婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】結婚相談室 恵(めぐみ)

お相手との気持ちの温度差を感じる時は?

結婚相談室 恵(めぐみ)「お相手との気持ちの温度差を感じる時は?」-1

お互いの気持ちを高めていけるお二人がご成婚に、、、

こんにちは。


『結婚後も幸せ』な婚活をサポート 結婚相談室 恵 仲人カウンセラーの鈴木恵子です。


『結婚相手は『好きな人』or『大事にしてくれる人』どっち?』のブログhttps://www.ibjapan.com/area/saitama/77014/blog/21555/の中で、男女の気持ちの温度差があることを書かせていただきましたね。


今回は、『お相手との気持ちの温度差を感じる時は?』というテーマで綴っていきます。


婚活でも出会った後は『一般的』に、、、


男性・・・一目ぼれしやすい、いっきに気持ちが高まるが冷めるのも早い

女性・・・産む性なので男性に対して基本的に『安心安全』を求める。信頼して心を許し、『好き』になるまで時間が掛かる


と言われていますが、皆さんどう思いますか?


一生を共にする相手ですし、今後の人生を左右するパートナーですから、男女年齢に関わらず、結婚相手となると『慎重』になるのは当然だと思います。


会員様を見ていても、『男女』というよりは『性格』によるところが大きいかなとは思いますが、それでも『婚活』となると、女性はすぐに『好き好き』と一気に盛り上がることは少ない傾向にあると感じます。


(だからこそ、お見合いでもし「いいな」と思える男性に巡り合えたらご縁を逃さず、帰り際に「また是非お会いしたいです」とアピールしましょうね!!(笑))


男性は基本的に『外見』がタイプか、まあまあタイプであればすぐに気持ちが上がってきますよ。男性は見えるものへの優先度が高いからと言われています。ですから『異性として好きか』だと気持ちがすぐには上がらない女性とは温度差は生じやすいと思います。


このまま温度差が続くと交際は上手くいきませんね。


男性は、女性が自分に気持ちはないようだ感じれば、徐々に気持ちも冷めてきますよね、、、。


女性は、なかなか『好き』だと気持ちが高まらない。あるいはやっと気持ちが高まった時には男性の気持ちが冷めてしまった、、、、。


さあ、では女性はいつになったら気持ちが上がるのか?あるいは、上がらない場合の今後の交際の判断は??


結婚相談所での活動では、お見合いして仮交際が始まると、まずは3回会ってみましょうとお話しています。


できるだけ1週間から10日以内のペースで3回です。


時間は短くても接触回数を増やすことで好意を感じやすく、できるだけ短いスパンでテンポよく会うことで、お互いを知り親近感もわいてきて、お相手に対する自分の気持ちもわかってきますね。


1週間おきくらいのペースでなら3回会ってみて約1ヶ月。それでもお相手を『異性』として感じない。今後も会いたいと思わなければ、交際終了がいいですねとお話しています。


大抵の方が3回会えばお相手に気持ちが少しずつ高まってきますし、全く高まってこない場合は今後も高まらない可能性が高いようです。


ただし、とても慎重な性格であったり、恋愛経験がほとんどない、この1年以内に恋したことやお付き合いがない方は『好き』になるまでにとても時間が掛かる方もいらっしゃいます。


まずは異性として『好き』よりも、『人として』好きだったり『尊敬できる』でも構いませんよ。慎重な方は『悪くない』『嫌じゃない』位でも大丈夫です。


では、どうしたらお相手を『好きだな』とか『いいな』と思えるのでしょうか?


何よりも会っていく中ででお相手を深く知り、いいところを沢山見つけていくことですね。


初対面から『好き』になるだけの要素を見つけていくには、『なんとなく』では探せませんね。『積極的に』探していくことがポイントになります。


仕事や趣味の話以外にも、学生や子供頃の話、家族や友人の話、人生観や結婚観、など色々なジャンルの話をしてみたり、食事だけでなくお出掛けもして、違ったシチュエーションでのお相手を見てみましょうね。


(つい、マイナスポイントばかりに目が行ってしまう方は、まずは周囲の人のプラスポイントにフォーカスする習慣を普段から持つといいと思います。)


3回会ってみて異性として『好き』なら今後も交際を進めてみましょう。慎重な方なら『好き』までいかなくても、生理的に嫌ではない、人として好感を持てる信頼できそう位であっても、今度は積極的に『男女の距離』を縮めるための行動をとっていけば気持ちが少しずつ高まってくると思います。


まずは、3回目以降もテンポよくお会いしていくこと。


そして下の名前で呼んでみる、敬語はやめるなど。


ぐっと気持ちの距離が縮まってくるはずです。


そして、好意を『積極的に』お相手に伝えていくこと。「また会いたいです」「会えて嬉しい」「こういうところが優しくていいなと思います』など。自分の気持ちにウソのない範囲で構いませんからね。


すると、お相手も「まったくその気がないわけではない。前向きに考えてくれている。」と安心しますし、好意を伝えればお相手も自分の気持ちも高まってきますよ。


(職場や同級生、趣味のサークルなどでの出会いと違い、婚活での出会いは『ゼロ』からのスタート。関係を深めていく為の前向きな行動は必要になってきますね)


それでも、お相手に気持ちが高まらない方は、無理をする必要はありません。


もう時間をかけても、異性とは感じない、好意を持てない、次にお会いするのが気が重いようなら、いくら頑張っても気持ちは高まりませんから、交際は終了した方が良いでしょう。


そして男性側もあなたが女性にとても好意を感じていても、女性側がいつも乗り気でなく、キープ位の気持ちしかないように感じたらお断りしてもいいでしょう。


お互いに素敵なご縁が他に待っているはずですからね。


そうそう、当方の男性会員様を見ていても、男性だからといって最初から一気に気持ちが盛り上がるタイプの方ばかりではない。むしろなかなか気持ちが盛り上がらない男性も多いなと感じます。結婚相手を探しているから慎重なのでしょうか?女性に対してちょっと不器用なタイプだからかも?


女性の方が結構積極的で、仲人カウンセラーとしては、女性との気持ちの温度差を埋めるために頭を悩ますことも、、、。(笑)


でも、結局はそんな気持ちの温度差を短期間(2か月以内)に埋められるお二人だと、スムーズにご成婚まで進めると思います。


(お互いとってもマイペースのお二人では3ヶ月の方もいらっしゃいますが、、、!)


交際期間にしっかりとお二人の気持ちを高められたからこそ、結婚という一大イベントを乗り切るエネルギーが湧いてくるのでしょう!!


そんなお相手と一日も早く出会えますように、、、。


今日もここまでお読み頂きありがとうございます。


結婚相談室 恵HP⇒https://www.megumi4122.com/index.html

  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み
  • 恋愛テクニック

この記事を書いた結婚相談所

結婚相談室 恵(めぐみ)

結婚相談室 恵(めぐみ)

埼玉県越谷市赤山本町3丁目

東京スカイツリー線越谷駅

https://www.megumi4122.com