パーティーへ参加するとライバルたちのスペックの高さに萎縮してしまうこともあるかと思います。

しかし結婚相談所ではそれぞれ個人で活動できるため、周囲と比較することはありません。

また女性が他の男性と同時進行中であっても、お互い様だと思って深く気にしないことが大事です。

結婚相談所のお見合いシステムには一般公開されていない詳細なデータが公開されているため、誰でも利用できるマッチングアプリと比べミスマッチが格段に少ないのも特徴。

周囲と比べて落ち込むこともなく自分に合った相手を見つけることができますよ。

35歳男性の婚活は結婚相談所連盟がおすすめ

アンジェ・パティオ「【35歳男性】婚活の現実や成婚までにかかる期間を徹底解説」-6

安全性が高い

35歳男性が婚活を始めようと思った時、結婚相談所の他にもマッチングアプリや婚活サイトも意識するかと思います。

結婚相談所であればマッチングアプリや婚活サイトのようにメッセージの頻度は重要ではありません。また身分が証明されており個人情報も厳重に保護されている結婚相談所では安全面を心配をせず婚活に集中できます。

婚活アドバイザーによる手厚いサポート

結婚相談所では専任の婚活アドバイザーによる手厚いサポートを受けることができ、スケジュール管理やお見合いの調節も任せることが可能です。

35歳は仕事で責任ある役職に任命されたり新事業や部署の立ち上げを任されたり、上司と部下の仲介役として立場的にも苦労する年齢。

仕事と婚活を両立して婚活を成功させるのであれば、結婚相談所でスケジュールや目標を設計して効率よく成婚を目指すのがおすすめです。

IBJお見合いシステムが利用できる

結婚相談所連盟の会員79,277名(20226月時点)のデータが閲覧できるお見合いシステムを利用することができます。

自宅からシステムにログインして気になる相手を見つけお見合いを申し込むことが可能です。相手が承諾したらお見合いへ進み、仮交際から真剣交際を得て成婚退会を目指します。

マッチングアプリと比べ加工された写真が使用されておらず年収や学歴などプロフィール情報が充実しているためミスマッチが少ないのが特徴です。

細かく検索条件を絞ることができ人工知能(AI)によって使えば使うほど適合性の高い検索結果が得やすくなります。

\アンジェ・パティオは30代後半男女のスピード婚が得意/

結婚相談所アンジェパティオは30代後半の男女のスピード婚に強みを持っています。

35歳で婚活を始める人は結婚できなかったのではなく、仕事が忙しく婚活をする暇がなかった人や出会いが少なかった人が大半です。また高学歴で年収が安定していても女性経験が少なく、自分から積極的になれない人もいます。

結婚相談所は敷居が高いイメージがあり、なかなか入会する勇気が持てないという人も安心してください。

皆さん35歳になって恋愛から遠ざかったまま結婚のタイミングを逃したくないという想いは同じです。

当サロンでは好感度の高いプロフィール制作をはじめ魅力を引き出す専任プロカメラマンが在籍しています。

また入念なカウンセリングとAI婚活を専門としたシステム分析を得意としており、初回からご満足いただける出会いをご提案いたします。

結婚に焦りや不安を感じている人はぜひ公式LINE、電話、メールにてお問い合わせくださいね。

【関連記事】

恋愛経験なしの男性必見!結婚相談所における同時進行の法則

https://www.ibjapan.com/area/aichi/22128/blog/78703/

IBJでの婚活は3回目か4回目のデートで告白が基本!

https://www.ibjapan.com/area/aichi/22128/blog/73682/

マッチングアプリでありがちな失敗5選!失敗を回避する方法

https://www.ibjapan.com/area/aichi/22128/blog/77523/

婚活中のデートは遠出がおすすめ!距離をグンと縮める方法

https://www.ibjapan.com/area/aichi/22128/blog/76872/

名古屋の婚活は結婚相談所がおすすめ!【選び方をご紹介】

https://www.ibjapan.com/area/aichi/22128/blog/76231/

アンジェ・パティオ公式LINE

下記公式LINEアカウントより「友だちを追加」いただきお問い合わせください。

https://lin.ee/81PxwS0

アンジェ・パティオお問い合わせページ 

https://ange-patio.net/contact/

■お電話でのお問い合わせ

サロン:0565-27-3990 

仲人いとう(24時間可):090-4465-0760

  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み
  • 男性向け

この記事を書いた結婚相談所

アンジェ・パティオ

アンジェ・パティオ

愛知県豊田市大林町1-4-1 ガーデンハイツ105

名鉄三河線 土橋駅から徒歩6分以上

https://ange-patio.net/