婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】青山結婚相談所Marriage a la mode

「奢る・奢られる論争」について思うこと

青山結婚相談所Marriage a la mode「「奢る・奢られる論争」について思うこと」-1

友人Hによる証言

先日、友人と電話をしていた時のこと。

「奢る・奢られる論争」に正解はあるのか

という話になりました。


彼女曰く、最近デートをしている人が

毎回毎回ご馳走してくれて、

決して割り勘にしてくれないのだと言う。


それが心苦しいので

毎回ちょっとしたものでお礼をしているが、

いちいち選ぶのが大変になってきたので


”もういっそ少しくらいお金を出して

自分の心理的負担を減らしたい!”

と思いはじめたのだとか。


この「奢る・奢られる論争」。


価値観がどんどん変わっていく今の時代に

正解はあるのでしょうか?


考えれば考えるほどケースバイケース、

としか言いようがない気がします。

あなたはどう思う?

試しに“奢る 奢られる”と検索すると

本当に様々な意見が出てきます。


・なぜ男性が奢るのが基本なの?男女平等では?

・女性だけど奢られるのが苦手です。

・いやいや、せっかくのデートで奢らないで他に何で気持ちを示すんだ。

・何もかも平等にするのは難しい。付き合ったら手料理を振る舞うのは女性が多いので、その辺りは持ちつ持たれつではないか。


どの気持ちもわかりますし、

間違えではないと思います。


“当人同士の関係性、

またスタンスによって正解は変わってくる”


なんだかモヤっとするけれど

やっぱりこれが現時点の模範解答なのかなぁ…

なんて考えていたのですが、


こと婚活においては正解が出ているのではないかと。


婚活市場ではこれがファイナルアンサー

ずばり、

“初回は男性が支払っておいて失敗することはない。”

です。

これは男女平等の観点がどうとか

そういう話を含んだ答えではなく、


①割り勘

②女性が奢る

③男性が奢る


単純に①〜③のどれが婚活市場において

成功率が高いかで考えたときの答えです。


そうするとやはり③が1番リスクが少ないんですよね。

なにより次の約束がしやすい、という利点も。


今の時代、女性側も奢られて当然!と

考えている人はそうそういません。


奢った場合、大体の女性が

何らかの形でお礼を申し出ると思います。


そうしたら

「じゃあ次会ったときコーヒーでも。」と

言っておけばまた会う口実もでき、

なおかつ女性側の申し訳なさも無くなります。


ときには

冒頭に挙げた友人のようなケースもあり得るので、

何回もデートを重ね、その度に女性側が

「お支払いします」と意思表示をしてきた場合、

男性側も素直にその申し出を受けてあげてくださいね。


結局はコミュニケーションなので、

「奢る・奢られる論争」もお互いが歩み寄ることで解決していけるのではないでしょうか。



ここからは余談です

例えば、

わざわざ遠方から友人が尋ねてきてくれた場合。


みなさん何かしらその友人に振る舞ったりして

”来てくれてありがとう”という気持ちを表明すると思います。


そしてそのときの材料費を請求したりしませんよね?


”今日は会えて嬉しかった”

”楽しい時間をありがとう”


こういう気持ちを相手に伝える方法は

言葉と態度しかありません。


人に贈り物をするときも

感謝の気持ちがそこにあるから。


それは食事だろうと何であろうと変わらないのでは、

と思います。


ここでは男性・女性を持ち出すより、

大切な人/これから関係を築きたい人と

良い時間を過ごせたことへの

「お礼」として捉えたらいいのではないかと感じました。


これって綺麗事でしょうか?

みなさんはどう思いますか、この話。


マリッジア・ラ・モードのインスタグラムはこちらから♪

https://www.instagram.com/marriage.a.la.mode/

  • 婚活のお悩み
  • 男性向け
  • 女性向け

この記事を書いた結婚相談所

青山結婚相談所Marriage a la mode

青山結婚相談所Marriage a la mode

東京都港区南青山2-2-15ウィン青山942

東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線青山1丁目から徒歩3分

https://www.marriage-a-la-mode.com