ご成婚者インタビュー 結婚相談所「ブランズ神戸サロン」30代前半女性の婚活体験談

「ブランズ神戸サロン」 佐渡知沙さん<span>(仮名)</span><span> 30代前半 会社員</span>

「ブランズ神戸サロン」会員

佐渡知沙さん(仮名) 30代前半 会社員

こんなに好きな人と出会えるとは
思っていなかったので嬉しい誤算でした。

自然の流れに身を任すだけでは、結婚相手に出会えないし結婚には辿り付けないと思い結婚相談所に入会。コロナで会えない期間を乗り越え9カ月でご成婚となりました。

結婚相談所を5社ほど廻って話を聞きました。

ご成婚おめでとうございます!まず初めに、婚活を始めたきっかけを教えてください。

子供の頃から結婚して子供をもつことが夢でした。友人も結婚し、出産して子育てをしている姿を見ることが増え自分も真剣に結婚を考えるようになりました。
結婚するなら大好きな人と結婚し子供もほしいと強く思うようになりました。
自然の流れに身を任すだけでは、結婚相手に出会えないし結婚には辿り付けないと思い、まずは行動を起こさないと何も始まらないと覚悟を決めて婚活Partyへ参加したり知人に紹介してもらったり婚活アプリなどからはじめました。

結婚相談所を選ばれた理由はなんですか?

合コン・Party・アプリ・知人からの紹介と比較的チャレンジしやすいものから始めましたが、結婚したいという気持ちとは裏腹になかなか積極的になれず上手くいきませんでした。
ネットで情報収集をしているうちに、結婚相談所に入ってプロからのアドバイスを受けながら活動する方が自分には向いているように思い、結婚相談所を5社ほど廻って話を聞きました。その中で田井さんとの話が一番しっくりきて「相談しやすそう」と思いブランズへの入会を決めました。

プロとして女性として複数の視点から的確なアドバイスをいただきました。

カウンセラーとの思い出のエピソードなどはありますか?

波田さんは、明るく優しく身だしなみもばっちりで婚活女性のお手本だと思いました。なので、話し方や気持ちの伝え方などを真似させていただきました。
入会当初、気合が入り過ぎて「ここでもだめだったらどうしよう」と不安になっていた時にはお手紙をいただき、本当に安心できたことが印象的です。
些細なことからうまくいかない時の愚痴まで何でも相談させていただきました。何を考えているかわからない男性の行動を解説してもらったり、自分の気持ちがわからない時には、意見を押し付ける事なく導いてもらったり、プロとして女性として複数の視点から的確なアドバイスをいただきました。
面談は、サロンに行けなくてもZOOMや電話でしていただいたので、一人で不安になることもなかったです。また、その都度必要なアドバイスをくださったり他愛もない話をしたりで楽しく婚活ができました。

お相手様との印象深い想い出をぜひ教えてください。

プロフィールを見た時から好印象でお会いするのが楽しみでした。会ってみると話しやすく飾らず話ができたことが嬉しかったです。出逢ったのがバレンタインの時期だったのでチョコレートをお渡しするととても喜んでくれて、お返しにホテルのデザートビュッフェに連れて行ってくれました。
こういったやり取りが続き、上手くいく予感があったのですが、彼が慎重過ぎてなかなか先に進むことができませんでした。そんな中、新型コロナウィルスの影響で緊急事態宣言があり、外で会うことができなくなってしまい「もうダメなのかな・・・」と思いましたが、彼が根気強く毎週LINEのビデオ通話を続けてくれて、その時に不安なことや悩みを話しているうちに、彼に安心感を覚えるようになり、信じられる人だと思うようになりました。こんなに好きな人と出会えるとは思っていなかったので嬉しい誤算でした。

結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ

ブランズでの活動を通じて、私がこれまで出会った人とのご縁をいかに無下にしていたかに気付きました。
頭ではせっかくのご縁を無駄にしてはダメだと思っても、つい気持ちを優先してしまい、相手の事を知ろうともせず上手くいかないと決めつけていました。ブランズでは、カウンセラーさんがマラソンの伴走者のようにずっと見守ってくれるので良くも悪くも中途半端にお相手と向き合うということはしませんでした。真剣に向き合ったことで相手を知り決断をしたことで自分は人として成長できました。この経験は、結婚生活にも必ず活きてくると思います。
結婚相談所での活動を悩んでいるなら、是非ブランズでの婚活にチャレンジしてほしいです。

ブランズ神戸サロン マリッジカウンセラー 波田瑠美

担当者より

マリッジカウンセラー 波田瑠美

素直で気遣いができる優しい彼女。出会ったときから彼に恋をして、このまま上手いくかもと思った矢先に気持ちがすれ違い、そのまま緊急事態宣言でお会いできなくなってしまい、不安な気持ちから少し投げやりにもなって・・・その思いも全て聞かせてくれましたね。なんでも包み隠さず話をしてくれたので、私も全力でその時にできるサポートを考えることできました。最後に彼への愛をノロケられたのもいい思い出になりました。

「ブランズ神戸サロン」の詳細はこちら