婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】マリアージュ千里

平成天皇と美智子様

マリアージュ千里「平成天皇と美智子様」-1
皆さんこんにちは
そろそろ桜も満開を過ぎて、散り始めてる昨今ですが、天候はまだまだ不安定ですね。「令和」の新年号が発表されから、
天皇皇后両陛下の話題を、よく目にするようになり、私たちの知らないお二人の姿を知る機会が増えたように思います。
とくに関心を惹いたのは、お二人のお互いを思いやる夫婦愛ですね~(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 結婚50周年の時のインタビューに天皇陛下は美智子様に「努力賞」美智子様は陛下に「感謝状」とおっしゃってましたが、一般のご家庭で育たれた美智子様にとっては、皇室という環境は本当にご苦労が多かったと思われます。一般の家庭の結婚でも結構揉めたりすることが多いですものね~。何か問題が起きるたびに、きっとお二人で乗り越えてこられたのでしょうね。私が今でも印象に残ってるのは、美智子様が子宮筋腫でになられて、無事退院されたときに、お迎えに出られていた陛下の肩にそっと顔を寄せられた姿が、「あぁ、この方たちは本当に支えあって信頼されてるご夫婦だな」と思ったものです。
陛下のプロポーズの言葉に至っては、例えば「ヤナギ行李一つで」と言われてましたが、最近陛下のご友人という方が公表。「公的なことが最優先で私的なことは後。場合によってはお助けできないかも知れない。手が届かないかもしれない。そういう立場の人間です。それでも結婚していただきたいのでイエスと言って欲しい。」というようなことをこの間テレビで報道されてましたが、ご本人たちのインタビューの中では、お二人とも「はっきりとは覚えてない」とか、「色々やり取りしたのでどれがプロポーズというのか定かではない。」とかだそうです。実際はどうだったのでしょうね?一つはっきりしてるのは、美智子様が記者の方に「一つだけ解っておいていただきたいの。私がどんな方と一緒になっても、それはその方自身が、地位とか身分一切を別にして、本当に私の結婚の理想に当てはまる方だったからです。」とおっしゃったそうです。多分、陛下は一生懸命美智子様を口説いたんでしょうね~(笑)美智子様は知り合いの記者の方に「家族を作らなくては死んでも死にきれない」というようなことをおっしゃったとも言われてますね。
そして、陛下のお誕生日に際してのお言葉では、皇后美智子様に「深い信頼の下、人生の旅の同伴をこの伴侶と一緒に続けてきた」と声を震わせておっしゃったときには、こちらまで、グッとこみあげてくるような愛情の深さを感じましたね。
結局、このご夫妻を見てると、恒にお互いに信頼し合い、思いやり、助け合って、家族を作ってきたんだなと。皇室という普段から注目されるお立場であっても、家族という形は私たちと何ら変わりなく、普段は陛下は美智子様を「みー」と呼んでらっしゃるみたいで、意外に思ったけど、普通かなとも思った次第です。
夫婦や家族になるということは、根底に信頼や愛情がなければ上手くいかなくなります。どうぞ皆さんも、きっとあなたと一緒に旅をしてくれるお相手がいるはずです。旅の道中は色んな方と行きかったり、道ずれになったりしますが、ずっと同伴出来る人がいるはず。
平成の時代は終わりを告げようとしてますが、平成天皇と皇后は本当に国民のために寄り添うことで、ご自分たちの務めを果たされてきたなと思います。これからはご夫婦で仲良く健康でいつまでも仲睦まじく過ごされていただきたいものです。

この記事を書いた結婚相談所

マリアージュ千里

マリアージュ千里

大阪府吹田市佐竹台3-12-2

阪急千里線 南千里駅から徒歩6分以上

http://mariage-senri.com/