婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】小岩・ハルトマン結婚相談所

男性仲人が見た「バチェロレッテ」最終話の感想

小岩・ハルトマン結婚相談所「男性仲人が見た「バチェロレッテ」最終話の感想」-1

本日は「バチェロレッテ」最終話の配信日

Amazonプライムの人気恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」シリーズの男女逆転版である「バチェロレッテ」。


4回目の配信日となる本日は、最終話が配信されましたので、男性仲人の視点からレビューしてみたいと思います。


これまでの記事

▼男性仲人が「バチェロレッテ」の配信予定から邪推したこと

https://www.ibjapan.com/area/osaka/56753/blog/40626/

▼男性仲人が見た「バチェロレッテ」1-4話の感想(前編)

https://www.ibjapan.com/area/osaka/56753/blog/41544/

▼男性仲人が見た「バチェロレッテ」1-4話の感想(後編)

https://www.ibjapan.com/area/osaka/56753/blog/41562/

▼男性仲人が見た「バチェロレッテ」5-6話の感想

https://www.ibjapan.com/area/osaka/56753/blog/41983/

▼男性仲人が見た「バチェロレッテ」第7話の感想

https://www.ibjapan.com/area/osaka/56753/blog/42412/


*男性陣のプロフィールは以下のサイトを参照

https://www.buzzfeed.com/jp/ainamaruyama/bachelorette-oshimen


*お断り

・以下、ネタバレ含みます。

・あくまで個人的な主観に基づく感想です。出演者の方を貶める意図は一切ありません。

「バチェロレッテ」第7話までのおさらい

“バチェロレッテ”福田萌子さんのパートナーの座をかけてしのぎを削る17人の男たち。

前回の配信では萌子さんが各男性の家庭を訪問。萌子さんへ捧げる愛の歌を熱唱した歌手の當間ローズさんが惜しくも脱落となりました。


ファイナルまで残った2名の男性は

・杉田 陽平さん(スギタ ヨウヘイ、35歳 画家)

・黄 皓さん(コウ コウ、33歳 実業家)

です。


配信前から本命候補との下馬評が高かった正統派ハイスペックイケメンの黄さん。いっぽう当初の評価は高くなかったものの、番組の中で表面的なスペックでは測れない魅力を見せてファイナルまで登り詰めた杉田さん。SNSを見ていてもどちらが勝つかは真っ二つに予想が割れています。最後に萌子さんが選ぶのはどちらなのでしょうか?

「バチェロレッテ」最終話のあらすじ

最後の舞台は再び萌子さんの生まれ故郷である沖縄。萌子さんのお母さんに二人を会わせる。


まずは黄さん。「中国人との結婚について不安はないか」という重い話題を切り出す。「不安が無いと言ったらそんなことは無いが、支える人がいればそれでいい」と答えるお母さん。


次は杉田さん。画家の杉田さんに対して萌子さんが「母も感性の人で・・」と話し始めるが、それが「風呂場の大理石が犬の顔に見える」というクッソどうでもいい話でリアクションしずらそうなスギちゃん・・


結局お母さんからは、二人について特に良かったとか悪かったとかのコメントは無し。あれ、これで終わり?「バチェラー」と違ってあまり重要な意味付けのあるイベントでは無さそうです。


そして萌子さんが二人それぞれに、デートのお誘いのお手紙を書く。内容は「朝、起きたままの姿で会いましょう」。


パジャマ姿で、ノーメイクで待つ萌子さん。

まず訪れたのは黄さん。黄さんに対して「私を束縛するんじゃないか、という不安がある」と言う萌子さん。おお・・気付いてないかと思ってたら萌子さんも感じ取ってたんですね、黄さんにそこはかとなく漂う束縛男の臭いを・・


その後二人でカウンターで食事。この終盤に来てもまだ本音が見えない黄さんに対して萌子さんは「リスクマネジメントするのやめない?」と鋭く切り込む。

それに対して「この人(萌子さん)のことめちゃ好きで・・だから踏み込むのが怖いんだなって」と答える黄さんに「わたし今やっと黄さんと話してる。ありがとう」と萌子さん。


この会話、表面的な部分だけ捉えると「これまで自分の気持ちにリミッターをかけてた黄さんが本当の気持ちを吐露した」ということになるのでしょうが、私は「この終盤に来てまで自分のリミッターを外せないことで黄さんは勝負を降りた、萌子さんはそれを了承した」と解釈しました(この二人の会話はお互い腹を探り合う生徒会長と副会長のようなところがあるので意図を汲むのが難しい・・)


続いて杉田さん。萌子さんとテーブルを挟んでの朝食デート。黄さんとはベッドに一緒に入って、だったのにこの格差よ・・(笑)


「この旅に参加する前に全力で愛した人がいたけど失った。スギちゃんが真っすぐに気持ちを伝えてくれるけど、また愛を失うのが怖い」と泣く萌子さん。それに対して泣かないで、と萌子さんの涙を拭う杉田さん。・・おいスギちゃん、萌子さんが求めてるのはそんなんじゃないんだよ!安心させてくれる言葉が欲しいんだよ!ここ勝負どころだぞ頑張れよ!と足をバタバタして悶絶してしまった私・・


そして、これまで描き続けてきた萌子さんの絵を完成させたい、という杉田さん。ベッドに横たわってモデルになりながらまた涙を流す萌子さん。杉田さん、ここでも萌子さんに言葉をかけられない。


1人になった後、顔を手で覆って途方に暮れる萌子さん。そりゃそうなるでしょう、この最後の最後でどちらからも欲しい言葉を貰えなかったんだから・・


そして最後のローズセレモニー。背中が大きく開いた、藤原紀香か貧ぼっちゃまかというドレス(・・と思ったら背中の部分がベージュになってただけですね、失礼しました)で二人を待つ萌子さん。


まず現れたのは黄さん。「すごく魅力的でした。最初から男性として惹かれていた。だから気持ちを一歩踏み込んで考えた。私の人生のパートナーは黄さんじゃない」と伝える萌子さん。どういう論理構成なのか良く分かりませんが、やはり黄さんの本気度が足りなかった、というのが実際の理由でしょう。ハグして別れた後「ちゃんと誰かと結婚したいな・・」と呟く黄さん。初めて黄さんの本音っぽい言葉を最後に聞けた気がします。


そして杉田さん。「萌子さんの翼になりたいし、包み込む風になりたい」と”千の風になって”の歌詞みたいな事を、相変わらず目を泳がせながら言う杉田さん。スギちゃんのこのクセ最後まで直りませんでしたね・・


「スギちゃんともうちょっと一緒にいたい。でも・・」


でも?


「恋人としてじゃない」と萌子さん。どちらも選ばないまま、ノーローズでフィニッシュです・・


最後「旅は終わりだけどここからが”始まり”だって。終わりじゃなくて始まり」と誇らしげに宣言する萌子さんと「じゃあ一生旅してろや」とでも言いたげなナイナイ岡村さんの無表情な顔のアップでバチェロレッテ「完」です・・あっ、岡村さんご結婚おめでとうございます!

優等生ゆえに幸せを見つけられなかったバチェロレッテ

これまで旅の中で理知的に振る舞ってきた萌子さんでしたが、この最終話では涙を流したり感情的になるシーンが目立ちました。やはり最後の選択を前にして色々とプレッシャーもあるでしょうし、行儀よく振る舞ってはいられないという事でしょう。


そんな萌子さんにとって、この最終局面になって「最後の一押し」をしてこない男性二人の態度は誤算なのではなかったかと思います。黄さんからはもっとストレートで情熱的なアプローチをして欲しかったでしょうし、杉田さんからも「この人を好きになってみようかな」と思わせるくらいの強引な押しが欲しかったでしょう。


なぜ男性二人がその「最後の一押し」をしなかったか、については、杉田さんは恋愛経験の浅さから勝負どころが分からなかったから、そして黄さんはそもそもそこまでの気持ちが萌子さんに対して無かったから、だと思いますが・・


萌子さんは黄さんに「リスクマネジメントするのやめない?」と言っていましたが、その言葉は萌子さん自身にも当てはまるのではないでしょうか。本気で結婚相手を探しに来ていて「最後の1人イコール結婚相手」と考えているのであれば、もっと早い段階、例えば台湾くらいでもっと男性陣と本音をぶつけ合って踏み込んだ話をするべきだったと思います。そうすれば、もちろん自分が傷つくリスクはありますがその後の展開も変わっていたのではないかと思います。


そういったリスクを自分で負うことなく優等生の萌子さんが教科書的に男性を選別していった結果、最後に残ったのが「自分を好きじゃない男」と「恋愛対象として見れない男」だった、というのは皮肉なものです。


余談ですが、今回チラッと映った萌子さんの手紙の字を見て、私は思わずギョッとしました。「遊び」の要素が一切感じられない、まるで戦時中の召集令状のような威圧感ビンビンの字面・・この女性と一緒に暮らす、というのは正直辛いだろうな、と思ってしまいました。特に恋愛バラエティ番組に出るようなお調子者の男にとっては(笑)

バチェロレッテのもう一人の主人公「スギちゃん」

今回のバチェロレッテを一番盛り上げてくれたMVPは、もう文句なしの満場一致で「スギちゃん」こと画家の杉田さんで決まりでしょう。やまとなでし子さんが杉田さんを「バチェロレッテの第二の主役」と表現されていましたが、まさにその通りの大活躍でした。


初めは萌子さんにも自分から話しかけられないほどシャイだった彼が、並み居る陽キャ男たちを次々と打ち倒しファイナルの舞台に立つ・・という少年ジャンプの王道的な展開に観ている誰もが胸を熱くしました。


しかし、大変に失礼かつ不謹慎な話ですが・・男性仲人の私としては、杉田さんが最後に選ばれなくて内心安堵している自分がいます。なぜかと言うと杉田さんは、これまで私たちが婚活男子に対して切々と説いてきた「あるべき姿」とは全く逆だからです。


「男はとにかく積極性が命!」

「話すときは相手の目を見て!」

「自分の仕事や趣味の話ばっかりするのはNG!」

「髪型や服装は清潔感第一!余計なオリジナリティを挟まない!」

「筋トレして体絞れ!」


これまでしたり顔で語ってきたこの手のアドバイスが「でもスギちゃん勝ちましたよね?」の一言で全否定されてしまうのではないかと、ここ数日はビクビクものでした・・

(ちなみに杉田さんと萌子さんに関しては「アフターファイナルローズ」でもう一波乱あるのですが、ここでは割愛します)


最後に・・色々好き勝手書き散らかしてきましたが「バチェロレッテ」最高に面白かったです!コロナ禍の中、ここまでのエンターテインメント作品を作り上げた製作者と出演者の皆さんに最大級の敬意を表します!

  • 婚活のコツ
  • 男性向け
  • 女性向け

この記事を書いた結婚相談所

小岩・ハルトマン結婚相談所

小岩・ハルトマン結婚相談所

大阪府茨木市宮元町2-32-301

阪急京都線 茨木市駅から徒歩5分

https://www.koiwahartmann.com/marriageagency