ご成婚者インタビュー 結婚相談所「ブランズ広島サロン」20代後半男性の婚活体験談

「ブランズ広島サロン」重里 剛さん<span>(仮名)</span><span> 20代後半 国家公務員</span>

「ブランズ広島サロン」会員

重里 剛さん(仮名) 20代後半 国家公務員

人生経験が少ないので、婚活期間での出会いは
見識を深める良い機会にもなりました。

婚活を始めてすぐに長期の出張が決まってしまった重里さん(仮名)ですが、カウンセラーからこまめにオンラインお見合い等のアドバイスを受けながら活動を続け、11か月でご成婚となりました。

「いつか」ではなく「20代のうちに」結婚したいと考えるようになりました。

ご成婚おめでとうございます!まず初めに、婚活を始めたきっかけを教えてください。

20代半ばになり、周囲の同年代や年下の同性たちが結婚し、パートナーと過ごす幸せそうな姿をみたり話を聞くことが増え、結婚を意識するようになりました。

仕事柄、職場での出会いがないこともあり、出会いを求めて婚活パーティーに参加していました。本気で自分の将来を考えたとき「いつか」ではなく「20代のうちに」結婚したいと思ったことが、婚活を始めようと思ったきっかけです。

結婚相談所を選ばれた理由はなんですか?

恋愛経験も少ないため、自分が知りたいことやわからないことをその都度相談しながら活動できる、カウンセラーがいる結婚相談所が自分に合っていると考えました。結婚相談所もたくさんあり、自分なりにインターネットで相談所を探す中で、BRANSの存在を知りました。自宅からも職場からも近くにサロンがあるので活動を続けやすいと思ったことや、口コミ等の評判もよかったことからBRANSでの活動を決めました。

全く上手くいかずモチベーションが著しく下がった時期がありました。

カウンセラーとの思い出のエピソードなどはありますか?

活動をはじめてすぐに予想外の長期出張が決まりましたが、加藤さんはその時期を見据えた助言をしてくださりました。出張中は活動が止まるのではと心配していましたが、オンラインでのお見合いのコツを助言してくださったり、サロンに行けない期間も電話やオンラインでその時々の相談に応じてくださり、数々の助言をしてくださったことが印象に残っています。

一時期は、自分が思っていた通りに進まず全くうまくいかないと感じモチベーションが著しく下がってしまった時期もありましたが、親身になって気にかけてくださるカウンセラーのお陰で活動を続けることができました。お見合いが成立しないとき、交際を終えることになったとき「いい人に出会って欲しい」と何度も言われましたが、それが加藤さんの心からのお言葉だと感じられました。

お相手様との印象深い想い出をぜひ教えてください。

出張中の出会いはどうなるのか心配していましたが、彼女とは東京の長期出張中にオンラインのお見合いで出会いました。お互いに人見知りなこともあり、初対面の方とお話するのは得意ではありませんでしたが、彼女の相互の理解を深めようと誠意をもって会話する姿勢を強く感じたことで惹かれました。

実際に会うことができたのはオンラインのお見合いの日から1ヶ月後でしたが、初対面とは思えないほどリラックスした状態で初デートを楽しむことができました。仕事柄、全国転勤があることや長期出張を伴う私の職業についても理解を示してくださり、共通の趣味もあることから、この人となら共に幸せな人生を歩んでいけるのではないかと考えることができました。

結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ

婚活において最も重要なことは、まずは「積極的な活動を持続して行う」ことだと感じています。なかなかご縁に恵まれないからといって、婚活を諦めてしまっては元も子もありません。また、結婚相談所での婚活は様々な生い立ちや職業の方とお会いしてお話することができました。人生経験も多くないこともあり、この期間の出会いは見識を深められる機会にもなりました。仕事と家の往復の日々で経験することはなかったその経験は婚活に限らず、社会で生きていく上で良い経験になることは間違いないでしょう。

ブランズ広島サロン マリッジカウンセラー 加藤奈緒子

担当者より

マリッジカウンセラー 加藤奈緒子

BRANSで活動をしようと決断されたとき「やるからには真剣に」と頼もしさを感じたことは今でも鮮明に覚えています。東京への長期出張を控えた面談時、出張中も止まらず「積極的に会います」と目標をしっかりと持ち、実行できたことで自ら運命の女性と巡り会えたと感じています。活動を通じて器の広さや素直で誠実な人柄を一番近くで感じ、男らしさが増したことも本当に嬉しかったです!末永くお幸せに!

「ブランズ広島サロン」の詳細はこちら