プロが教える婚活のコツ! お見合い・婚活 応援ブログ

お見合いでお断りされてしまう理由

2019.02.07 婚活のコツ

お見合いまでは進めたものの、次のステップへ進む前にお断りされてしまう…
という方も多いのではないでしょうか?

自分は好感触だと思っていても、実は相手にとってはそうでない場合が多くあります。
ここでは、お見合いで多いお断りの理由と気をつけるべきポイントについて紹介します。

お見合いでお断りされてしまう理由と気をつけるべきポイント

お見合いで、会話も弾み相手も楽しんでいるように見えたけれど、なぜかお断りされてしまうという場合もあるでしょう。これが一度や二度ではなく、何回もお断りされてしまうような場合は、自分に原因があるのかもしれません。

例えば、気遣いが上手で優しい男性であったとしても、いざという時に決断力がなければ優柔不断と思われ、お断りをされてしまう場合もあります。また、自分のことも上手くアピールできて手ごたえを感じたお見合いであったとしても、相手にとってはそうでない場合もありますよね。

お断りの理由について、相手に深く聞くことはできないため、自分で間違いに気付くことは難しいかもしれません。
まずは、自分だけがお見合いを楽しむのではなく、相手に楽しんでもらうと考えながら進めていくことが大切です。

女性からお断りされてしまう理由

1・自分の話だけをする(相手の話を聞かない)

お見合いをお断りされてしまう理由でありがちなのが、自分中心の会話になってしまうことです。例えば、スポーツやアウトドアが趣味だったとします。自分の得意なことやカッコイイ姿を相手に見てもらいたいと思うかもしれませんが、相手にとっては興味もなくつまらないと感じる場合もあります。

また、自分の話ばかりで相手の女性の話を聞かないという場合も、お見合いをお断りされてしまう原因の一つです。

男性と女性では感じ方に違いがあります。女性は自分の話を聞いてくれる人や共感してくれる人に好感を持ちやすいと言われています。お見合いでは、話の内容や聞く姿勢なども意識して会話を進めていきましょう。

2・オドオドして自信がない

話をしている時に目を合わせなかったり、常に不安な表情をしていたり、オドオドしている男性を見ていると女性も不安になります。

これは、自信のなさが相手の女性に伝わってしまうからでしょう。例えば、初めての交際で緊張してしまいなかなかデートへ誘えなかったとします。デートへ誘ってもらえない女性はどう思うでしょうか?
初めのうちは気持ちが相手に向いていたとしても、「嫌われているのかな?」「ほかに気になる人がいるのかな?」などと、徐々に気持ちが離れてしまう可能性も考えられますよね。

アクティブではないおとなしいタイプの男性であっても、いざという時に頼れる男性なら女性は安心して一緒に居られます。
まずは、不安な気持ちを表に出さず男らしい印象を残していきましょう。

3・清潔感がない

お見合いで一番重要なのが、見た目の清潔感です。外見だけがすべてではないですが、ここがクリアできなければ、お見合いが上手くいくことは少ないです。

どんなに優しくてルックスが完璧な男性であっても、きちんとすべき場所で着ている服や髪型が乱れていたら女性は一気に気持ちが冷めてしまいます。

将来の結婚相手を探しているのですから、服装だけでなく、靴やバッグ、爪やヒゲなどの隅々まで女性はチェックしていますよ。

服装やニオイなど身だしなみに気を付けることは、お見合いのマナーです。
お見合いに限らず普段から自分の服装や身だしなみを念入りにチェックする習慣を身につけることをおすすめします。

4・フィーリングが合わない

写真やプロフィールで相手を選んでからお見合いをする場合であっても、実際にお会いして、「何か違う」「何となく合わない」などの理由でお断りされてしまう場合もあるでしょう。

これは、自分に原因があるのではなくフィーリング(価値観)や感性的な違いで上手くいかないこともあります。自分が良いなと思った相手でも、相手の気持ちがこちらに向いていなければ次に進むことは考えにくいです。

この場合は、「縁がなかった」と気持ちを切り替えて根気強く婚活を続けていくことが大切です。

男性からお断りされてしまう理由

1・家庭的な雰囲気を感じない

家庭的な雰囲気の女性を結婚相手に選ぶ男性はとても多いです。例えば、落とし物を拾ったりさっと片付けができたりする女性は家庭的なイメージを持たれやすいですよね。
女性のちょっとした気遣いで、「結婚したら温かい家庭が築けそうだな」などと、良い印象を残すことも可能です。

また、料理や掃除があまり好きではない場合であっても、料理や掃除が嫌いですとハッキリ言ってしまう女性よりも、「料理や掃除は苦手ですが頑張ります。」と、前向きな姿勢を見せるほうが良い印象を与えます。

2・笑顔が少ない(楽しそうに見えない)

お見合い中に相手の笑顔が少ないと、「嫌な思いをさせてしまったかな?」「つまらないのかな?」などと不安になりますよね。

場合によっては、「相手を喜ばせる自信がないから」という理由で男性側からお断りされてしまう場合もあるかもしれません。

笑顔が少ないからという理由だけで婚活が上手くいかないのは損です。笑顔の素敵な女性は、明るい家庭を連想させるのでお見合い相手にもモテる傾向がありますよ。
笑顔が苦手という場合は、鏡の前で口角をあげる練習をしてみましょう。お見合い相手には、なるべくニコニコした明るい表情を意識し楽しく過ごすことが大切です。

3・服装などが派手

お見合いをする際、ワンピースやスカートで参加する女性が多いと思うのですが、色や柄、丈などがあまりにも派手な服装の場合は、相手から「結婚相手ではないかな」と思われてしまう場合があります。

例えば、丈の短すぎるスカートや胸元が開いた服装などは下品な印象を与えてしまう可能性があるため避けたほうが無難です。
また、ショッキングピンクや紫、蛍光色なども奇抜で派手な印象を与えてしまうため、お見合いには相応しくないでしょう。

同じワンピースやスカートであっても、色や柄、丈などで与える印象もガラッと変わります。女子アナのように、清楚で可愛らしい服装やシンプルなネイルなどがおすすめですよ。

まとめ

お見合いでは、自分が好感触だと思っていても、相手にとってはそうでない場合もあります。

大切なことは、自分が楽しむことだけでなく、相手の女性が楽しんでくれているかどうかです。
まずは、上記のポイントを参考に次のお見合いを成功させましょう。

================
日本結婚相談所連盟(IBJ)おすすめ!
◆ 自分に合った結婚相談所を探す ≫
◆ 婚活カウンセラーブログをCHECK ≫
================

好感度アップ!お見合いで女性を上手に褒めるコツ

お見合いランチの相場とデートのポイント