婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】ブライダルサポーター

「3組に1組が離婚」が誤りであると話題に

ブライダルサポーター「「3組に1組が離婚」が誤りであると話題に」-1

皆さん、こんにちは。
結婚相談NPOが運営する結婚相談所、ブライダルサポーターです。
少子高齢化問題を解消する為にも、会員の皆さんがどうしたらコストを抑えて、時間を無駄にせずにご成婚できるか?を日々考えながらサポートをしています。 このブログで皆さんの婚活に少しでも「気づき」をご提供できれば幸いです。

皆さん、3人に1人(3組に1組)は離婚をする!という話しを聞いたことは有りませんか?

わりと頻繁に見かける話しなので、ご存知の方も多いと思いますが、そんなに離婚率が高いと思うと、結婚が怖いものになってしまいますよね?
ネット上で、その確率はおかしい!という意見が話題になっていましたので、そのご紹介です。

▼3人に1人はウソ!離婚は何人に一人なのか統計をもとに調べると驚きの結果に
https://trends-mania.xyz/3%e4%ba%ba%e3%81%ab1%e4%ba%ba%e3%81%af%e3%82%a6%e3%82%bd%ef%bc%81%e9%9b%a2%e5%a9%9a%e3%81%af%e4%bd%95%e4%ba%ba%e3%81%ab%e4%b8%80%e4%ba%ba%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%8b%e7%b5%b1%e8%a8%88%e3%82%92%e3%82%82/#st-toc-h-6

3人に1人の根拠は?

火のないところに煙は立たない‥さて、この3人に1人という数字はどこから出てきたのでしょうか?
それは年間婚姻件数約60万件に対して、年間離婚件数が約20万件である事から単純計算されています。
(余談ですが、IBJは数年前から目指していた日本の婚姻件数の1%をIBJで!を昨年達成した為(6,132組)、IBJの仲人であればこの辺りは詳しい数字です。)
ただ、婚姻数は今までの累積もあるようで、言われてみればこのロジックって強引過ぎると感じます。(まるで成婚率のような‥)

さて、今回の参照元さんでは実際の離婚率がどうなのか?を確認されています。
それによると、離婚している人はなんと「1,000人に1.66人!」という事、物凄い差が出ています。

これは厚生労働省が採用している離婚率の計算方法「離婚率 = 年間離婚届出件数 /10月1日現在日本人人口 × 1,000」によるものらしいので、ある意味正しいのでしょう。

一方で、周囲をみる限り「そこまで低い数字ではないような‥という気もします。」ここが東京だからでしょうか?
そして、そもそも厚生労働省の計算が届け出件数×2にしないと人口で割るのはおかしいような???

今回は独り歩きしている「3組に1組が離婚」を意識し過ぎないようにしていただきたいので、本件を取り上げました。

また、これは信頼できそうな数字!というのがありましたら、ご紹介させていただきますね。

将来を考えすぎず、今を頑張りましょう!!

☆会員様専用ページも充実!公式ページも是非、ご覧ください!!

▼ブライダルサポーター公式ページ
https://bridal-npo.org/

東京都新宿区西早稲田3-24-8 サンボックス5F
TEL:050-3526-5105

この記事を書いた結婚相談所

ブライダルサポーター

ブライダルサポーター

東京都新宿区西早稲田3-24-8 サンボックス5F

高田馬場駅から徒歩6分以上

https://bridal-npo.org/