婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】縁~port

いい男ってどんな男?

2019.12.18 縁~port
縁~port「いい男ってどんな男?」-1

夫婦円満の秘訣は?

こんにちは
縁~port 婚活ナビゲーター
野上今日子です。

結婚式の祝辞によくある、
夫婦円満の秘訣は、3つの袋

「お袋、胃袋、堪忍袋」っていうアレですが。

お袋と胃袋は近いところにあって、
味の好みは『おふくろの味』
だったりしますよね。

私はもう30年も前に母を亡くしたので
おふくろの味は遠い思い出になってしまいました。

この前、アラサーメンズ3人と「おふくろの味」について話してみたところ、思いがけず、
みんなそれぞれにエピソードを持っていました。


最近、お母さんを病気で亡くしたばかりのTくんに、
亡くなったお母さんの料理で、
あれはもう1回食べたいなあと思うものは
なにかときいたら、

「芋の天ぷら」だといいます。

「オレはガキの頃は、芋の天ぷらが大嫌いで、
高校生になると、「芋で飯が食えるか」と言って、「メシいいから、なんか外で食ってくるわ」って。
そんなこと言って。


今から思うと、なんてこといったんだろう。
オレはなんてクソだったんだと。。。

今、あのお袋の芋の天ぷら、食いたいな。
食いたいっすね。」

それを聞いていたSくんは、
高校の頃の自分のクソ歴史を思い出した。

「自分は、高校の頃、日帰りバス旅行みたいなのがあったとき、オカンが弁当を作ってくれたんですけど、昼休みになって、
「どこか店で食おうぜ」と言う友達の手前、
オカンの弁当があるっていうのが、なんだかカッコ悪い気がして、言い出せなくて、食べずに持って帰ってきてしまった。


うちに帰って、
「みんなと店入って食べたから」と言って、
中身の入ったままの弁当箱を渡した時に、
オカンが、「ごめんね、恥ずかしい思いさせちゃって。悪かったねぇ」って悲しい顔をした。

せっかく作ってくれたのに、
おかんに「ごめんね」と言わせてしまった。
自分の方がごめんじゃないか。
なんて自分はクソやろうなんだ。」

と、今でもその時の自分を後悔してるそうです。

もう1人、福岡出身のNくんは、今、東京に出てきて、大して料理ができないのに、たまに、お母さんのがめ煮(筑前煮)がむしょうに食べたくなって、自分で作ってみるそうです。
それは、お母さんの味とはまるで似ても似つかぬ、違うものになるけれど、もったいないから、何日もがまんして食べているそう。

お母さんの味は本当に恋しいものです。


そして、


こんな話をしている時の
もうすぐ30代のいい年した男たちの顔は、
少年のようにあどけなく優しかった。


男の優しさというものは
こういうものなのだろうと思います。

髪を切ったことにも
気づかないかもしれない。


さりげないプレゼントなんて
できないかもしれない。

でも、表現しなくても
腹の底の方に持っている。
そんな優しい男は
本当にいい男だと思うんですよね。

いい男にはいい女
婚活は自分活

https://en-port.net/

  • 恋愛テクニック
  • 結婚準備
  • 自分磨き

この記事を書いた結婚相談所

縁~port

縁~port

埼玉県北本市東間

JR高崎線/北本駅

https://en-port.net