婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】うつくしまJapan

世界に一つだけの花

うつくしまJapan「世界に一つだけの花」-1

もともと特別なOnlyOne

■タイトル 世界に一つだけの花

■世界に一つだけの花の歌詞に込められたメッセージについて考えてみました。
花屋さんのバケツで売られている花は、どれも個性的で、しゃんと前を
見て咲いている。誰が一番であるかなんて、争う事もしないで、私は私なんだと
誇らしげに、胸を張って生きている。
どうして人間は、他人と自分を比べて、悩み、苦しみ、一番になろうとするのだろうか?
人間も花と同じで、それぞれの個性を持って生きている。その持って生まれた個性を
実らせて、花にすればいいんだよ。世界に一つだけの花にすれば良い。
「No.1にならなくてもいい もともと特別なOnly One」なんだ。 

■世界に一つだけの花
歌:SMAP
作詞:槇原敬之
作曲:槇原敬之 

■歌の意味(メッセージ)
いつもの通り道にある、花屋さんの花を眺めていたら、
バケツの中で売られている、多くの花に目が留まる。
人はそれぞれ、好き、嫌いの好みはあるけれども、
どの花もとても奇麗なんだ。
誰が一番だなんで、
争いもしないで、
一生懸命に、花を咲かせる事だけに
誇り・自信をもって、しゃんと、前を向いて咲いている。 

それなのに、僕ら人間は、
いつも他人と比較してばかりいる。
人は皆それぞれ個性があって、違うところがあって、比較などできないのに
比較して、どうして1番になりたがるのだろうか? 

そうさ、僕たちはみな、
世界に一つだけの花なんだ。
一つ一つ違う花を咲かせて違った実をつけ種を作る。
その個性を育てて、実らせることに、
一生懸命になれば、いいんだよ。 

花の美しさに癒され、笑みを浮かべながら、どの花を買おうか
迷っている人がいる。
頑張って咲いた花はどの花も、自信をもって、しゃんと、前を向いていて
魅力的で奇麗だから仕方ないよね。
迷っていた人は、色とりどりの花束を抱えて、嬉しそうに帰っていった。
色とりどりの花束は、色々な色があってそれぞれが個性的
だから、奇麗なんだ。


名前も知らない、道端で咲いていた花だけど
その花は、僕に勇気と笑顔をくれた
誰も気づかないような場所でも
自信をもって、しゃんと、前を向いて咲いていることが大切なんだ。 

そうさ、僕たちはみな、
世界に一つだけの花なんだ。
一つ一つ違う花を咲かせて違った実をつけ種を作る。
その個性を育てて、実らせることに、
一生懸命になれば、いいんだよ。 

小さい花もあれば大きな花もあるように、人にもそれぞれの個性がある。
その個性は、皆違っていて、同じものは一つもないのだから、
みんなの中のNo.1にならなくってもいいんだ。
もともと、特別な個性をもっている、たった一人の人間なんだから。 

■歌(SMAP):出展:YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=pApOx9L7yN8 

■まとめ
「No.1にならなくてもいい もともと特別なOnly One」
あなたは、あなた自身の個性があります。
あなたの個性を育てて、実らせることに、一生懸命になれば
それでいいんです。
自分磨きとは、そう、あなたが元々持っている”個性”を光らせるために行います。 

代表:美嶋 伸一

この記事を書いた結婚相談所

うつくしまJapan

うつくしまJapan

福島県須賀川市芹沢町71-6

JR東北本線 須賀川駅

https://marriage.utk-jp.com