婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】湘南結婚相談室

今の時代、結婚しなくても生きていけちゃう

湘南結婚相談室「今の時代、結婚しなくても生きていけちゃう」-1

自分の両親くらいの世代の人って皆結婚してると思いませんか?

その理由は、あの時は結婚が生きて行くうえで必要な制度だったからなんです。

結婚して、それぞれの役割を果たすことで、安定した生活を送ることができていました。

「なぜ、皆結婚しているのに私はできないんだろう?」とお悩みの方がいれば、是非最後までブログを読んでいただきたい。

 

 

結論から言うと、現代では「結婚」は嗜好品になってきているのです。

嗜好品というとお酒やたばこなどが連想されますが、生命を維持するために必ずしも必要ではなく、人生のプラスの楽しみを与えるものといった意味合いの言葉です。

もう少し、掘り下げてみてみましょう。

 

「結婚」は生命を維持するために必要だと思いますか?

ちょっと悩みますが、嗜好品の反対語が必需品とし、米とか水とかそういったものになるのであれば、現代において「結婚」は生命を維持するためには必要ないと考えます。

では以前は必需品であったのでしょうか?

 

1970年オイルショックの影響から、会社は何よりも仕事優先で!と24時間戦えますか?のサラリーマンを求めるようになりました。

この時代は男性は家庭にいることなく、会社でガンガン働く事こそ素敵な男性でありました。

ではこのサラリーマンの家庭はどうあるべきでしょう?

独身男性なら、母親が。既婚男性なら、母親に代わって妻が家事をすべて行い、身の回りの世話をしないと素敵な亭主を送り出せないでしょう。

母親がずっと元気でいてくれるわけではありませんので、母親の代わりに世話を焼いてくれる妻が必需品であったように思います。

また当時は女性が活躍できる仕組みの社会ではなかったので、父親に代わって養ってくれる夫が必需品であったのではないでしょうか。

 

そう、以前は結婚は嗜好品ではなく必需品だったのです。

お互いがお互いを必要として、夫婦が成り立っていたのです。

 

では、現在は何が違うか?

大きな理由は女性の社会進出といえるでしょう。

結婚が必需品であった理由は養ってもらうことだったのであれば、もはや自分で生活する力を女性は持っています。

一方男性も、ブラック企業は一部あるものの、昔の企業戦士のような働き方ではなくなってきたので、趣味や、家事などができるようになってました。

こうなってくると男女共に、結婚の利点が減ってきていることがわかりますね。

 

結婚したいと望むあなたは、なぜ結婚したいのか向き合って考えていますか?


この記事を書いた結婚相談所

湘南結婚相談室

湘南結婚相談室

神奈川県茅ケ崎市南湖3丁目

JR東海道本線、JR相模線、JR湘南新宿ライン/茅ケ崎駅から徒歩6分以上

https://www.shonan-marriage.com/