メニュー

リボンマリアージュ青山 お見合い成立率100% ハイステイタスな婚活をサポート

30代男性が結婚相談所で婚活する時年収はいくらあれば良い

  • 婚活のコツ
  • 結婚準備
  • 男性向け
リボンマリアージュ青山「30代男性が結婚相談所で婚活する時年収はいくらあれば良い」-1

目次

  • 30代男性の平均年収は?企業や業種別でみてみましょう。
  • 30代の企業規模別の平均年収は?
  • 30代のパワーカップルとは?
  • 結婚を考える女性は年収だけで判断しない傾向も?
  • 結婚相談所リボンマリアージュ青山代表の大塚から一言

30代男性の平均年収は?企業や業種別でみてみましょう。

リボンマリアージュ青山「30代男性が結婚相談所で婚活する時年収はいくらあれば良い」-2

今回のコラムは、結婚相談所に登録された男性の年代層で、一番モテると言われています30代の方々の年収について触れてみたいと思います。

女性の方からすれば、結婚して人生を共にするお相手ですから、男性の方の年収と将来性などが一番気になるかと思います。

結婚をした後の現実問題として、お相手男性の年収が高い方が、女性にとっては幸せな結婚生活ができやすいからです。

自営業(個人事業)をされている男性や弁護士や会計士などの士業を営む方々と、企業にお勤めのサラリーマンの比較では年収も変わってきます。

今回は、結婚相談所に登録される男性サリーマンの年収にフォーカスを当てて、30代男性が結婚相談所で婚活するときのモテやすい年収を考えてみたいと思います。

働き方の変化によって、大学を卒業して最初に勤務した企業に、定年まで勤める方はだんだん少なくなってきました。

キャリアや年収をアップしたい方々が転職して行く事は今の時代当たり前になってきました。

また、就職してから資格を取得して、30歳前後で全く違った仕事に就いていく方も増えてきました。

コロナの影響で、リモートワークの普及などで地方に移住したり、仕事への価値観が変わってきた昨今です。

その様な時代に女性の皆様は、将来を見据えて、一体いくらの年収があれば「結婚しても良い」と思うのでしょうか?

先ずは、厚生労働省が公表しています、令和3年賃金構造基本計画調査のデータから30代の男女別、企業規模、雇用形態などから見てみましょう。

民間企業に正社員として勤める30代の平均年収は、496万円になります。

また、所得税、住民税、健康保険料、介護保険料(40歳以上)、厚生年金保険料、雇用保険料などが実際の額面給与から差し引かれます。

年収の8割程度が手取り額になりますから、30代の平均的手取り額は397万円になります。

30代の企業規模別の平均年収は?

正社員で努めます企業の規模、従業員数によって比較してみました。

・10人~99人 約415万円 ・100人~999人 約476万円 ・1,000人以上 約586万円

企業の規模によって、平均年収に大きな差が出てくることが分かります。

大企業では中小企業と比べて労働生産性が高いので、お給料も高くなりやすいです。

10人~99人の会社に勤めている男性よりも、1,000人以上の企業にお勤めの男性の方が、お給料が1.4倍も高い計算になります。

大企業はお給料だけでなく、経営的に安定もしているので、一般的には大企業にお勤めの男性の方がモテやすい傾向にあります。

30代のパワーカップルとは?

リボンマリアージュ青山「30代男性が結婚相談所で婚活する時年収はいくらあれば良い」-4

上記の検証によって、30代の男性の平均年収が500万円ほどになりますが、女性からするとやはり物足りなさを感じてしまうのではないでしょうか。

結婚を考えている女性にとっては、年収が多高ければ多高いほど有難いのは、事実かもしれません。

しかし、最近では女性にとって働きやすい環境や制度が整ってきたこともあり、女性の社会進出が加速し共働き世帯が増えています。

ご夫婦の仲には、二人とも年収の高いカップルがいます。

そのように、夫と妻が共に高収入を得ている夫婦の在り様を最近では「パワーカップル」と言われるようになってきました。

では、「パワーカップル」の夫婦の年収はいくらかご調べてみますと、「世帯収入が1,000万円以上」と言う調査結果が得られました。

30代の男性の平均年収が496万円(上記)になっていますから、30代女性の平均年収が378万円になっていますから、合計が874万円です。

同世代の結婚であればもう少し頑張ると、いわゆる「パワーカップル」になりますね。

結婚を考える女性は年収だけで判断しない傾向も?

リボンマリアージュ青山「30代男性が結婚相談所で婚活する時年収はいくらあれば良い」-5

結婚を考える女性の中に、「年収だけで判断しない」という傾向も見受けられます。

結婚は、あくまでお相手の男性の様々な魅力が積重なって初めて愛情や信頼が芽生えるものです。

例えば、ご自身への優しさや思いやり、趣味やスポーツの共有、男性の仕事への熱意や社会貢献の度合い、ご家族構成、など色々ありますね。

幸せな結婚はお金が全てと言うわけではなく、男性、女性が結婚に対してそれぞれに求める価値観が多様化しています。

従って男性のお給料が平均年収を下回っているからと言って、結婚出来ないと言うわけではありません。

結婚相談所リボンマリアージュ青山代表の大塚から一言

リボンマリアージュ青山「30代男性が結婚相談所で婚活する時年収はいくらあれば良い」-6

結婚相談所を利用された方は、最初にデータベースに年収を登録します。

そのため、お相手の年収をほぼ正確に把握することが出来ます。

結婚して人生設計を思い描くわけですが、お子様を希望する方やしない方、将来親の介護が必要になる、趣味をもっと深めていきたい、独立して企業やお店を開業してみたい、海外に移住したいなど夢や現実が入交ります。

経済面は結婚条件で重要になる事が多いのが現実です。

ちなみに現在、結婚相談所リボンマリアージュ青山に登録されている男性会員様の平均年収は1,000万円以上のハイクラスな方が多いです。

様々なご要望をお気軽にご相談ください。

先ずは、青山のサロンに無料相談からお越しください。

結婚の無料相談は、男性はこちらのページから、女性はこちらのページからご連絡ください。

この記事をシェアする