メニュー

マリッジサロン Magical Net(マジカルネット) 結婚への最短距離!地方婚活に特化した結婚相談所

田舎婚活は不利なことばかり

  • 男性向け
  • 女性向け
マリッジサロン Magical Net(マジカルネット)「田舎婚活は不利なことばかり」-1

目次

  • 消えた若者で苦戦する田舎婚活
  • 会える距離に出会いのない田舎婚活
  • 田舎で30代男性年収700万円以上はあり得ない
  • ご案内

消えた若者で苦戦する田舎婚活

マリッジサロン Magical Net(マジカルネット)「田舎婚活は不利なことばかり」-2

「自然な流れで出会い大恋愛の末結婚したい」そんな希望もむなしくかき消されてしまうのが出会うことすらできない田舎です。

いざ婚活を始めようと周りを見渡すと、初婚年齢が低い田舎では既に結婚している人ばかりです。

市街地までは移動距離も長く日々の行動範囲が決められているようなものなので、新たな出会いを求めるにも厳しい状況といえます。

住民基本台帳人口移動報告2022年の転入超過数でも、新潟県はマイナス5,830人という結果で人口流出に歯止めがかからないようです。

田舎から都会の大学に行き卒業後もそのまま就職する若者たちはばかりで、地元に帰る人はほとんどいません。

なので、20代であっても出会いの厳しさを痛感してしまうところが田舎の環境です。

地方自治体でも少子化対策の一環として格安料金で婚活支援を行っていますが、イベントなど年に12回程度の開催でしかないのであまり期待できるものではないようです。

結婚を望まれるのであれば、自身から行動を起こさなければ何も変わりません。

年齢が増すごとに出会いの数が減るという現実を実感するだけだと思います。


会える距離に出会いのない田舎婚活

マリッジサロン Magical Net(マジカルネット)「田舎婚活は不利なことばかり」-3

婚活を始められる方は年々増えてはいますが、婚活をしたからと必ずしも結婚できるとは限りません。

田舎での婚活は都会と比べ出会える人の数が極めて少ないのです。

大抵の方はお相手を探す条件として、いつでも会える距離の人を望まれると思いますが、先ほどもお話ししたように田舎離れで都会へと人が流れてしまっているので「会いたい時にいつでも会える距離のお相手」を希望されていると、出会えるお相手が少なくなってしまうのが現状です。

都会で暮らしたいと思っている女性の割合が多い中での婚活ですので男性にとっては厳しいところではあります。

プロフィールが地方というだけで田舎暮らしの不便さを想像されてしまい敬遠されてしまうことも多いかと思います。

ですが都会であっても文句なしの最高の条件をお持ちの人は、まずお目にかかることの方が珍しいことなのです。

田舎だからと引け目を感じることはありません。

田舎暮らしを打ち消せる強みを見つけアピールすることが大切。

お相手探しのエリアも隣県に広げることが成功するための対策かもしれません。

田舎で30代男性年収700万円以上はあり得ない

マリッジサロン Magical Net(マジカルネット)「田舎婚活は不利なことばかり」-4

田舎や地方にお住いの女性が地元の方を希望するのはごく自然なことではありますが、相手に求める条件で収入だけは妥協できないと自らのハードルを上げてしまい出会いの視野を狭めてしまう方は少なくありません。

例えば30代の男性で年収700万円以上の方を地方で探すとなるといかに狭き門であるかを考えるべきだと思います。

参考のために年齢別給料の推移を載せてみました。

これは厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」の結果公表より幻冬舎GOLD ONLINEが算出されていたものです。

年齢別給料の推移

2024歳 月収218,500/年収3,271,800

2529歳 月収251,200/年収4,035,900

3034歳月収281,000/年収4,568,500

3539歳 月収312,500/年収5,086,500

4044歳 月収333,700/年収5,406,000

4549歳月収349,200/年収5,635,300

5054歳 月収364,700/年収5,877,500

5559歳 月収370,000/年収5,902,900

6065歳月収295,600/年収4,448,000

出所:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」より幻冬舎GOLD ONLINE算出※月収(所定内給与額)

上記よりあくまで平均給与ですので一概に言えませんが、30代の男性で年収700万のお相手探しは厳しいはずです。

都道府県別平均月収ランキング

 1位 東京都 

 2位 神奈川県 

 3位 大阪府 

19位 群馬県… 

25位 長野県… 

28位 富山県… 

31位 新潟県… 

36位 福島県… 

43位 山形県… 

出所:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」よりランキング

1位の東京都と31位の新潟県では月に100,000円もの月給差がありました。

だからと言って田舎や地方の男性は豊かではないということではありません。

物価等は地域により異なりますし、その人のライルスタイルによります。

田舎や地方在住の30代男性の年収が400500万円であれば十分満ち足りていると言えるのではないでしょうか。

ご案内

マリッジサロン Magical Net(マジカルネット)「田舎婚活は不利なことばかり」-5

圧倒的に出会いの少ない田舎婚活は、行動しない限り一生何も変わることはありません。

婚活したからと結婚できるわけでもありません。

まずは、出会いを増やせるよう母数を上げるためにも会員数の多い所で活動することをお勧めします。

そこから自分をいかに磨きだし都会のライバルに差をつけ活動していけるかが重要なポイントとなります。

 

当方は、厳しい田舎婚活を支え良いご縁を繋ぎたい一心で日々奮闘しています。

33年のおしどり夫婦歴からひも解く素敵な関係の秘訣!」など、婚活に役立つ情報を余すところなくお伝えしています。

婚活でお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

マリッジサロンMagicalNetでは無料出張型でご相談をお受けしています。

 

https://www.magicalnet.jp

この記事をシェアする