婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】京滋ブライダル

お見合い成功、不成功

京滋ブライダル「お見合い成功、不成功」-1

先ずは交際へ

京滋ブライダル「お見合い成功、不成功」-2

京都、滋賀の結婚相談所 京滋ブライダル(keiji bridal)です。

「40歳からの男性婚活。」をキャッチフレーズに、今では女性を含め30歳代から60歳代まで幅広く婚活支援をさせていただいています。


コロナ禍でオンラインお見合いも認知度を高めていますが、やはり直接お出会いしたいとの希望も高いです。


今回、京滋ブライダル男性会員とお相手の女性もコロナ禍ではありましたが、ホテルロビーでのお見合いとなりました。

IBJのルールで、お見合い後遅くとも翌日夕方までには相手方相談所に気持ちを伝えることになっています。

ですが、やはり返事を受ける立場で考えると、お見合い後即の「交際希望」と、翌日昼過ぎに受ける「交際希望」では、全然、その「希望」の意味が違ってくると思います。

返事が遅いと言うことは、他の方と比較しているのではないだろうか、午前のお見合いに続いて午後もお見合いをして返事が遅いのではないだろうか、相談所に言われて無理矢理交際希望をしてきたのではないだろうかと、色々な憶測を生み、返事を受けるお相手としてはあまり良い印象では無いのです。


京滋ブライダルでは、お見合い後、よほど生理的に無理、話しが全然弾まなかったなど積極的に断る理由が無ければ、先ずは交際に繋げるように薦めています。

お見合いとは、緊張した場面で初対面の二人が限られた時間でお話しをするのです。本来の自分、素の姿が出せないまま、また、相手も同じように緊張した中での時間が経過しているのです。先ずは、「交際希望」をなるべく早くお返事して、もう一度ゆっくりと別の席でくつろいだ雰囲気の中でお話しする機会を作ることを薦めています。

興味を持ってもらって

京滋ブライダル「お見合い成功、不成功」-3

今回の彼のお見合い結果の返事をもらったのは、やっぱり遅い時間になってしまっていましたが、「交際希望」でした。

その理由が、「相手が自分に興味関心を持ってくれたようで、質問責めでした。」ということで、連絡を受けた弊社としては、話しが弾んだのだなぁ、交際に繋がる!と喜んで遅まきながら相手方相談所に「交際希望」の連絡を入れました。(この時点では、未だ相手方相談所から彼女の返事が届いておらず、少し不安はありましたが・・)

それから暫くして、相手方相談所から来たお返事は・・・

この先は、こちらをご覧ください。

http://keijibridal.com/blog/archives/1243

  • 成婚エピソード
  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み

この記事を書いた結婚相談所

京滋ブライダル

京滋ブライダル

滋賀県東近江市八日市東浜町3-11

近江鉄道八日市駅

https://keijibridal.com/