メニュー

エターナル リング 「永遠の愛」 あなたも一緒に見つけてみませんか

「婚活」「結婚」を社労士として真面目に考察する

  • 婚活のお悩み
  • 男性向け
  • 女性向け
エターナル リング「「婚活」「結婚」を社労士として真面目に考察する」-1

目次

  • 未婚率上昇・少子化の現状
  • 当相談所のできること

未婚率上昇・少子化の現状

エターナル リング「「婚活」「結婚」を社労士として真面目に考察する」-2

エターナルリング 代表 畔柳です


新年のごあいさつが大変遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。

昨年は私自身、社会保険労務士として独立開業しましたが、今年は使命として「未婚率の上昇」や「少子化」について歯止めをかけたい、少しでも自分にできることはないのかと思い、結婚相談所も活動していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。


さっそく本題に入りますが、政府はようやく少子化対策に本腰になって政策を発表するようになりました。


・児童手当、子供支援金
・教育無償教育無償化
・産休・育休制度(年々拡充)
など、徐々に対策を講じるようになりました。
(といっても充分なものかどうかは?ではありますが)

現状では特に子育て支援(ママ支援)を中心に重心が置かれていますが、その一方で、未婚の方、特に未婚男性の対策は、ほぼ皆無と言っていいと思います。

むしろ、少子化対策を行うのなら、究極的にいうとまずは「結婚」を増やさないと根本的に解決しないのではないかと私自身も肌で感じるようになりました。

近年では、結婚しなくても子供を授かるという考え方(婚外子)も出てきていますが、現実的にそれは西洋中心に広まっている考え方であって、日本では法律的な面も充分でないことから婚外子率は2.3%(2020年)と少なく、現状では「結婚しないと子供が生まれない」と図式になります。

私自身、社労士であり、FPでもあり、結婚相談所も運営している立場から、いろいろなお客様からのご相談を受けておりますが、そこで普段感じていることは、産休育休制度はもちろん大事、お金(子供支援金や教育無償化など)のことも大事、ただもっと大切だなあと思うのが、少子化の原因は「結婚数の減少」を食い止める→「結婚数を増やす」ことが一番の肝なのではないかと思います。

ただ、「結婚できない」「結婚したくない」という人が多いのにはいろいろな要因があって、大きな要因としては「将来の不安」、特に「お金の不安」があると思います。

・賃金が上がらない
・物価の上昇
・コロナ化による出会いの場の減少・二極化
(出会える人はネット上でも出会いの場を増やし積極的に活動しているが、実際にそうできている人はごくわずか、少数派)

その中で、自信をなくしている方や、一歩を踏み出せない方々に、ひとつひとつ不安を取り除き、少しでも元気を与えたいということで、出会いの場を提供していければと思います。

当相談所のできること

エターナル リング「「婚活」「結婚」を社労士として真面目に考察する」-3

結婚相談所は全国にたくさんあるかと思います。
その中でも私の相談所の売りとしましては


・6か月以内での早期成婚を目標にアドバイス
・私自身がこれまで学んできた心理学・統計学を駆使して、優位性選択でより成功の確率を導き出します
・私自身が結婚相談所利用経験あり、そこでの経験・失敗等を現在に生かして運営しています
・FPとしてお金の相談アドバイスができます
・社労士として仕事や労務キャリアアップ等のアドバイスができます


初回ご相談は無料となっておりますのでお気軽にご相談ください
無理な勧誘は一切行いません。自分の人生を左右する決断事ですので
じっくりと考えて自分に最適な選択を行っていただければと思います。


それではご清聴ありがとうございました。

この記事をシェアする