ご成婚者インタビュー 結婚相談所「結婚相談所 Allegro」50代後半男性の婚活体験談

「結婚相談所 Allegro」Y.Kさん<span> 50代後半 会社員</span>

「結婚相談所 Allegro」会員

Y.Kさん 50代後半 会社員

紆余曲折あり、2度復縁して成婚しました。

離婚から20年以上が経ち、前の失敗にずっとこだわっている自分に嫌気がさしたことがきっかけで婚活を開始。パーティー等ではカップリングはしても続かない事が多く結婚相談所に入会したY.Kさん。入会から6か月でご成婚となりました。

「結婚相談所」というと、なんだか前時代的な昭和なイメージがありましたね。

ご成婚おめでとうございます!まず初めに、婚活を始めたきっかけを教えてください。

2つあります。私はいわゆるバツイチで、離婚から20年以上が経っていたのですが、前の結婚の失敗にずっとこだわっていました。婚活したいと思った第一のきっかけは、そんな自分に嫌気がさしたことです。

「負けたままで人生を終わらせたくない」という気持ちでした。そう思う様になったのと並行して、経済的、精神的な安定が生まれていたことも、きっかけです。

というのは、離婚後に複数回、転職を繰り返してしまったのですが、5年前に入社した現在の職場でようやく経済的、精神的な不安から解放されたと感じたからです。

結婚相談所を選ばれた理由はなんですか?

実は、婚活は3年前に始めており、その時は現在の結婚相談所が別枠で開催していた婚活パーティーや婚活ツアー(日帰りバス旅行)などに参加していました。

ある日、主催者さんにいろいろと相談させていただいた時、こちらの法人(組織?)の話を聞き、特別薦められたわけではなかったのですが入会を決めました。

パーティー等では成功しませんでしたが、主催者さんの考え方が非常にしっかりしていたので、ほかの相談所に入ることは考えられませんでした。

入会前と後での結婚相談所のイメージを教えてください

大変申し訳ないのですが「結婚相談所」というと、なんだか前時代的なイメージがありますよね。昭和の香りがするというか。また、金銭面などで敷居が高いイメージもあります。実際、入会や退会にはそれなりのお金が必要ですし。

婚活開始当時の自分が婚活パーディーと結婚相談所、両方を並べられて「どちらにしますか」と聞かれたら、やはりパーティーを選んだと思います。

しかし、パーティーで失敗が続いたことが結婚相談所入会のきっかけとなりました。カップリングしないのではないのです。行けば6~7割の確率でカップルになれました。しかし、長続きしない。なぜか一方的に交際終了される。ひどい場合はパーティーでカップル成立、一緒に食事をしたその夜にお断り、といったこともありました。

所属していた相談所によると、パーティーに来る女性はお付き合いを軽く考える傾向があるのだとか。
一方、相談所に入会する人たちは、身元がしっかりしているだけでなく、それなりの対価を払うだけあって結婚に対する意欲が高く、覚悟ができているとのこと。それは相談所に入ってすぐに実感しました。

本当に結婚したいなら相談所。今はそう思っています。

複数の方と同時に交際することが、段々と重荷になっていきました。

活動中のお悩みや苦労したことを教えてください

活動を開始してすぐに困ったのは、交際相手がどんどん増えていくことでした。

もちろん、より多くの人に会ってより理想に近い人を探す、というのは婚活の基本ですが、婚活開始1ヵ月後には4人の方々とデートをする関係になってしまいました。

ちなみに4人のうち、私から交際を申し込んだ女性は3人、申し込みをされた方は1人です。一人一人とお話しし、じっくり関係を深めていきたいと考えていた自分の理想とは違った展開で、段々と重荷になっていきました。

お見合いならともかく、同じ日に2人とデートできるほど私は器用ではありません。つまり、4人とお付き合いするとなると、土日を使っても一人の方と2週間に1回しか会えない計算ですよね。

それはどのように乗り越えましたか?

比較的早い段階で自分なりに「本命」と定めた女性ができました。その一方、4人目に出会った方は、気が合うと思ったものの、あえて相手のことは考えず、デート1回だけで交際を終了させました。

デートする人数を減らしたかったからなのですが、まさかお断りした方と後に結婚することになるとは、この時思いもしませんでした。

カウンセラーから受けたサポートで印象に残っているアドバイスを教えてください

2つあります。ひとつは「沈黙は金」ということ。お相手に過去の結婚について、聞かれた以上の内容を話してしまった際に言われた言葉です。必要以上の情報を伝えても誰も幸せになれない……。当事者としては、どうしても「話すことが誠意」と思ってしまうんですね。

もうひとつは「相談所の判断でお断りすることをお勧めします」と言われた時です。過去に他の男性会員とのお見合いで男性側から苦情があった方だそうです。

また、現在の結婚相手とはデート期間が長引き、なかなか真剣交際に進めなかったのですが、その時期にあった交際申し込みも止めてくださいました。私が迷わないための配慮です。親身になってもらっていると感じましたね。

活動されている女性は、素敵な方が多い印象でした。

ご成婚相手に申込みをした理由を教えてください

私からクラシック音楽を生業(=講師と演奏活動)としている女性に申込みました。私も楽器の種類は違いますが10代の時にクラシックをやっていました。「この人と結婚できたら一緒に音楽ができるかな」と思ったのが申し込んだきっかけでした。また、彼女の趣味が私と同じ美術鑑賞だったことも大きいです。

ご成婚されたお相手と初めてお会いした時の印象を教えてください

プロフィール画像からはシャイな女性という印象を受けましたが、話してみると自分の意見を持っていて意外と頼もしい感じでした。お見合い中、話しは途切れることがなく、お互いに意気投合した感じでした。

真剣交際・プロポーズをご決断された理由やきっかけを教えてください

■真剣交際
彼女とはお見合い後、1度デートしただけで交際をお断りしました。
しかし、本命の方から交際を断られてしまい、真っ先に浮かんだのが彼女でした。ダメ元で仲人さんを通じて復縁をお願いしたところ、なんと受け入れてもらえました。

交際復活から2ヵ月後、彼女の親御さんの反対でお断り通告が来ました。そこで婚活を再スタートさせたとたんに今度は彼女から復縁のお願いが!驚きました。

私との交際を断った後、ずっと泣いていたのだそうです。仲人さんから「Yさんのために一日中泣いてくれる女性なんて、いませんよ」と言われ、復縁受け入れと同時に真剣交際に進みました。それぞれが1回ずつ交際を断ったのに2度復縁した経緯です。

■プロポーズ
このように紆余曲折があったので、ようやく真剣交際に進んだ我々にとって、プロポーズというイベントはあまり興味がわきませんでした。
二人とももう結婚する気になっていたからです。それでも「それぞれ相手の親御さんへのあいさつと、プロポーズが済まないと成約退会にはならない」と仲人さんに促され、ようやくプロポーズしたのは13回目のデートだったでしょうか。

■プロポーズのエピソード
プロポーズの場は、彼女の馴染みの港近くにある北欧レストランを選びました。彼女に連れられて行くうちに私も大好きになった店です。余談ですが、私が生まれたのと同じ年に誕生した店だそうです。

結婚相談所での活動前と後で、ご自身の意識や行動に変化はありましたか?

入会当初は「結婚後に子供を作ることはできないか」とちょっとだけ考えていました。しかし、さすがにそれは無理でしたね。そもそも、40代後半の方にもお見合いすら断られましたから。

子どものこともそうですが、年齢や収入、育った環境など自分の身の丈に合ったお相手だと思います。結婚が決まり、お互いに相手の家族とのお付き合いが始まった今、特にこんなことを感じます。

結果論ですが、私たちはそれぞれサラリーマン家庭で育っており、新居選び、新生活を始めるにあたって購入する様々なものについて、私たちの間で意見の対立はほとんどありません。金銭感覚やものの考え方、生活における理想が似ているのでしょうね。ありがたいことです。

結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ

先にも書きましたが「結婚するなら相談所」、これに尽きます。
活動期間中、私は基本的に「同県在住、50代、結婚歴がないこと」という条件で相手を探しましたが、こんな条件でも意外と多くの方々がヒットするので驚きましたし、素敵な方が多い印象でした。自分の年齢(58歳)だと、子供がいらっしゃる方でも受け入れないと再婚できないと思っていましたから、なおさらです。

結婚相談所 Allegro 代表カウンセラー 福徳洋美

担当者より

代表カウンセラー 福徳洋美

ご結婚おめでとうございます。離婚から長い道のりでしたが、価値観が超ピッタリ合っているMさんと出会えたこと、心底良かったと思っています。交際中に双方共に、1回ずつお相手に交際終了を告げていて、それでも復活を2度繰り返して、こうして成就したのはやっぱり必然の出会いだったのですね。仲人としては何度もオタオタとしてしまいましたが、今となっては笑い話です。いついつまでもお幸せに!!

「結婚相談所 Allegro」の詳細はこちら