婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】京滋ブライダル

婚活2年

京滋ブライダル「婚活2年」-1

難しいお見合い成立

京滋ブライダル「婚活2年」-2

京都、滋賀の結婚相談所 京滋ブライダルです。

「40歳からの男性婚活始めませんか。」と皆さんにお声掛けさせてもらっています。実際は京滋ブライダルで現在、女性はもとより30歳代、50歳代以上の方も婚活をされています。

今回ご紹介するのは60歳代の男性会員です。
田舎暮らしをする男性は、50歳代後半でした。ご両親、子どもさんお一人との生活で、奥様とは子どもさんが小さい時に嫁姑問題で離婚されたようです。それから、男手一つで年老いたご両親と今は独立された方も含めてお二人の子どもさんを育てられました。

男性としては、定年を前にこれから一人の生活に対する不安や淋しさ、そして人生もう一度という想いから知人の紹介もあって、婚活を始められました。入会されたのは一昨年の夏、最初のうちはいくらお見合いを申し込んでも成立せず、勿論、女性からの申し込みもほとんどない状況が続きました。

年老いた両親、社会人とは言え子ども一人と同居、田舎暮らしで地域になじめるか、農業の手伝いもしなければならない、そんな条件のもとどのような女性が飛び込んできてくれるか。彼も途中では「マイナス要因ばかりやからなぁ」と弱気を見せ、一時は退会を考えたこともあったようです。

諦めず

京滋ブライダル「婚活2年」-3

 女性が知らない町に嫁ぎ、新しい生活を始めようとするとき何が不安か、どこが心配かを考えました。

そして、プロフィールを変え、噓つくでなく誠実に彼の気持ちを「自己PR」や「カウンセラーPR」に入力しました。写真も変えなければと考えながら活動をしていく中で、ある女性とのお見合いが成立しました。


それから半年、もちろん紆余曲折はあったようですが、彼女を彼のご両親に合わせ、息子さんとの挨拶も終え、彼女の家族との会食も無事に終えてのゴールとなりました。


何が良かったのか振り返ってみれば、結局、諦めなかったことが一番なのでしょうね。2年間の婚活です、入会時には現役で会社勤めであったのが、今では定年退職で再就職です、時間も経ちました。辛いこと、自分を卑下すること、自信を無くし心が折れそうになることもあり、傍から見ていても辛い時がありました。

それでも、真面目に婚活を続け、出会った方とは誠実にお付き合いをされた結果だと思います。


今まで、ご両親のお世話や子どもさんの育児に男手一つで頑張られました。どうぞこれからは、ご自身の幸せを新たなパートナーと二人でつかんでいってください。

本当におめでとうございます。

  • 成婚エピソード
  • お見合い
  • 男性向け

この記事を書いた結婚相談所

京滋ブライダル

京滋ブライダル

滋賀県東近江市八日市東浜町3-11

近江鉄道八日市駅

https://keijibridal.com/