ご成婚者インタビュー 結婚相談所「Rucira Mariage ~ルシーラ マリアージュ~」30代前半男性の婚活体験談

「Rucira Mariage ~ルシーラ マリアージュ~」 D.Tさん<span> 30代前半 自営業</span>

「Rucira Mariage ~ルシーラ マリアージュ~」会員

D.Tさん 30代前半 自営業

間違いなく、人から喜ばれて
羨ましがられる結婚の方法が、
結婚相談所だと思えます。

研修でカウンセラーの三井さんと出会ったことがきっかけで、入会を決意されたD.Tさん。ポジティブに前向きに活動し、約11ヶ月でめでたくご成婚されました。

三井(みい)さんがきっかけですね。
「いつかは結婚するだろう」と思ってはいましたが、
その時は今すぐではなかったのです。

ご成婚おめでとうございます!まず初めに、婚活を始めたきっかけを教えてください

Tさん
三井さんとの出会いがきっかけです。三井さんとの最初の出会いは、ある研修で一緒になったことでした。研修の中で、夢や人生プランの擦り合わせをする事があったのですが、その中で、自分が「東京に出たばかりでこんな未来を考えている」という話をしていた時に、三井さんから「結婚は?その部分ではサポートできますよ」という話をいただきました。

結婚相談所を選ばれた理由はなんですか?

Tさん
三井さんの人柄と声がけがきっかけですね。「いつかは結婚するだろう」と思ってはいましたが、今すぐとは思っていなかったのです。ただ、今までの恋愛で結婚まで進んでいないのは、行動が効果的ではなかったからだとも感じていたので、今回の話も否定から入ると経験することが遠のいてしまうという思いから入会を決めました。

Rucira Mariage ~ルシーラ マリアージュ~ 三井
彼はすでに目標を持っている方だし、決断が速い人でした。決断が速い人は結果も早いと思っていましたが、案の定、早かったですね。

当日は、全然気づかなかったのですが、
実は三井さんが専属カメラマンを乗船させていたのです(笑)。

カウンセラーとの思い出のエピソードなどはありますか?

TさんとMさん

Tさん
プロポーズですね。女性の立場だとどんな事を喜んでくれるかなど三井さんに相談をして、12月24日のクリスマスイブに、夜景を見ながら船上でプロポーズする、と決めました。

Rucira Mariage ~ルシーラ マリアージュ~ 三井
女性は、生涯心に宝物の箱を持っていて、そこには思い出が入っている、そして一生それをもって生きていく。だから思い出をちゃんと残してあげてほしい。ちょっと練ろうよって話をしました。

Tさん
男性にはない感覚ですよね。そこまで考えなきゃいけないんだと思いました。こっちが絵をかいて、満足するプロポーズじゃいけないんだなと思いました。三井さんは本当に細かく「今どんな状況なの?」と聞いてくれました。相談所なので、本来なら自分が相談すべきなんでしょうけど、常に聞いてくれる。そういう風に見てくれていたのか、という事が沢山あり嬉しかったです。また、プロポーズ当日は、全然気づかなかったのですが、実は三井さんがご自身で専属カメラマンを乗船させていたのです(笑)。

Rucira Mariage ~ルシーラ マリアージュ~ 三井
サプライズをかけていました(にやり)。「二人の記念を撮ってほしい、あとでプレゼントしたいから」とお願いして実況中継をしてもらっていました(笑)

Tさん
船上でプロポーズが終わって下に戻ると「一枚良いですか?」と声をかけられて。船内カメラマンかと思ったら(笑)2倍も3倍も思い出に残った夜でした。

お相手様との印象深い想い出をぜひ教えてください。

Tさん
真剣交際までは毎週会っていました。住んでいる場所はそんなに近くなかったけれど、苦にならずに会っていました。仲間や後輩と飲む機会があり、どういう立ち位置で紹介しようか、という流れから「付き合ってください」と伝え、真剣交際のきっかけになりました。

Mさん(奥様)
気持ちは決まっていたので…。彼は行動力があるので、結婚を前提に全ての話を進めてくれていました。12月24日にプロポーズをしてくれたのですが、その前に、母親から「彼が家にもお花を贈ってくれた」とLINEがありました。そういった気遣いの行動力も嬉しかったです。

Tさん
翌日、お義母さんからメッセージをいただきました。「娘にとっても人生で一番良いクリスマスを迎えられたと思う。これから一生大切にしていく、ということも伝わっていると思う。よろしくお願いします」と。良い思い出になりました。

結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ

Mさん
私は周りにこの話をすると「結婚相談所に入ってみようかな?」と言ってくれる人が多いです。悩んでいるなら早く活動しちゃった方が良いと思います。相談所に入って早く活動しちゃった方が、その後の幸せな時間も長くなるかもしれないですし。結婚相談所に入るのは時間もお金もエネルギーも投資するから勇気はいるのですが、マイナスな言い訳ばかり思う人が多いので、もっとプラスな言い訳を考えたら良いのにと思います。「親が言っているから」「子供が欲しいから」とプラスに転化して、幸せな時間を長くしてほしいと思います。あと、システムが快適でした。相手の条件も見ることができるし、人数が多くて決めきれないなら申し込まれた人で決めれば良いですし。入会している人は安心して良い人だし。不安にもなりませんでした。

Tさん
以前認識していた結婚相談所の景色と、中に入って活動する景色は全く違いました。多分、入らない理由は人からの批判や評価が気になるから。逆に僕はお見合いの話をすると、羨ましがられます。間違いなく人から喜ばれてうらやましがられる方法が結婚相談所だと思えます。なぜなら、お互い条件が分かったうえで結婚できるから。「知らないからやらない」なら「やってみて失敗すれば良い」と思います。一歩踏み出したら見える景色が変わると思います。活動した1年ですごく感じました。

Rucira Mariage ~ルシーラ マリアージュ~ 代表カウンセラー 三井 律子

担当者より

代表カウンセラー 三井 律子

ポジティブなお二人の言葉を聞いて、皆さんがこう活動してほしいなと改めて思いました。変な先入観ではなく、結婚したい人たちが集まるツールを使うのは当たり前のことなので。お二人のような人たちがもっと増えて「お見合いって良いよ」「出会えたよ」というのが広まれば、それこそたくさんの人の幸せな時間が長くなります。違うところで労力を使わず、十分幸せになれます。ここに至るまでの二人のやり取りを一緒に楽しめたので(笑)、こんな二人のシンデレラストーリーを一緒に創っていけたことが幸せで、この仕事をやってきてよかったと心から思っています。二人に感謝です。末永くお幸せでいてください!

「Rucira Mariage ~ルシーラ マリアージュ~」のサイトはこちら