ご成婚者インタビュー 結婚相談所「町のブライダルミューナ」40代前半男性の婚活体験談

「町のブライダルミューナ」Tさん<span> 40代前半 会社員</span>

「町のブライダルミューナ」会員

Tさん 40代前半 会社員

自然な出会いへのこだわりを捨て、
幸せな家庭を築きたいと婚活を始めました。

自然な出会いがなかった場合は一生独身でも良いかなと思っていたTさんですが、妹の子供を見て人生観が一気に変わり、結婚相談所へ入会。オンラインお見合い時に一目惚れした彼女とめでたくご成婚となりました。

結婚相談所以外の婚活方法は検討していません。

ご成婚おめでとうございます!まず初めに、婚活を始めたきっかけを教えてください。

僕には妹がいて、その妹が早くに結婚したんです。それまで僕は、自然な出会いにこだわっていて、自然に出会わなかったら無理せず、一生独身でも良いかな、という考えだったんですが、妹の子供を見て、僕の人生観が一気に変わりましたね。
「人並みでも良いから幸せな家庭を築きたい」と思うようになりました。自然な出会いに対するこだわりを捨て、性格的に婚活パーティーのようなイベント系は苦手なので、自分に合う結婚相談所で婚活をしようと考えました。

結婚相談所を選ばれた理由はなんですか?

地域密着、成婚率が高いというのが今回の決め手です。僕は町さんのところでお世話になる前に、別の結婚相談所を経験してるんです。値段は安かったと思います。登録してみてダメだったので、ちょうど仕事が変わるタイミングで辞めました。その他の婚活方法は検討せずです。
婚活パーティーでよくあるお見合い回転寿司などは、営業が得意でないような、あまり社交的ではない僕には不向きだと思いました。結婚相談所のお見合いなら、1対1なのでしゃべりやすい、合っていると思いました。

「あ、俺やらかしてる」と焦りました。

カウンセラーとの思い出のエピソードなどはありますか?

真剣交際に進むタイミングが、あとから考えると絶妙なタイミングでのサポートだったと思います。
その時はわからなかったんですが、お相手女性Yちゃんは、僕が真剣交際を申し込んだその日に、もし僕が真剣交際の申し出をしなかったら、「自分から聞いてたかもやけど、もしかしたら次に行ってたかも」…と。
第一印象からYちゃんがタイプだったこともあって、町さんには止められていたんです。「女性は温度差が大きいとしんどくなるから、焦らないように」と。
なのでずっと我慢していました。その間町さんはお相手の仲人さんとやり取りをしてくれていて、あちらのGOサインをいただいたので、動いた次第です。
もっと早くに言いたかったんですが、彼女は遠距離というところが引っかかっていたようなので、早すぎず、遅すぎず、本当に良いタイミングだったとYちゃんとも話しています。

お相手様との印象深い想い出をぜひ教えてください。

3回目のデートで淡路島の酵素風呂に行ったんです。それを町さんに報告したら「誰が言い出したのですか!?」と確認されましたが(笑)、彼女のリクエストがありそこに決めました。
流れとしては、僕が「Yちゃんのスッピンを見たい!」と言ったことで、Yちゃんは「それは、化粧が濃いということですか?」と・・・。「あ、俺やらかしてる」と焦りました。
Yちゃんはスッピンをさらさないと結婚ができないのか、仲人さんに相談したようですが、前向きなアドバイスで返してくれたそうで助かりました^^;
化粧を取った状態でデートに行くのは避けたいと思い、男女別々に服を着たまま入れる酵素風呂なら自然と化粧も落とせるし、そこが良いなとなったみたいです。結果楽しめて、二人の関係も深まってよかったです!

結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ

結婚したいのであれば1日でも早く登録した方が良いと思います。結婚相談所は若い方が有利なのは間違いないかなと。色々なところでそれは目にしましたし、実感としてもあります。あと、婚活で出会いを重ねると、必ず振る、振られるがありますが、僕の場合振ることの方がストレスがかかりましたね。
それでもあきらめないこと。チャレンジしてみたらいいんじゃないでしょうか。
僕はどちらかといえば社交的ではないタイプの人間、それでも1対1のお見合いならアピールできると思いました。

町のブライダルミューナ 社会福祉士 代表仲人 町優香

担当者より

社会福祉士 代表仲人 町優香

Y様とのご縁はオンラインお見合いからのスタート。穏やかで優しいT様が、珍しく「タイプです」とはっきり私に自分の気持ちを仰り…「Yちゃんで決める!」気合が入ったのを思い出します。今回の成婚インタビューで初めてお二人揃ってお会いできましたが、インタビュー中、何度もY様の横顔を見つめるT様^^本当に大好きなんだなと(笑)安心しました♡またお会いできる日を楽しみにしています。お幸せに。

「町のブライダルミューナ」の詳細はこちら