ご成婚者インタビュー 結婚相談所「プロスペクティブスタート」20代後半女性の婚活体験談

「プロスペクティブスタート」 Kさん<span> 20代後半 アルバイト</span>

「プロスペクティブスタート」会員

Kさん 20代後半 アルバイト

追いかけている夢があったので
婚活を始める時は悩みました。

ミュージカルの夢を追い、熱心に頑張っている真っただ中に、コロナの影響で何もできなくなってしまったKさん。そんな今を婚活に費やしてみようと入会を決意し7ヶ月でご成婚となりました。

街コンなどは『この人はどこまで真剣なんだろう?』と悩んだりするのが大変だなと思いました。

ご成婚おめでとうございます!まず初めに、婚活を始めたきっかけを教えてください。

私にはミュージカルやダンスなど、表現者として挑戦したい夢がありました。なので、正直、婚活は今やらなくてもいいかなと思っていました。
しかしコロナの影響で何もできなくなってしまい、コロナが落ち着いてから夢を追いかけ、一区切りついたところで婚活を始めると、自分は一体何歳になっているのだろう?その時ではもう遅いと思いました。
緊急事態宣言が出て時間もたくさんあり、何もできない今を婚活に費やそうと思ったのがきっかけです。
元々20代のうちに結婚したかったので、タイミングとしてはちょうどよかったのかもしれません。

結婚相談所を選ばれた理由はなんですか?

今の自分の日常生活や、街コン、友達の紹介だけでは結婚につながる出会いは難しいし、時間がかかると感じていたからです。恋愛の駆け引きが苦手だったり、誰かと出会ったとしても、『この人はどこまで真剣なんだろう?』と悩んだりするのが大変だなと思いました。
将来ずっと一緒に生活をするパートナーを探すという一大イベントである婚活だからこそ、仲人さんと一緒になって頑張れる、みんなが真剣に結婚したくて集まっている、そういうところに惹かれました。

この先ずっと結婚できるのか不安なまま夢を追うのも嫌だったので、婚活を選びました。

カウンセラーとの思い出のエピソードなどはありますか?

活動を始める前、短期間で結婚相手を決めるのがずっと不安で、『本当に短い時間で相手のことが分かるのだろうか?』と思いカウンセラーの佐藤さんに相談したことがありました。

佐藤さんから『確かに今は全く想像できないかもしれません。でも、実際、仮交際や真剣交際などに入ってお相手がそこにいたら、この人とやっていけるかどうか想像しやすいと思います』とアドバイスをいただいて、『まだ始まってもいないのに不安に思っても仕方ない!とりあえずやってみよう!』と思い、活動を始めることができました。

あとはお相手に対する自分の気持ちが不安に思ったとき、『今は出会って〇か月なのでそういった気持ちを感じるのは当然だと思いますよ!』といつも客観的な意見を頂き、他にも色々と相談して、何度も助けられました。ひとりだったら悪いほうに考えすぎて周りが見えず迷っていたと思います。
なので、無事成婚できて、お祝いしていただいたときには、まるで親戚が応援してくれていたみたいだなと嬉しく思う一方、退会することを寂しく思いました。

お相手様との印象深い想い出をぜひ教えてください。

お相手の方が年上だったのもあり、お互いに敬語でお話していました。3回目のデートのあと、私がタメ語でお話しませんか?と伝えてから、少しずつ仲良くなれたように思います。

私がこの先どんな仕事をしようか迷っていると話した時も、出会って間もないのに、色んな仕事が載っている本を一緒に探して見てくれたり、鎌倉に行きたいと言うと次のデートを鎌倉にしてくれて、一緒にかき氷を食べたり、仕事で出張があればお土産を買ってきてくれたり、とても気遣いができる優しい方だなと思いました。

真剣交際に入ってから、婚約指輪を一緒に見に行きました。私の好みに合わせて『気に入ったものを選んでいいよ』と言ってくれましたが、何時間も迷ってしまい、彼をたくさん待たせてしまったのを覚えています。
プロポーズをしてくれた時には、本当に温かい幸せな気持ちになりました。
『この人とこれからもずっと過ごしていきたい。出会えてよかった』と心から思います。

婚活は楽しいことばかりではないですが、自分を支えてくださる方がたくさんいます。

結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ

私の場合、夢があったので婚活を始める時は悩みました。
表現の世界でも婚活の世界でも、なるべく年齢が若いうちが活動しやすいと思うので、どちらを優先させるか迷いました。でも、この先ずっと結婚できるのか不安なまま夢を追うのも嫌だったので、婚活を選びました。その結果、素敵なお相手に出会えたので、本当に良かったと思います。

結婚相談所での婚活は、自分を見つめ直すことも多く、楽しいことばかりではないですが、自分を支えてくださる方がたくさんいます。行き詰まった時はたくさん相談できるし、良い方と巡り会えて成婚できた時は、みんなが喜んでくださいます。そんな温かい環境だと思うので、ぜひ第一歩を踏み出してみてください。

プロスペクティブスタート 代表カウンセラー 佐藤大輔

担当者より

代表カウンセラー 佐藤大輔

結婚相談所にご入会前のKさんは、ミュージカルの夢を追い、熱心に頑張っている真っただ中でした。それもあってか、交際経験はあまりありませんでしたが、一方で彼女には人を思いやる優しい気持ちがありました。
活動中は、お相手様とのデートでの疑問点、反省点をカウンセラーに共有し、アドバイスに耳を傾け、しっかりとご自身の中に落とし込んでいました。
お相手様はそんな彼女にゆっくりと歩調を合わせながら交際を育んでくださり、プロポーズへ。
ご自身の夢を諦めず、お相手様と何でも話せる幸せな家庭を築いていってください♪

「プロスペクティブスタート」の詳細はこちら