お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

お見合いの決め手は何?相手を見極めるポイント

2018.11.21 婚活のコツ

結婚相談所に入会し何度もお見合いはしたけれど、どうしても相手を決められないという女性も多いのではないでしょうか。

見極めるポイントを知れば、きっと相手の男性と向き合うことができます。ここでは、お見合い結婚の決め手と相手を見極めるポイントについて紹介します。

相手を決められない理由は何?

相手の男性からご好意はあるものの、その人と真剣にお付き合いをして良いのか悩んでしまうこともありますよね。

相手を決められない理由は様々ですが、理由として特に多く見られるのが以下の2つです。お見合いに対し運命的な出会い(ときめき)を求めている場合と、今いる相手に向き合うのではなく、まだ見ぬ相手に期待している場合です。

・運命的な出会いを求めている
・今後の出会いに期待している

お見合い結婚の決め手とは

結婚相談所のお見合いにおいては、たった1回のお見合いで相手に運命を感じる人もいれば、デートを重ねるうちに相手に対する気持ちが大きくなり結婚する方もいらっしゃいます。

結婚の決め手がわからず前に進めないという方は、相手との結婚生活をイメージするのもおすすめですよ。例えば、「自分のことを理解してくれるこの人とだったら、結婚生活でも良い関係を築いていけるかも」などと、気持ちが前向きになれるのであれば、それも結婚の決め手になるのです。

皆さんが思っている以上に、結婚の決め手はとてもシンプルなものが多いです。

1・安心できる

結婚相手は生涯を共にするパートナーです。ですから、安心感を与えてくれる存在は結婚生活をするうえでとても大切なことなのです。

例えば、優しくて誠実そうに見える男性であったとしても、店員に対し上から目線で話しかけるような人は一緒にいても居心地が悪く恥ずかしいですよね。

誠実な人は誰に対しても平等で横柄な態度をとることはありません。心が落ち着いている方は、一緒にいて安心感がありますよね。一緒にいて楽しいと思えることも大切ですが、安心できるかどうかを結婚の決め手にするのもおすすめです。

2・価値観や考え方が似ている

性格の不一致は価値観の相違とも言われていますよね。価値観と一言でいうとちょっと難しいかもしれませんが、考え方や行動、お金の使い方、趣味など、なるべく自分と似ているところがあったほうが、理解しあえる場合もあります。

お見合いは、一般的な恋愛と違いプロフィールで相手を選ぶこともできるので価値観が似ている人を見つけてみるのも有効です。

また、何度か会ってみて「性格が合う」「話が合う」「一緒にいて気が楽」などと、印象が良いのであれば真剣にこの先の交際を考えてみるのもおすすめです。

相手と向き合うことで、初めてその人の良さに気がつくこともありますよ。

3・経済力がある(安定している)

経済力があるかないかも結婚の決め手となります。年収が多い・お金持ちという意味ではなく、安定した収入があるかどうかです。

例えば、年収2,000万の男性と結婚したいと願ったとしても、現実的に考えて出会うのは難しいですよね。年齢により年収額も様々ですが、300万~600万程度の年収の家庭が一番多いのではないでしょうか。

安定した収入があれば普通に生活は成り立つものです。理想の相手と出会い結婚することも良いですが、もう少し現実的な結婚生活をイメージして自分に合った相手を見極めていくことも大切ですよ。

結婚相手を見極めるときの注意点

デートを重ねるのは大切ですが、進展もなくダラダラとお付き合いをしてしまうと時間を無駄にするだけでなく相手に対し失礼にあたる場合もあります。なるべく短い期間で相手を見極めて互いに効率の良い婚活を進めていきましょう。

結婚相手を見極めるときは、見た目で判断するのではなく、相手をよく知ったうえで決めると良いですよ。例えば、自分の好みではないからといってすぐにお断りをしてしまうと出会いを減らすことになるので勿体ないです。
何度も会っていくうちに相手の性格や考え方などがわかり、意気投合してそこから交際や結婚へ至るケースもたくさんありますよ。

1・今、出会っている人と真剣に向き合う

出会いが多いほど素敵な人に出会う可能性がアップすることは確かなのですが、見極めるポイントやタイミングを間違えると、せっかく出会えた素敵な相手さえも遠ざけて結婚を逃がしてしまう場合もあります。

じつは初めてのお見合い相手と結婚された方も中にはいらっしゃいます。
お見合いで大切なことは、一人ひとりと向き合い目の前の相手を真剣に考えてみることです。まずは、相手の良いところを見つけて将来の結婚生活を重ねてみてください。
そうすることで、「この人は失いたくない」「一緒にいたい」などと、自分の中のあらたな気持ちに気がつくこともありますよ。

2・顔・容姿・学歴・職業・年収にこだわりすぎない

婚活をしている方たちは、相手を見た目で判断してはいけないことをわかっています。ですが、肝心な相手の中身をちゃんと知ろうとしていますか?

理想の条件を持つことは大切ですが、1つのことにこだわりすぎてしまうと、せっかくの出会いを遠ざけてしまう場合もあります。

例えば、偏差値の高い大学を卒業した高学歴の方もいれば、最終学歴は中学だけれど立派な職に就いてバリバリ働いている方も存在しますよね。とても努力家で素敵なことだと思います。

まずは、こだわりは置いておき視野を広げてみると良いですよ。
どんな人でも、最終的には人間性でその人の価値が決まるのではないでしょうか。

お見合いで「最初から好き」という気持ちは重要ではない

お見合いをしたけれど、どうしても交際まで進む気になれないという場合は、お互いをよく知る前から恋愛感情や「好き」という気持ちを求めている可能性も考えられます。

そもそも、お見合いは始まり方からして一般的な恋愛とは違います。恋愛は、互いに「好き」という気持ちがあって交際へ発展しますが、お見合いは、「気になる」という気持ちがあれば、交際へ進むことは普通のことなのです。

結婚相談所のお見合いは、結婚をしたい者同士が互いにパートナーを見つけるために行っています。ですから、「最初から好き」という気持ちはそれほど重要ではないのです。

まとめ

お見合い結婚の決め手は人により様々です。一人ひとりときちんと向き合っていけば、きっと素敵な出会いがあるはずです。
まずは、相手のことを良く知ったうえで、結婚できるかどうかを見極めていきましょう。

お見合いで人気の時間帯は午前中?

お見合いの申し込みでOK返事をもらうためには

カテゴリ
月別アーカイブ

2018年

  • 男の婚活
  • 自分に合った結婚相談所を探す
  • 成婚者インタビュー