婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】小岩・ハルトマン結婚相談所

「バチェラー3」に見る、お見合い時のプレゼント選び

小岩・ハルトマン結婚相談所「「バチェラー3」に見る、お見合い時のプレゼント選び」-1

お見合い時に、お相手へのプレゼントは必要か?

お見合いの際に、お相手へのプレゼントを用意するべきか、悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。筆者は、「必須ではないですが、ちょっとしたものならお渡ししてもよい」と考えています。


プレゼントを渡すことは、お相手に「今日お会いするのを楽しみにして、ちゃんと準備してきました」という気持ちを伝える手段になりますし、その場での会話のネタにもなります。何より、人からプレゼントを貰えるというのは単純に嬉しいものです。


ただ、気を付けてもらいたいことが何点かあります。


・かさばらないもの

お相手はこの後どんなご予定があるか分かりません。もしかしたら別の方とのお見合いが控えているかもしれません。なので、持ち運びに難儀するようなかさばるものは避けましょう。例えばお菓子なら、箱でボンと渡すのではなく、小袋に分けてラッピングして渡した方が良いでしょう。


・ストーリー性のあるもの

プレゼントはあくまで気持ちを伝えるための手段なので、「気持ちの入ってないもの=ストーリー性のないもの」は避けましょう。”ストーリー性のないもの”とは、例えば「全然スイーツ詳しくないけど、流行りの店らしいから買ってきた」というものです。そうではなく「プロフィールに甘いものが好きと書いてあったので」とか、「海外旅行が好きで、この前ヨーロッパに行って来たので」とか、その背景を語れるプレゼントにしましょう。


・奇抜すぎないもの

いくら話のネタのためと言っても、初対面のお相手に奇抜なプレゼントは厳禁です。お相手の好みに合うか分かりませんし、もし合ったとしても「常識のない人」と見られる恐れがあります。服と同様、プレゼントも無難なものにしましょう。

「バチェラー3」に見る、初対面の相手へのプレゼント選び

「じゃあ具体的に何を選べばいいの?」と思われる方もいるでしょう。そこで令和時代の婚活バイブル、「バチェラー」の登場です。


*「バチェラー3」関連のこれまでの記事

男性仲人が見た「バチェラー3」出演者の婚活力ランキング

https://www.ibjapan.com/area/osaka/56753/blog/21598/

「バチェラー3」に見る、婚活で駆け引きすることの無意味さ

https://www.ibjapan.com/area/osaka/56753/blog/21696/

「バチェラー3」に見る、年下女性にアプローチする際の注意

https://www.ibjapan.com/area/osaka/56753/blog/21720/

男性仲人が見た「バチェラー3」エピソード7の感想

https://www.ibjapan.com/area/osaka/56753/blog/21854/

”婚活にジャケパン不要説”を「バチェラー3」で検証する

https://www.ibjapan.com/area/osaka/56753/blog/21903/



「バチェラー3」第1話の、”バチェラー”友永さんと顔合わせの挨拶でプレゼントを渡していた女性は、参加者20名中、


岩間 恵さん

岩城 ありささん

濱﨑 麻莉亜さん

水田 あゆみさん

城田 夏奈さん

国分 亜美さん


の6人でした。(一瞬しか映ってなかった方もいるので、実際は他にもいるかもしれません)


この6名のうち国分さん以外の5名は、初日のローズセレモニーでバラを受け取って選考を通過しました。全体では20人中5名、つまり4分の1が脱落したので、統計的には「プレゼントを渡す」というのは一応効果がある、と言えるでしょう。


それでは各々のプレゼントを見ていきましょう。さすが初回だけあって、(国分さん以外は)皆さんよく考えられたプレゼントを用意されていました。

各メンバーのプレゼント評価

岩間 恵さん:手作りジャム

実家がぶどう農家の岩間さんは、家でとれたぶどうでつくったジャムを小瓶に入れて用意していました。良いですね。自分のプロフィール説明にもなりますし、家庭的な面や家族仲の良さもアピールできます。


岩城 ありささん:犬のイラスト

岩城さんは、ご自分の飼い犬と、友永さんの愛犬を描いたイラストでした。友永さんは「自分が大切にしているものを一緒に描いてくれた」と感銘を受けていました。若干岩城さんのキャラと違うかな、とも思いますが、お相手のプロフィールをちゃんと見ているということと、犬という共通の話題があることもアピールできているのでこれもOKです。


濱﨑 麻莉亜さん:手作りクッキー

濱﨑さんは、友永さんの留学先のフランスにちなんだ、手作りのアイシングクッキー。良いですね。手作りのお菓子を貰って嬉しくない男性はいません。それが濱﨑さんのような可愛らしい子から貰えたら尚更でしょう。


水田 あゆみさん:ゴルフボール

水田さんは、友永さんの似顔絵が描かれたゴルフボールをプレゼント。筆者もこれには「さすが新地のホステス!」と思わずうなってしまいました笑。初対面のプレゼントとしてちょうど良いですし、ゴルフという共通の趣味もアピールできます。実際にこの後、水田さんはゴルフデートに誘われています。もう完璧なプロのお仕事ですね笑。


城田 夏奈さん:折り紙に書いた手紙

看護師の城田さんは、ハート形に折った折り紙に手紙を書いてプレゼント。勤務先の病院の患者さんからアドバイスされたそうです。広島弁ではにかみながら友永さんに渡す姿がとても可愛らしかったです。これも男性にとっては嬉しいプレゼントでしょう。後の映像で、この手紙を大事そうに見返す友永さんが印象的でした。


国分 亜美さん:フラワーアレンジメント

唯一ダメな例が、国分さんです。彼女が用意したのは、犬をあしらったフラワーアレンジメント。初対面でこんなものを渡されても困りますし、国分さんはそれによって女子力アピールをするわけでも、犬好きアピールをするわけでもありませんでした。つまり上記で挙げた「かさばる・奇抜・ストーリー性がない」という3つの地雷を見事に踏んでいます。けっきょく国分さんはスタジオトークでMC陣にさんざんいじられた挙句、初回で脱落するという”出オチ要員”のような扱いにされてしまいました。

プレゼントは必須ではありません

プレゼントを用意する際の参考になりましたでしょうか?


ここまで書いてきて「じゃあプレゼントを持って行かなきゃ!」と思われたかもしれませんが、冒頭に書いた通り、プレゼントは必須ではありません。


プレゼントというのは、あくまで気持ちを伝えるための手段の一つです。お見合いの席で「今日はお会いできるのを楽しみにしてました」といった気持ちをちゃんと言葉で伝えることができれば、手ぶらで行っても全く問題ありません。そこらへんは臨機応変に対応してくださいね。

  • 婚活のコツ
  • 男性向け
  • 女性向け

この記事を書いた結婚相談所

小岩・ハルトマン結婚相談所

小岩・ハルトマン結婚相談所

大阪府茨木市宮元町2-32-301

阪急京都線 茨木市駅から徒歩5分

https://www.koiwahartmann.com/marriageagency