婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】婚活カウンセリングのリアルラブ

母親に悩みを打ち明けるなんてできません… #153

婚活カウンセリングのリアルラブ「母親に悩みを打ち明けるなんてできません… #153」-1

母はこうあるべきが強くて。悩みを打ち明けたことがない。

こんにちは。
東京・恵比寿の「婚活カウンセリングのリアルラブ」カウンセラーひろです。
きょうの「婚活一日一善」をお送りします。


登録してのお相手探しを始めたミッチーさん。
30代半ばの独身女性です。
前回は、過去の恋愛を扱ってみました。
#152「相手から『もう終わりにしよう』と言われてしまう。」
https://www.ibjapan.com/area/tokyo/73022/blog/32582/

惚れられて男性から声を掛けられ、さいしょは大事にされ、盛り上がるのですが。
恋人関係になると、なぜか盛り下がって、男性が離れてゆきます。
別れてから「ほんとは、あの人と結婚したかったんだ」と悔やむ同じあやまちを、2度3度と繰り返しています。

 その時、彼女の内面でなにが起こっていたのか?

わたし「ご両親との関係はどうですか?」
ミッチーさん「母とは仲がよいです。」
わたし「お父さんとはどうですか?」
ミッチー「父とは距離があります。子供のころは好きでした。可愛がられた記憶が残っています。」

わたし「いまはそうではない?」
ミッチー「そうです。あることで父とぶつかって、それが原因で家を出ましたので。」

わたし「なにがあったのか話してくれますか?」
ミッチー「きっかけはごく些細なことでした。前から父の干渉がひどくて、ある日わたしの人格を否定するようなことを言われたのが原因です。」

わたし「もう無理!となったのですね。」
ミッチー「はい。ある時から父の言葉遣いが乱暴になって、嫌だなと思っていたんです。」
わたし「なにか思い当たることがありますか?」
ミッチー「父の定年退職を前に、母との口論が増えた気がします。」

わたし「ご両親の仲はどうでしたか?」
ミッチー「ほかの家を知らないので比較できないのですが。良くも悪くもないのでは。」

わたし「どういうことですか?」
ミッチー「なぜ一緒に住んでいるのかわからないなと思う時があって。共同生活者みたいな。夫婦ってこんな感じなのかなと子供の頃から思ってました。」

わたし「そこになにか悲しみというか、怒りも感じられます。」
ミッチー「(涙ぐむ)いまでは、あきらめに近いと思います。」

わたし「なんとかしようとして、がんばって来たのですね?」
ミッチー「(うなずく)20歳くらいまでです。その後は、わたしが社会に出るようになってからは考えなくなりました。」
わたし「社会に適応するのに精一杯だった?」
ミッチー「はい。わたしはあまり器用な方じゃないので。人間関係が。」

わたし「お母さんとは距離がちかいと言ってましたね。」
ミッチー「母のことは尊敬しています。社会的にもがんばってる。人から尊敬される職を持ち、ボランティアもやってますし。わたしがいまの職についたのも母のアドバイスがあったから。」

わたし「すこし寂しそうに聴こえるのはなぜでしょう?」
ミッチー「母はこうあるべきが強くて。子供の頃から悩みを打ち明けたことがない気がします。」
わたし「気もちでつながっていない?」
ミッチー「感情的になると軽蔑する人なんです、母は。父とのいさかいの原因もそこだと思っています。」

成長したいです。幸せになった姿を母に見せて安心させたい。

わたし「いま、感情が出てきていますね。」
ミッチー「理想論で言われても。そうじゃないんだよ、とこころの中で毒づいてました。でも母には反抗する気にはなれなかった。家が崩壊してしまいますから。」

わたし「あきらめがあるのですね。」
ミッチー「小学の頃の早くからあきらめてました。お友だちのお家に遊びに行って、彼女と母親が、まるで歳の離れた友だちのような。衝撃的でした。」

わたし「あなたの痛みに触れたのですね?」
ミッチー「・・・(泣く)」
わたし「あなたのお顔の表情に、うれいがある原因がわかった気がします。寂しかったのですね。」

ミッチー「母とは、物心ついてから、触れ合ったことがほとんどありません。」
わたし「直接触れあうほど、親密な感情が生まれますからね。お母様自身が、人に甘えるのがヘタな方なんでしょう。」
ミッチー「そう思います。父に甘えてる姿は見たことがありません。」

わたし「お母様を責めても、誰も幸せにはなれません。あなたはそういう気もちを抱いた娘としての自分を責めてはいませんか?」

ミッチー「わたしをですか?そういう発想はなかったです。」
わたし「両親の仲が悪いのは自分のせいだと思っていませんか?」
ミッチー「・・・だからなんとかしようと思ったのですね。でも失敗した。自分を責めてるかもしれません。」

わたし「いまからでも遅くはありません。お母様をゆるして、自分自身を解放することだってできますよ。」
ミッチー「ただ母の笑顔が見たかったんですね。母の笑った顔を見たくて・・・(涙)。」

わたし「自分を責めてると、自分が罪人のように感じます。死んだような・・・自分にはなんの価値もないと。」
ミッチー「無価値観とか、無力感にはよく襲われます。」

わたし「大事なことは、あなたが自分を責めていると、人からの愛や贈り物を素直に受けとれないことなんですよ。」
ミッチー「たしかに受けとりベタです。お祝いされたり、プレゼントされるのは苦手です。素直に喜べなくて。お返しをどうしようか考えてしまったり。」

わたし「起きたことは変えられませんよ。私たちにできることは、気づきを得て、過去を学びに変えていくことだけです。」
ミッチー「なにか大きな勘ちがいをしていた気がします。」

わたし「気づいたら、学びに変えてゆく。こんどは交際相手の方にその体験を生かして、一緒に成長していくことができますよ。」
ミッチー「もう同じ失敗は繰り返したくありません。」

わたし「寂しさや、自分を悪いと思う気もちの反動から、相手に過剰につくしていたのですね。お相手の方はあなたから借金をしているような気もちになって、とても愛されている気分にはなれなかったと思いますよ。」

わたし「愛し愛される成熟した関係を築くと誓ってくれますか?」
ミッチー「成長したいです。そして幸せになった姿を母に見せて安心させたいです。」

わたし「こんどこそお母さんの笑顔が見たいのですね?」
ミッチー「そのためなら、なんでもやれる気がしてきました。」
わたし「お父さんも忘れずにね!笑」
ミッチー「(笑)忘れるところでした。」

(つづきは次回)

追伸
リアルラブのサポートを必要とする方は、体験カウンセリングをお申し込み下さいね。

30分間3000円の体験カウンセリングとは?

婚活カウンセリングのリアルラブ「母親に悩みを打ち明けるなんてできません… #153」-4

◎結婚を真剣に考え、リアルラブへご入会検討の皆様へ~
リアルラブは、ご入会検討時に「30分3000円の体験カウンセリング」を提供しています。 

今までの男女関係をお聴きしたあと、なぜそのパターンが作られたのか?
幼少期の親子関係・家族関係までさかのぼり、あなたの愛着パターンの原型や、そこから生まれた性格傾向を見極めます。
また、過去リアルラブの会員で似たパターンを持った方が、どんな風に成婚して行ったのか?ご紹介させていただきつつ、 その後入会&登録のご説明を行う流れです。
(トータルで90分近く掛かりますので、余裕をもってお越しくださることをお薦めします)

*入会は希望せず、時間を延長してカウンセリングを続けたい方は、通常のカウンセリングに変更も可能です。

Zoom,Skype,Lineなどオンラインでの対応も可能です。

メールでその旨お申し出ください。
折り返しこちらから「Zoom招待メール」やIDをお送りします。

案外かんたんですよ。

*入会しても登録しての活動を希望されない方は、カウンセリングのみを受け続けられるリアルラブ独自の「コンサルティング会員」制度があります。
IBJに登録しての活動への切り替えはいつでも可能です(料金は差額を頂戴します)。
*詳細はリアルラブのサイトをご覧ください。

https://www.reallove.to/index.html

*お申込み&お問い合わせは

https://www.reallove.to/contact/

*人気の結婚診断
https://www.reallove.to/kekkonshindan.html

◎リアルラブのアメブロ:婚活情報や、エニアグラム(性格学)情報など盛りだくさんです。

https://ameblo.jp/reallove/

  • 成婚エピソード
  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み

この記事を書いた結婚相談所

婚活カウンセリングのリアルラブ

婚活カウンセリングのリアルラブ

東京都渋谷区恵比寿1-15-9日宝恵比寿ビル306

恵比寿駅から徒歩2分

https://www.reallove.to/