婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】葵良縁センター 千葉

30代の婚活、女子からデートを誘っちゃいけませんか?

葵良縁センター 千葉「30代の婚活、女子からデートを誘っちゃいけませんか?」-1

32歳、年収400万円台、二枚目S君の婚活

葵良縁センター 千葉「30代の婚活、女子からデートを誘っちゃいけませんか?」-2

2020年11月にご成婚退会した葵良縁センター千葉の32歳男性S君が、奥様を連れてご挨拶に来てくださいました。

コロナの問題もあり、対面するのはとっても久々です!
やっとお祝いが出来ます、嬉しい~♬

S君の婚活は、動物に例えると「のんびりカメコース」。
ウサギに追い越されて焦ることもありましたが、仕事と両立しながら彼なりのペースをキープした婚活をご希望でした。

そんなS君のお見合いは、「お申込をお受けする」ことが殆ど。

運命のお相手となった奥様とのお見合いも、奥様からのお申込を彼がOK回答して成立。
お見合いは、紫陽花がキレイな2020年6月の事でした。

初デートって本当にランチだけ?カフェだけ?

葵良縁センター 千葉「30代の婚活、女子からデートを誘っちゃいけませんか?」-3

お見合い後、仮交際に繋がったお相手との初デートは、ランチやカフェデートが主流ですがルールではありません。

お相手との空気感を大切にしながら、自然な流れで散策を組み入れても構わない!というのが葵良縁センター流です。

だって、お見合いで出会ったからといって、初デートのランチは、現地集合、現地解散なんて味気ない。
むしろ不自然と思いませんか??

とはいえ、S君はとてもシャイですから初デートに散策を提案するなんて「ムリです!」なタイプ。
帰り道をご一緒するのが精いっぱいな彼でした。


さて、奥様となった彼女との初デート。

あの日、ランチを終え駅まで歩きかけた時、彼女が立ち止まってこう仰ったのです。
「直ぐ近くにある〇〇神社の紫陽花、今から一緒に見に行きませんか??(笑顔)」

「臨機応変力」と「優しさ」を兼ね備えたS君。
彼女の勇気を無下になんてできません。
Uターンして神社の紫陽花を一緒に楽しんだのでした。

婚活中は「例外」が大事

紫陽花デートを仲人に報告してくれたS君。

「初デートでお相手から散策を誘われたのは初めてです。
びっくりしたけど、すごく嬉しかった。」

婚活中の「例外」とか「ハプニング」は、時にご成婚に繋がることがあります。

S君曰く、
・自分なんかを誘ってくれたことが嬉しかった。
・彼女の勇気も嬉しかった。
・紫陽花寺での一緒の時間が楽しかった。
・彼女が自分を嫌いなじゃないと分かった。
・次は僕がデートを誘いやすくなった

なんとも、いいことだらけ。
「これは結婚するかもね!」と閃いた仲人でした。

紫陽花のおかげでご交際に弾みがついたようです。
紫陽花よ、ありがとう。

お相手への想いを「勇気」に変えて

葵良縁センター 千葉「30代の婚活、女子からデートを誘っちゃいけませんか?」-5

S君の奥様と仲人は、勿論初対面です。

「はじめまして」のご挨拶から、マスクをしていても満面の笑みが分かります。
終始笑顔の可愛らしい女性。


お話が弾んだ頃、仲人が言いました。
「初デートの時『紫陽花を見に行きませんか?』って彼を誘ってくれたでしょう?
あの時は、ありがとうございました。(笑顔)」

すると奥様は笑顔でご回答。
「お見合いの時からずっと好きだったんです!きゃはは!」

それを聞いていた彼は、マスクの中でニヤリかな??

彼への想いを勇気に変えて、仮交際を盛り上げてくれた彼女の一本勝ち。
想いは彼に通じて、ご縁を繋げました。

素敵な女性に愛されてS君は幸せだ。
山あり谷ありの人生、彼女となら支え合いながら乗り越えられそうです。

この度はご成婚、誠におめでとうございました。
いつまでもお幸せに!
  • 成婚エピソード
  • 婚活のコツ
  • デート

この記事を書いた結婚相談所

葵良縁センター 千葉

葵良縁センター 千葉

千葉県千葉市中央区春日1-5-8

JR西千葉駅から徒歩4分

https://aoiryouen.com/