婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】婚活エージェンシー I do

ニューヨーカーの恋愛事情

婚活エージェンシー I do「ニューヨーカーの恋愛事情」-1

イケメンの彼はゲイだった

婚活エージェンシー I do「ニューヨーカーの恋愛事情」-2

ニューヨークの恋愛といえば、1990年代から始まった「Sex and the City」 恋愛コラムニストのキャリーや、性に奔放なサマンサなど都会でオシャレに暮らす恋愛事情を描いたこのドラマは当時全米でも大ヒットし、当時「キャリーになりたい!」「ミスター・ビックに出会いたい!」と言ってニューヨークにやってきた若者も少なくないはず。

ニューヨークといえばとにかく華やかでキラキラな生活、素敵な男性と出会うチャンスに溢れているんだろうなぁ~とドラマのようなイメージを想像してしまいますよね~

しか~し、実際はニューヨークで成功している人ほど、またそうでもない人も「ビジネスを成功させる!」「お金を稼ぐ!」と忙しく出会いのチャンスが無いようです。

またニューヨークはゲイやレズビアンなどLGBTのカップルが多く住んでおり、ストレートな男女の出会いが少ないとの都市伝説もあるんだとか。一説には独身男性一人に対してトラック一台分の女性がいるとも言われているんだとか。まさに男性はハーレム状態?!

私の日本人の友人は独身でマンハッタンに住んでいましたが、当時めちゃくちゃイケメンを見つけた!と喜んでいたのもつかの間、、、実はゲイだったと知りがっかりしていたのを思い出します。笑

ではどうやってニューヨークの男女は出会っているのでしょうか?

アプリで出会うは常識

婚活エージェンシー I do「ニューヨーカーの恋愛事情」-3

ニューヨークではマッチングシステムで出会い結婚するカップルが30%以上いると言われているほど、アプリでの出会いが多いのです。


私のアメリカ人の友人曰く、逆にアプリじゃなくてどこで出会うの?と。出会い系サイトの利用は男女、国籍問わずごく日常なのです。ニューヨークでは日本のような合コンや飲み会自体ありません。グループで出会ってそこからお付き合いに発展することがないので、友人の紹介や学校や職場で出会いの機会が無ければBARに飲みに行きナンパするか出会い系アプリで探す他ないのです。


そんな中、ニューヨークの若い男女に人気なのが「Tinderティンダー」や「coffe meets bagleコーヒー ミート ベーグル」というカジュアルな出会い系アプリ。友達感覚で自分の好みの人を探せます。GPSを利用したサービスで、一定の距離内にいる利用者の写真をスクロールし、好みの相手がいたら「いいね!」することが可能。相手も「いいね!」をしてくれれば晴れてやり取りができるという仕組みです。仕事の後にちょっと一杯飲みに行くお相手を探すことも可能です。


また、ニューヨークという多国籍・他人種な土地柄、特定の国籍や人種に特化した出会い系アプリやサービスもあり、たとえばアジア人女性限定とアメリカ人男性などかなり「絞った」お相手探しができるのです。


出会いが欲しければとにかく出会い系サイトを利用せよ!がニューヨーカーの常識。日本でも都会に住んでいればニューヨークと大きく状況は変わらないですよね!「忙しくて出会いがない!」という悩みは万国共通だと思います。日本でもペアーズなど出会い系アプリを利用している人が年々増えていますが、日本は出会い系アプリで結婚できる確率は1%以下。結婚したいと思っている人にはお勧めしません。


そこで、婚活男女にお勧めなのは言うまでもなく安心安全な結婚相談所での出会いです! 携帯アプリを使って、いつでもどこにいても全国65000人の中からお相手を探すし真剣に結婚を考える男女に出会うことができます!


結婚に繋がる出会いが欲しい方、今すぐにでも結婚したい方!お問い合わせはお気軽に!

  • 婚活のお悩み
  • 恋愛テクニック
  • 自分磨き

この記事を書いた結婚相談所

婚活エージェンシー I do

婚活エージェンシー I do

東京都東京都港区南青山2-2-15 WIN青山5F

青山一丁目から徒歩2分

https://www.konkatsu-ido.com