メニュー

リボンマリアージュ青山 お見合い成立率100% ハイステイタスな婚活をサポート

キャリアウーマンが婚活するときの結婚しやすい条件は?

  • 婚活のコツ
  • 男性向け
  • 女性向け
リボンマリアージュ青山「キャリアウーマンが婚活するときの結婚しやすい条件は?」-1

目次

  • キャリアウーマンとは?
  • 女性は年収が上がると未婚率も増加する傾向に。
  • キャリアウーマン(バリキャラ)が求める男性像は?
  • キャリアウーマンと結婚するメリット
  • 結婚相談所リボンマリアージュ青山代表の大塚から一言

キャリアウーマンとは?

リボンマリアージュ青山「キャリアウーマンが婚活するときの結婚しやすい条件は?」-2

今回は、結婚を本気でお考えのキャリアウーマンに向けて、結婚相談所で婚活するときの結婚しやすい条件に付いて述べたいと思います。

昨今、キャリアウーマンという言葉は死語と言って良いと思います。

しかし、今や当たり前になってきていますパワーカップルの女性たちにとって、今や大きな味方になってくれた存在です。

もっと時代を遡れば、ウーマンリブ(Women's Liberationの略)は、1960年代後半から70年代前半にかけてアメリカでスタートし、全世界で女性解放運動が展開され始めました。

さて、キャリアウーマンとはいったいどんな存在でしょうか。

Wikipediaで検索しますと「女性長期賃金労働者」と表示されています。

もう少し解説を加えますと、専門的な職務遂行能力を活かして、長期に仕事に就く女性の呼称になります。

いかにも前時代的な考え方になっています。

おそらく、結婚よりも自身の仕事のキャリアを優先する価値観に重きを置いていたのだと推察されます。

しかし、そんなキャリアウーマンの方々だって本音は結婚したいと考えている方が多いのも事実です。

では、キャリアウーマンの方々の結婚しやすい条件を考えてみましょう。

女性は年収が上がると未婚率も増加する傾向に。

リボンマリアージュ青山「キャリアウーマンが婚活するときの結婚しやすい条件は?」-3

キャリアウーマンを今風に言い換えると、「バリキャリ」と言うそうです。

寿退社が当たり前の昭和時代から、平成、令和と時が流れました。

今の時代「バリキャリ」の女性は、結婚しても働くことに大きな価値観を持ち、お相手の男性も共働きに共感をしています。

しかし、「バリキャリ」の女性の方々の現実を見てみますと、年収が高い方ほど当然ですが責任感が強く、生活に困ることなく力強く生きています。

言い換えますと、男性の収入に頼ることなく人生を過ごしていく事が出来る訳です。

ある民間企業の調査によりますと、35歳~39歳の男女を見た場合、年収100万円代の男性の未婚率は60%で、女性の未婚率は30%になっています。

これが、年収600万円台になると、男性の未婚率は20%弱になるのに対して、女性の未婚率は40%に上がります。

つまり、女性の年収が上がると、結婚しなくても自立して生きていける事が実証されています。

また、そのように高い年収の女性は、男性並みに働いている可能性があり、結婚の機会を失ってしまうことも考えられます。

キャリアウーマン(バリキャラ)が求める男性像は?

リボンマリアージュ青山「キャリアウーマンが婚活するときの結婚しやすい条件は?」-4

自ら働きキャリアを身に着け、高収入を得る女性は、昨今当たり前になってきたことは既にお伝えして参りました。

では、そのようなキャリアウーマンが結婚を考えたときに、どの様な男性の方が理想なのかと言えば、ズバリ自分より「ハイキャリア、高収入、高学歴」になる事は言うまでもありません。

更に、家事も子育てもお互い分担してシェアしてくれる方を望むなど、周囲から見ると相当望みが高くなってしまいます。

しかし、いま述べたような男性陣は、言葉が過ぎますが、ほぼ売約済みになっています。

つまり、年収1,000万円の男性と年収500万円の女性との結婚はアリだと思いますが、その反対は中々例を見ないと思います。

ただし、「パワーカップル」なる結婚の新しいライフスタイルから考えますと、今後は女性が世帯の働き頭で、男性が従たる存在も当たり前になる時代が、もうそこまでやって来ているかもしれません。

実際に、そのようなカップルも少なからずいます。

キャリアウーマンと結婚するメリット

キャリアウーマンといった、高収入の女性の方と結婚するメリットは、生活する上で欠かせない条件の一つである経済的に豊かであることが挙げられます。

男性自身の収入に頼っていると、勤務地に遠距離通勤しなければなりません。

共働きのパワーカップルであれば、都心の湾岸沿いのタワマンに住んで快適な生活が送れるかもしれません。

また、お子様が誕生した場合、より教育環境の整った自治体に住み、経済的余裕を持ってお子様の教育費に充てることが出来ます。

男性にとって仕事は、結婚生活の中でも優先されるべきものと、考えてよいでしょう。

しかし、時に行き過ぎは夫婦の間に隙間風が吹き、最悪は離婚の危機を迎えてしまうなんてこともあります。

女性がバリバリ仕事を熟している夫婦の場合は、夫の仕事熱心な生活に理解を示し、更には相談相手になる事も出来ます。

仮に、夫が転職を考えていったん収入がダウンしても、女性側に十分な収入があれば男性の希望するキャリアを得ることが出来ます。

このような夫婦の関係は、これからの時代にマッチしており理想的な姿だと思います。

結婚相談所リボンマリアージュ青山代表の大塚から一言

リボンマリアージュ青山「キャリアウーマンが婚活するときの結婚しやすい条件は?」-6

今回は、ちょっと古い言い方になってしまいました「キャリアウーマン」の方々の結婚にまつわるお話をご紹介しました。

私自身、リボンマリアージュ青山の経営母体の株式会社カラーセレクションを、設立してお陰様で昨年20周年を迎える事が出来ました。

20年前は、まだ、女性経営者の数も少なく不安も多かったことを思い出します。

近年、女性の社会進出は当たり前であり、むしろ欧米に比べて日本は後れを取っています。

リボンマリアージュ青山では多くの女性の皆様が幸せな結婚をなさりました。

専業主婦の方もいれば共働き所謂「パワーカップル」の方々を送り出してきました。

起業して長い間仕事をしてきた私だから、キャリアウーマンの方に寄り添える婚活が出来ると自負しております。

先ずは、青山のサロンに無料相談からお越しください。

こちらのページから、女性はこちらのページからご連絡ください。

この記事をシェアする