婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】京滋ブライダル

カウンセラーからのアドバイス

京滋ブライダル「カウンセラーからのアドバイス」-1

プロフィール修正

京滋ブライダル「カウンセラーからのアドバイス」-2

京都、滋賀の結婚相談所 京滋ブライダル(keiji bridal)です。

「40歳からの男性婚活。」をキャッチフレーズに婚活支援をさせていただき、現在では女性を含め30歳代から60歳代まで多くの方が会員さんになっていただいています。


さて、京滋ブライダルが加盟するIBJ(日本結婚相談所連盟)のお見合いシステムは、先ずプロフィールの作成、そしてそのプロフィールを通じてのお相手検索から交際、成婚への繋がっていきます。


今回お話しするのは男性会員で、入会時は喫煙でした。当方からは入会時に口を酸っぱくして「タバコを吸っていると交際は難しいよ。」と何度も忠告したのですが、「職場では周りの人がみんな吸っている」、「今まで10年以上習慣になっている」、また、「いい人が見つかれば本数を減らします」や「タバコを吸う女性でも構わないので」などと禁煙にはならず、プロフィールにも「タバコ吸う」と書かざるを得ませんでした。


容姿、年収、学歴等人並みで、決して見劣りする男性ではないのですが、入会後約1年が経過して、お見合い成立に至ったのは1件のみでした。

厳しい現実がやっと身にしみたのでしょうか、入会後1年が過ぎて彼から「タバコを止めます」と連絡が入りました。

タバコについては、証明書などありませんので、彼との面談で改めて確認すると、「プライベートでは吸いません。ただ職場では日に2・3本だけ・・」と、未だそんなことを言っていました。

プロフィールを修正して「タバコ吸いません」とするには、正直に禁煙してもらわねば、相談所としても責任が持てませんと、強い口調で彼に注意をして、やっと、「禁煙」を決意してくれました。


タバコを吸わない人なら分かると思いますが、喫煙者の車に乗ればタバコの臭いがする、ホテルでもタバコのに臭いは残っていますし、ましてや体臭、口臭などそうすぐに消えるものではありません。だからこそ、プロフィールを直して禁煙を誓っても、お見合い時には正直に「最近までタバコを吸っていました。」と言いなさいよと誠意を示すことが大切と細かく指導して、改めて婚活の再会です。


ただいま交際中

京滋ブライダル「カウンセラーからのアドバイス」-3

一年間を無駄にしたような婚活でしたが、プロフィールを修正しての活動再開です。


実は、彼は以前に一度お申し込みしてお断りされている気になる女性がいたのです。今回、改めて弊社からのコメント「以前、タバコを吸っていましたが、今回、強い決意で禁煙を始めて、改めてお申し込みです。どうぞよろしくお願いします。」と相手方相談所に、彼のお見合い申込を取り次いだところ、お見合いが成立して、現在、交際にまで繋がっています。


その他に、お見合い成立が続き、コロナ禍ではありますが他にも交際中となっています。


お見合いでのお相手検索は、条件が何より大事です。数字で出てくる年収や身長、情報としての学歴やタバコを吸う・吸わないなど、検索する相手にとっては最重要項目です。それから、写真を見ての容姿となります。


いつも言っているのですが、「タバコを吸う」の項目だけで、女性はその男性をパスしてしまい、その時点でその男性は彼女の選択というテーブルから落とされ、消えてしまっているのです。

検索でふるい落とされないように、先ずは検索に残る情報満載のプロフィールを考えましょう、また、そのための自分作りに努力しましょう。


同じくプロフィールについて、次もご覧下さい。

https://keijibridal.com/blog/?p=1255&preview=true


  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み
  • カウンセラーの日常

この記事を書いた結婚相談所

京滋ブライダル

京滋ブライダル

滋賀県東近江市八日市東浜町3-11

近江鉄道八日市駅

https://keijibridal.com/