メニュー

リボンマリアージュ青山 お見合い成立率100% ハイステイタスな婚活をサポート

お見合いの場所選びのポイントと注意点

  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み
  • お見合い
リボンマリアージュ青山「お見合いの場所選びのポイントと注意点」-1

目次

  • 近年のお見合いへの考え方
  • 基本的なお見合い場所選定の方法
  • お見合いの場所選びもノウハウ
  • お見合いの時の服装はスーツが良いでしょうか?
  • 結婚相談所リボンマリアージュ青山代表の大塚から一言

近年のお見合いへの考え方

リボンマリアージュ青山「お見合いの場所選びのポイントと注意点」-2

結婚相談所で入会された会員様に、担当カウンセラーが最初にアドバイスする大事な点が、お見合いのやり方です。

結婚相談所では、最初の出会いの第一歩がお見合いになる事は、このコラムで何度かご紹介してきました。

近年の若者世代は「お見合い」と聞くとちょっと古臭いと思う方が多いかもしれません。

逆に昭和世代の方々は「ア~お見合いね」とピンとくる方が多いと思います。

お見合いは、お相手との最初の出会いになると共に、もしかしたら将来の大事なパートナーになる可能性を十二分に秘めています。

従って、結婚相談所リボンマリアージュ青山は代表の大塚はじめスタッフ一同は、ご入会最多会員様にお見合いに臨む「イロハ」について徹底的にアドバイスを行います。

今回は、お見合いの場所選びについて、ポイントや注意点をご紹介します。

基本的なお見合い場所選定の方法

リボンマリアージュ青山「お見合いの場所選びのポイントと注意点」-3

結婚相談所に入会しますと、ご自身のパーソナルデータが日本結婚相談所連盟IBJのシステムに登録されます。

IBJとは業界最大手の結婚相談所の連盟になります。

男性女性共に、システムを利用してお相手探しから始めます。

システムに掲載されたお相手が気に入った場合に、お見合いのお申し込みをします。

お互いが合意すると、お互いが所属しています相談所の仲人(担当カウンセラー)がお見合い場所のセッティングを行います。

お見合いはオンラインではなく、実際に待ち合わせをしてお会いします。

そうすることで、お相手を直感的に深く理解できるからです。

お見合いの場所選定はどちらが決めるのでしょうか?

一般的には、お見合いを申し込んだ側とお受けした側では、お受けした方が場所指定を優先することが出来ます。

具体的に言うと、例えば女性会員様(都内在住)がお相手の男性会員様(横浜在住)にお見合いを申し込み、男性がお受けする事になったとします。

この場合、まず男性会員様が横浜駅周辺のホテルのラウンジでお見合いの場所を希望することが出来ます。

女性会員様は、ご自身でお申し込みをしてお引き受けして頂いたお相手ですから、横浜まで赴く事になります。

このルールは「男性だから」とか「女性だから」と言う概念はありません。

ただし、先ほど例に挙げた横浜在住の男性が仮にお相手の女性に、「私は横浜でなくても

都内でも構いません。

「例えば中間地点の品川辺りでいかがですか?」なんて気を使って頂いたら、グッと男性の好感度が上がると思います。

結婚相談所リボンマリアージュ青山の代表大塚は、特に男性会員様に常に「お見合いの成否は、お見合いが始まる前の心構えが重要」とアドバイスしています。

女性に気遣いができる男性の方が、女性からの好感度が高まると、交際に進展しやすいです。

それでは、実際のお見合いの場所はどこで行われるのでしょうか。

お勧めの場所は、「予約が出来るシティホテルのラウンジ」になります。

基本的に、ファーストインプレッションを交わす大事な場面ですから、雰囲気がとても大事にしたい所になります。

少し高級感のあるシティホテルのラウンジであれば、まず問題ございません。

お見合いの場所選びもノウハウ

リボンマリアージュ青山「お見合いの場所選びのポイントと注意点」-4

リボンマリアージュ青山では、過去に多くのお見合いの場所のセッティングを行ってきましたので、ノウハウが蓄積されています。

都心でお見合いに適している場所は、当社の会員様は、お気軽にご相談いただけます。

このようなお見合いの場所のノウハウを持っていることも、当社の強みです。

それぞれの会員様の希望や季節に合わせて、場所の設定から予約までアドバイスや代行をいたします。

値段が高くても予約できる場所を選ぶ

昨今、物価高やインバウンド効果で高級ホテルでのお見合い時に、お茶代が2人で5,000円の負担になってしま事があります。

お見合いのお茶代は、基本男性が負担することがマナーになっていますから、男性は大変です。

(このマナーは時代に合ってないかもしれません)

そのため、「シティホテルでのお見合いは、飲み物だけでも値段が高いのでいやだな」と感じることもあるかと思います。

しかし、予約が取れた方がスムースにお見合いが進むことは、言うまでもありません。

お見合いに臨むにあたり、お互いに待ち時間がなくストレスなく貴重な時間を費やすことが出来ます。

予約が取れない場所を選ぶ場合

時に予約がどうしても取れない、場所でのお見合いになる場合もあります。

そのような時は、30分くらい前に到着して席の確保をして、開始時間に入り口でお相手を迎えることが出来たらそのお見合いは成功に近づきますね。

休日はどこも混んでいることが多くなりました。

ましてやお見合いができるような雰囲気の良いところは、混んでいることが多いです。

特に男性側は、お相手の女性を気遣い、早めに到着して席を確保し、女性の到着をお待ちする気持ちが大事です。

お見合いで選んではいけない場所とは?

お見合いで選んではいけない場所は、チェーン展開しているカフェで待ち合わせて、席の確保が出来ずにマゴマゴしてしまうのは、NGになりますからお気を付けください。

チェーン展開しているカフェは、仕事をしている人が多く、話しづらい環境の場合もあります。

また、座席が混んでいることが多く、話しやすい席が空いているとは限りません。

チェーン展開しているカフェでのお見合いは、出来る限り避けてください。

お見合い場所で注文するメニューは?

見合いの場所はホテルのラウンジを中心に行われることは、上述しましたのでご理解いただけたと思います。

では、注文する「飲み物や食事は?」どうしたらよいか?」という疑問を持つ方もいますね。

基本はコーヒーか紅茶

お見合いの場合は、好みもあるかと思いますが、コーヒーか紅茶(季節によってアイス・ホットのチョイス有)など常識的な飲み物をしましょう。

また、稀ですが女性の方でケーキやパフェなどのスイーツを注文する方もいるようですが、お相手の男性との会話の中で理解を頂き、お互い合意の上でオーダーする事はアリだと思います。

予約のときに高額のセットの注文が必要な場合

最近、ホテル側の事情で、ケーキセットやアフタヌーンティーセットを注文した場合に限ってお席の予約が事前に出来るケースがあります。

高額負担になりお相手の相談所とよく相談の上決定しなければ、お茶代を負担するお相手男性に失礼になってしまいます。

ケースバイケースで要相談です。

お見合いでのお酒はNG

また、夜にお見合いをするときに、「お酒を飲んでも良いのか?」というご質問をいただくことがあります。

夜であれば少しくらいはお酒を飲むことは良いと思うかもしれませんが、お見合いの段階では、お酒類は控えましょう。

お見合いを経て、仮交際になったらデートの時に少しお酒を楽しむ様にしましょう。

お見合いの時の服装はスーツが良いでしょうか?

リボンマリアージュ青山「お見合いの場所選びのポイントと注意点」-5

お見合い時の男性の服装に関しては、カタすぎず、やわらかすぎずのコーディネーション、「ジャケパン」スタイルをお勧めしています。

スーツでお見合いして頂くのは問題ありません。

ただ、お相手の女性からすると、スーツよりも多少カジュアルなコーデの方がリラックス出来ると思います。

今回は、男性のお見合い時の洋服選びに触れましたが、以前のコラムで「婚相談所のお見合いでのルールとマナー」について触れていますので是非ご覧ください。

結婚相談所リボンマリアージュ青山代表の大塚から一言

リボンマリアージュ青山「お見合いの場所選びのポイントと注意点」-6

結婚相談所のお見合いは、結婚相手との出会いとなる最初の大事な場面です。

お見合いを申し込む側の方は、お見合いに最適な場所をどれだけ知っているかが、お見合いの成否を分ける要因の一つです。

リボンマリアージュ青山は、創業以来、多くの会員様のお見合いの場所のセッティングを行って参りました。

都内の有名ホテルでのお見合いは、ゴージャスで落ち着いた雰囲気で行われますので好評です。

しかし、昨今予約が取りずらくなってきたのも事実です。

そこで、長年、港区を中心に様々な事業を通じて培ってきた人脈や経験から、お見合いに

最適な穴場を開拓してきました。その場所をご利用になられ、お見合いを成功させる会員様が増えてきました。

真剣に結婚をお考えの皆様、是非青山のサロンに無料相談からお越しください。

こちらのページから、女性はこちらのページからご連絡ください。

この記事をシェアする