婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】婚活カウンセリングのリアルラブ

『おとちん』から、夫婦になることの覚悟を学ぶ!(後編)

婚活カウンセリングのリアルラブ「『おとちん』から、夫婦になることの覚悟を学ぶ!(後編)」-1

何とか「ふつう」であろうともがいた夫婦の心の軌跡。

婚活カウンセリングのリアルラブ「『おとちん』から、夫婦になることの覚悟を学ぶ!(後編)」-2

こだまさんの著書『おとちん』は、何とか「ふつう」であろうともがき苦しんだ夫婦の心の軌跡を描いた私小説。
こだまさんは小さな頃から「ふつう」から見放されていると感じていました。
まるで何者からか呪われたように。

男性器が「入る・入らない」という暗喩(メタファー)に何を読みとるかは人それぞれだと、きのう書きました。
私たちが生きてきた軌跡の中で、どれだけ物事を真摯に考えたか。
人間としての力量というか、器量というか、もう「人間力」ですかね。
読者が試される感じがあります。
もっというと、向き合う覚悟が問われる。
「一生に一度しか書けない文章」と評した評論家がいましたが、鬼気迫るものがあります。
その意味ではとても不器用ですが、至極真っ当な方でもある。

私は何もしていない。
誰の役にも立っていない。
夫のちんぽも入らない。
存在する意味を見出せないまま、いたずらに時間だけが過ぎていた。
(略)

私たちは性交で繋がったり、子を産み育てたり、世の中の夫婦がふつうにできていることが叶わない。
けれど、その「産む」という道を選択しなかったことによって、「産む」ことに対して長いあいだ向き合わされている。

果たしてこれでいいのか、間違っていないだろうかと、行ったり来たりしながら常に考えさせられている。
皮肉なものだと思う。
(略)

この年に血の滲む思いをしたのが、私たちの最後となった。
翌年からは正月に宿泊しても交わることはなくなった。
どちらから言ったわけでもないけれど、手や口ですることも、身体に触れることも一切なくなった。
すべての性活動が終了した。

「ふつう」からの逃走の果てに見つけた彼女なりの自由!

主人公には一時期、教職に就いていた過去があります(夫は現職)。
その時のトラウマめいた体験や、性的な逃避や、夫と向き合うことからの逃避の果てに、彼女が見出した境地は次のようなものでした。

別に共感しなくていい。
どちらが正しいか白黒をつけなくていい。
そういう人も存在する、と知るだけで充分ではないか。
せめて自分と違う選択を頭ごなしに否定しない人間でありたい。
自戒を込めて、そう強く思った。
(略)
私たちは不運だったかのしれないけれど、決して不幸ではない。

読者の皆さまはどう読みましたでしょうか?
ついつい自分基準の「ふつう」や、常識から他人をジャッジしがちな、偏狭な自分が私の中にも確実にいます。
そして、文庫版のあとがきに収録された、こだまさんの次の一節にくぎ付けになりました。

私は、私のことを一度も好きになったことがなかった。
生まれてこのかた、自分の心も容姿も「醜い」と思って生きてきた。
親がそう言うのだからそうなのだろうと思っていた。
だから、自分を責めてばかりいた。
この好きになれない身体から出てくる子供を、好きになれる気がしなかった。
自分自身を痛め付けたように、子供にも同じことをしてしまうだろう。

ここまで明瞭に言語化できなくても、同じような想いを抱いている婚活中の方たちは、実は案外多いのではないでしょうか。

婚活で、あなただけの結婚の動機を探す旅を!

リアルラブにも40を2、3歳過ぎてから、飛び込んでくる方が多いので、身につまされました。
ご自分の生き辛さの源がどこにあるのか?(ここまで深刻でなくても)
本書は考えるヒントにはなると思います。

アドラーのいう縦の関係じゃない水平な横の関係、それを対等さと言います。
この夫婦が最後にたどり着いた境地は「対等さ」だと思いました。
ひとつは、世間が押し付けてくる「ふつう」との対等さ。
ふたつ目は、彼女の夫との対等さ。


  そして婚活で大切なことは、実は、対等さを手に入れたその先の、選択の問題。
「選択は自由なんだ!」という実感を手に入れることなんです。
いやいや、選択は自由なんだと受け容れられてはじめて、対等さが手に入るのかも。

結婚してもいいし、結婚しなくてもいい。
赤ちゃんを産んでもいいし、産まなくてもいい。
それが悦びなら、セックスする夫婦がいてもいいし、そうでないなら、しない夫婦がいたっていい。
人は本来自由ですし、誰も無理強いなんかできない。
義務や犠牲と、愛は紙一重です。
「べき」の枠が外れ、タガが緩んだとき、その桎梏からあなたの心が解放されたとき、本気で「結婚したい」と感じるかも?
そこの可能性だけは捨ててほしくないのです。

このまま一人で朽ちてゆくのは寂しい。
会社なんか辞めてしまいたい。
結婚の動機はなんだって良いのです。
本当の本当の、あなたが生きるモチベーションがどこにあるのか?
それはあなたにしか分かりません。

靴の固結びを解いて、隙間を作ってあげることです。

隙間ができると、
「一緒に生きていくパートナーがほしい」
「信頼できる誰かと一緒に生きていきたい」
そういう気もちが入ってくるから、人は、人生は不思議です。
その選択の自由をどう行使するかは、人それぞれですし、私たちの選択責任に掛かっています。
大人になるとはそういうこと。

両親に対してだけじゃなく、性の問題や結婚、産む産まないという人生の大きな選択の問題は、ひとりで抱えていてもなかなか解決しないケースが多いです。

本書を読みながら、そんなことを考えました。

(つづきは次回)#277

「『おとちん』から、夫婦になることの覚悟を学ぶ!(前編)」:#276
https://www.ibjapan.com/area/tokyo/73022/blog/40078/

30分間3000円の体験カウンセリングとは?

婚活カウンセリングのリアルラブ「『おとちん』から、夫婦になることの覚悟を学ぶ!(後編)」-5

入会検討される皆さまへ

リアルラブは、入会検討時に「30分3000円の体験カウンセリング」を提供しています。
これまでの交際体験をお聴きした後、繰り返される心理パターンを一緒に探ります。
必要でしたら、幼少期の親子関係、家族関係までさかのぼって、愛着パターンの原型や、そこから派生した性格傾向を見極めます。
また、過去に似たパターンを持った会員の方の事例を参考にしつつ、対策や目標を立て、入会&登録の詳しい説明をさせて頂きます。
全部で約90分掛かりますので、余裕を持ってお越しくださることをお薦めします。

*入会は希望せずに、時間を延長してのウンセリングを受けたい方は、通常料金によるカウンセリングの提供に変更可能です。
*入会を希望し、ただし登録しての活動を希望されない方は、カウンセリングのみを受け続けられるリアルラブ独自の「コンサルティング会員」制度があります。

IBJに登録しての活動への切り替えはいつでも可能です。(料金は差額を頂戴します)
*Zoom、Skype、Lineなどのオンラインでの対応が可能です。
メールでその旨お申し出ください。
折り返しこちらから必要なログイン情報をお伝えします。
使ってみると案外かんたんで楽しいですよ。

*詳細はリアルラブのサイトをご覧ください。
https://www.reallove.to/index.html

皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。

  • 成婚エピソード
  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み

この記事を書いた結婚相談所

婚活カウンセリングのリアルラブ

婚活カウンセリングのリアルラブ

東京都渋谷区恵比寿1-15-9日宝恵比寿ビル306

恵比寿駅から徒歩2分

https://www.reallove.to/