メニュー

Life together 今だけじゃなく、50年後も「幸せ!」と言える結婚を

バリキャリ女子の婚活戦略【NG行動も解説】

Life together「バリキャリ女子の婚活戦略【NG行動も解説】」-1

目次

  • バリキャリ女子でも婚活は成功する
  • バリキャリ女子が婚活でやるべき行動
  • バリキャリ女子が婚活でやってはいけない行動
  • バリキャリ女子こそ結婚相談所を利用すべき

バリキャリ女子でも婚活は成功する

「いままで仕事ばかりで恋愛・婚活なんてしてこなかった・・・」

10
代、20代のころは学業と仕事に専念してきた女性にとって、30歳は節目の年。そろそろ周りも結婚し始めたり、親から「彼氏はいないの?」なんて言われたりして、精神的に焦ることもあるでしょう。

さらに
東洋経済ONLINE(https://toyokeizai.net/articles/-/175446)によると、男性は基本的に「年収が上がるほど既婚率が上がる」のに対して、女性は「年収が上がると既婚率が下がる」という傾向が見られることが分かったのです。

しかし、だからといって結婚できないわけではありません。

バリキャリ女子には他の女性にないたくさんの魅力があり、その魅力を活用して婚活をすすえめていくことで、結婚までの道のりは見えてきます。

とはいえ、バリキャリ女子が婚活で絶対にやってはいけない
NG行動もあり、それらをやってしまうことによって、頑張ってきた婚活のすべてが水の泡になることも。

そこで本記事においては、バリキャリ女子が婚活でやるべき行動と、絶対にやってはいけない行動を
3つずつ紹介します。

合計
6つのポイントをしっかりと意識して婚活をしてくことによって、理想の男性との結婚が手に入るかもしれませんよ。

バリキャリ女子が婚活でやるべき行動

バリキャリ女子が婚活で理想の相手を見つけるためには、やるべき行動が3つあります。

1.
自分の魅力を再確認すること
2.相手の条件を見直すこと
3.結婚相談所を利用すること

どれもバリキャリ女子が婚活をするうえでは欠かせないものです。特に「できるだけ早く結婚をしたい」という人にとっては、以上の
3つはあなたと結婚をより身近にする大きな武器となるでしょう。

なぜ、これら
3つが大事かというと「結婚できていないことにはそれなりの理由があるから」です。

耳の痛い話かもしれませんが、いくらバリキャリで恋愛をしてこなかったからとはいえ、結婚をできていないことには理由があります。

そして、その理由をほとんどすべて解消できるのが上記の
3つの行動なのです。

ここでは上記の
3つの行動について、1
つずつ詳細を解説していきます。

実際にどんなことをすべきなのかがわかれば、あとは行動するだけ。ステップに沿って行動して、自分と結婚をより身近なものにしましょう。

1.自分の魅力を再確認すること

バリキャリ女子が婚活する際にまずやるべきことは「自分の魅力の再確認」です。

なぜなら、バリキャリ女子は学業や仕事で忙しく、いままでなかなか恋愛ができていなかったという人が多いから。長く恋愛から離れていることによって「自分が誰かと付き合う」というビジョンが見えなくなっているのです。

自分の魅力に気づくためには、具体的に
3つの方法があります。

1
.友人に聞いてみて、客観的な意見をもらう
2
.短所だと思う部分を長所に変換してみる
3.就活していた時期を思い出してみる

友人に意見を聞くことは、自分の長所を見つけるうえで最も王道なものです。自分から見た自分と、周りから見た自分は違います。親しい友人から本音で長所を教えてもらうようにしましょう。

自分が短所だと思っている部分を、周りの人は長所だと思ってくれていることがあります。たとえば、自分では「協調性がない」と思っていたが、周りは「自分の意見を持っていて素敵」と思ってくれているなど。自分が短所だと思っているところを、長所に変換して考えてみましょう。

バリキャリ女子なら、就職活動も頑張ったはずです。そのときの自己分析・自己
PR
を思い出してみましょう。そこには、あなたの魅力がたくさん詰まっていますよ。

2.相手の条件を見直すこと


バリキャリ女子が次に取り組むべきなのが「相手の条件を見直すこと」です。


CanCam.jpの調査(
https://cancam.jp/archives/434084
)によると、「自分より年収が低い男性・高い女性との結婚はどう感じますか?」という質問に対して、57%の女性が「考えられない」と回答しています。

つまり、女性の半数以上が「自分より収入が高い男性と結婚したい」と感じているのです。

しかし、バリキャリ女子にとって「自分より収入が高い男性」を見つけるのは難しいのではないでしょうか?

・子どもが生まれたら働けないから

・男性には自分より稼いでいてほしい

いろいろな意見があるとは思いますが、少し条件を見直してみてもいいかもしれません。

とはいえ、結婚は人生の大きなターニングポイントになり得るものなので、「どんな男性でも受け入れる」という姿勢はおすすめしません。

たとえば、「収入面」よりも「価値観の一致」に重きを置いてみたり、実際に収入が高いかよりも「仕事が好きかどうか」を重要視してみたり。条件のゆるめ方はたくさんあるでしょう。

それでも気乗りしないというなら、一度だけでいいので条件をゆるめた状態で婚活パーティーなどにいってみると、意外と自分よりも収入が低くても魅力的な男性がいることに気付けるかもしれませんよ。

3.結婚相談所を利用すること

自分の魅力を再確認して、相手の条件を見直したら、結婚相談所を利用してみましょう。

結婚相談所とは、会員になることによって、同じく会員となっている男性とお見合いができるというもの。お見合いが成功すれば、そこから交際スタート。最終的には結婚です。

結婚相談所のポイントは
3点。

1
結婚目的の男性しかいない

2銭面に余裕がある男性が多い

3担当のアドバイザーがつく

結婚相談所ですので、単なる出会い目的だったり、体目的の男性はいません。さらに、費用がかかるので「お金を払ってでも素敵な女性と結婚したい」という金銭面に余裕がある男性が多いのです。

そして、最大の特徴は「担当のアドバイザーがつく」ということ。恋愛からしばらく遠ざかっていたバリキャリ女子も安心ですよね。

では、一体どんな結婚相談所に行けばいいのか?

結婚相談所を選ぶときには以下の
3つをすべて問題なくクリアしている結婚相談所にしましょう。

1
.費用対効果が高い

2.理想の男性がいる

3.アドバイザーと相性がいい

逆に
1つでも引っかかる点があるのなら、違う結婚相談所を探すべきです。


結婚相談所とは、人生の大きな決断をサポートしてくれる場所ですので、選ぶ際には絶対に妥協しないようにしましょう。

バリキャリ女子が婚活でやってはいけない行動

いくら婚活で頑張っていたとしても、婚活でやってはいけない行動をしてしまったら、いままで頑張ってきた婚活がすべて台無しになってしまう可能性があります。

自分のたった
1つの行動によって、頑張ってたくさんの男性と出会いっているのに交際にすらつながらなかったり、交際していた男性から愛想を尽かされたりしたら嫌ですよね。

ここではバリキャリ女子が婚活でやってはいけない行動として、以下の
3つをご紹介。

1
.男性に多くのことを求める
2.無計画で婚活する
3.焦って婚活する

以上の
3つのうち、どれか1つでも心当たりがあるのなら、いますぐにやめたほうがいいでしょう。その行動があなたの婚活を邪魔している可能性が非常に高いです。

しかし、それほど「早く結婚したい」「本気で結婚したい」と思っていなかったり、「どれにも当てはまってない」という女性は読み飛ばして
OK

素敵な男性と、理想的な結婚生活を送るため、
NG行動は理解しておきましょう。

1.男性に多くのことを求める

「高収入で、顔がカッコ良くて、身長が
180cm以上で・・・」

男性の多くのことを求めてしまうと、いつまで経っても理想の男性と出会うことはできないでしょう。

よく考えてみると、あなたが求めているのは「素敵な結婚生活」なはず。決して「ハイスペックな男性と結婚した」というステータスがほしいわけではないはずです。

あなたの価値は「男性に選ばれること」によって決まるわけではありません。

しか
し、「男性に選ばれること」に価値基準を置いてしまっている女性は実際にいて、その女性たちがたどる未来は辛くて苦しいものになっています。Yahooニュース(https://news.yahoo.co.jp/articles/47f7656b6cfa9de80064222af4ab1c6d828012d8)においても、取り上げられたことがありました。

あなたの価値とは、男性に選ばれることによって決まるのではなく、「あなた自身が幸せかどうか」で決まるのです。


そう考えると、あまり多くのことを男性に求める必要はなく、「幸せにしてくれるか」という条件しか残らなくなるはずですよ。

2.無計画で婚活する

学生のころ、「宿題、めんどくさいからあとでいいか」という気持ちになったことはありませんか?

実は、婚活を無計画のままスタートさせてしまうと、宿題をあとまわしにしてしまっているときと同じ現象が起きてしまうのです。

つまり、ずっと「あとでいいや」という精神でいて、さすがに結婚しないとマズい状況になってから焦って婚活をすることになるということ。

この現象の原因は、人間の「ホメオスタシス」という心理効果によって引き起こされると言われています。

ホメオスタシスとは、脳による「変化を止めようとする働き」のことを指しており、これによって「いまは変化したくないから、あとにしよう」という状態がずっと続いてしまうのです。

そのホメオスタシスを破るための方法が、「計画立て」です。

・いつまでに結婚するか?
・いつまでに交際するか?


など、しっかりと期日を決めていきましょう。

すると、ホメオスタシスを自分でコントロールできるようになり、しっかりと行動できるようになりますよ。

3.焦って婚活する

バリキャリ女子として、一生懸命仕事を頑張っていて、気づけば
30代。

30
代ともなると「結婚しなきゃいけない」という焦りを感じ始める女性も多いはずです。

しかし、婚活に焦りは禁物。

焦って婚活をすることで、ありえない行動や冷静に考えてみると笑ってしまうような行動をしてしまうものなのです。

with online(
https://withonline.jp/people/JRJ6K)でインタビューを受け、エッセイストで小説家の山内マリコさんは、30代で婚活に焦っているときに以下のような行動をしてしまったことを明らかにしています。

・「誰かいい人紹介してよ」とまわりに言いまくる
・父親に「誰かいい人紹介してよ!」とブチ切れる
・占い好きの友達に言われて、東南の方向に佇んでみる

実際の情景を想像するだけでも、その行動が冷静に判断したうえで行われたことではないのがわかるでしょう。

でも、実際に焦って行動するとやってしまうものなのです。

ここでは例として、
with online(https://withonline.jp/people/JRJ6K)が行ったインタビューを取り上げましたが、ネット上にはたくさんの「焦って失敗エピソード」があります。

焦る気持ちもわかりますが、「急がば回れ」の精神で婚活を頑張っていきましょう。

バリキャリ女子こそ結婚相談所を利用すべき

本記事では、バリキャリ女子の婚活行動について紹介しました。

バリキャリ女子がやるべき
3つの行動は以下のとおり。

1
.自分の魅力を再確認すること
2.相手の条件を見直すこと
3.結婚相談所を利用すること

そして、絶対にやってはいけない行動は以下のとおりです。

1
.男性に多くのことを求める
2.無計画で婚活する

3.焦って婚活する

とはいえ、すべて意識してゴールの見えない婚活を頑張り続けるのは至難の業です。
11日が過ぎていくほど、自分は歳をとっていくし、「結婚しないといけない」とどうしても焦ってしまうでしょう。

そこでおすすめなのが、記事内でも登場した結婚相談所の利用。

結婚相談所なら、担当のアドバイザーがつくので困ったことがあればいつでも相談ができます。自分の魅力を見つけるところから、実際に結婚をするところまで徹底的にサポートしてくれます。

となると、最初にやるべきなのは「結婚相談所選び」なのです。

もし、「この結婚相談所がいい!」という希望がないのなら、ぜひ「
Lifetogether」(https://life-together.jp/)をご利用ください。

Life together
は、キャリアと結婚を両立させたいという30代女性のための結婚相談所。そんなあなたへぴったりの担当者たちを集めています。

新型コロナウイルス感染症の影響でなかなか出会いが見つからないという人も、
結婚相談所Life together(https://life-together.jp/)ならオンラインでお見合いができるから、たくさんの男性と出会えること間違いありません。

まずは無料カウンセリングだけでもいいので、受けてみませんか?

あなたの婚活が、円滑に進むようにお手伝いいたします。


【婚活の流れが変わる!14日間で非モテ女子脱却㊙コース】無料配布中!→https://page.line.me/427cezvn?openQrModal=true

人気記事
【平均初婚年齢の嘘】平均初婚年齢は虚像だよ前編https://www.ibjapan.com/area/nagano/75366/blog/49108/
【ビビビ婚の正体】ビビビ婚を夢見る人々へhttps://www.ibjapan.com/area/nagano/75366/blog/45074/

HP
https://life-together.jp/


Twitter「働く女性に婚活の処方箋」
https://twitter.com/Life_together_y

Instagram

https://www.instagram.com/marriage_agency_lifetogether/

この記事をシェアする