婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】婚活サロン・ロータスマリッジ

漠然とした不安を抱えていた私に気づいてから

婚活サロン・ロータスマリッジ「漠然とした不安を抱えていた私に気づいてから」-1

不安の正体は『独身であること』

実は、不安の正体にはぼんやりとですが気づいてはいました。
その最も大きな1つは『独身であること』です。
 
しかし、その不安要素を紛らわすために当時私がやっていたことといえば、
ネットで『結婚』『アラサー』『婚活』などのキーワードを検索し、
ブログを渡り歩くことくらいでした。
 
そんな日常の中、2年間ダラダラと続いていた未来のない恋愛に
ようやく別れを告げるという出来事が起きました。

彼との別れで、ぼんやりとしていた不安要素がより現実的になり、
いよいよ『絶望的に不幸せではない』状況を目の当たりにする時がきたのです。

そして、今の『絶望的に不幸せではない自分』は

本来『望む自分』ではないことにようやく気づきました。
そんな時に出会ったのが中村僚子さんのブログです。

理想の人に会って話を聞くこと

僚子さんのブログにはどういうお仕事や経験をされてきたか、
現在までの経緯が詳しく書かれていました。

それを読んで「この人に会ってみたい!」と思いました。

特に、いろいろな経験をされた中で、
大変な思いもしてきたけれど、前向きに今の結婚相談所のお仕事に就いた。
そしてそれらを実現してたきた自分の根底には家族にあった。
というエピソードは、なんとなく私の『望む自分』に近いのではないか?と感じたのです。
ともかく現状を変えるなら、"理想の人に会って話を聞くこと”はプラスになりこそすれ、マイナスになることはない、という軽い気持ちでもありました。

なりたい女性像との出会い

実際お会いした僚子さんはとても自然体で、可愛らしい方でした。
中でも最も私が魅力を感じたのは、柔らかな雰囲気の中にある今のお仕事への情熱です。
(きっと今までのどんなお仕事にも同じように向き合っていらしたのだと思いますが)
ブログを読んで感じて伝わってきた家族への感謝や愛情が、
お仕事にそのまま反映されていて、
本気でクライアントを結婚を通じて自分と同じように幸せにしたいと感じていらっしゃることが伝わってきたのです。

漠然としていた私の『望む自分』とは、
信頼できるパートナーや家族と支え合い、情熱をもった仕事をし、
女性らしい柔らかな雰囲気も失わない。
そんな女性像であることを僚子さんとお会いすることで、はっきり自覚することができたのです。

「この人のサポートを受けたら望む自分になる道が開けるのでは?」
そう思い(正直本当に入るつもりはあまりなかったのですが)、
僚子さんの結婚相談所にお世話になることにしました。
 
お見合いをスタートした私が1つ思ったのは、
「とりあえず言われた通りにやってみよう。」でした。
お見合いに関しては全く無知でしたし、
私の場合、僚子さんというモデルをサポート役として選んだのだから、
とりあえずこの人の言う通りにやってみることが近道なのではないかな?と思ったのです。

まずやってみたのは、「生理的に嫌ではないと思ったらお会いしてみたら?」
という僚子さんの提案でした。

そして確かに、その通りにしていくことで見えてくることがありました。

それは『自分について』です。

お見合いでは、普段の生活ではお会いしないような方にもたくさん出会います。
様々な方とお会いしていくうちに、自分がどんな結婚感を抱いていて、
男性のどんな外見、仕草、言動、考え方などに魅力を感じるのかがわかってくるようになりました。

そうするとだんだんと、1人1人とお会いする時間を大切に、
誰のためでもない、自分のために使えるようになってきたのです。

…と書くのは簡単ですが、そうなるまでには1年くらいかかりましたが…。

お見合いに「誰も悪くない」という姿勢で臨むと、 『自分が

お見合いをする上で私が陥りがちだったのは、
うまく行がなかった時、どこかに原因を探してしまうこと。

それは最終的に『お相手』か『自分』にあると考えがちです。

例えば上手くいかなかった原因として、
『お相手が、あまりお話しをしてくれなかったから』
『お相手が、自分のことを喋りすぎだったから』
また『私が、もっと痩せていたら』
『私が、もっと上手にお相手を立てることができていたら』…。

『お相手』か『自分』を責めて自己嫌悪に陥り、
そしてその気持ちを引きずったまま次のお見合いへ…。

これでは上手くいくわけがないし、いわゆる『婚活疲れ』になるのは当たり前です。

そこで私はお見合いに『誰も悪くない』という前提で臨むことにしました。

例えば上手くいかなかった原因が、
『お相手が、あまりお話しをしてくれなかったから』と感じたのであれば、
『自分がある程度は自分から話題を振ってくれるような方』が好みなんだと分かります。
また『私がもっと痩せていたら』と感じたのであれば、
(そもそも『体型がタイプではない』とお断りされることはなかったのに、
勝手にコンプレックスだった体型に原因を見つけて納得したいだけ。)
『好きなタイプが一致しなかったんだな。』と思うだけ。

『誰も悪くない』前提をすると、誰を責めることなく前向きに事実だけを受け止めることができます。
私の場合、事実だけを受け止めていく過程で「太ってるから」という理由に逃げる自分が嫌であることに気付いて、ダイエットをすることにしました。「相手が」ではなく「自分が」嫌だと思うことには自分を変えたいという気持ちが芽生えるので、積極的に努力をして自分を変えることができます。そうするとますます自分を好きになれることにも気づきました。
 
そして、自分が分かり、自分を好きになってくると、
様々な事実に共通点が見え、だんだんと条件が淘汰され、
最終的に『自分が1番大切にしていること』が見えてくるのです。

 
因みに結局私が1番大切にしていたのは
①清潔感(外見)
②おおらかさ(内面)
シンプルにこの2つになっていました。
そして、お見合いではなく、同じ考え方で同時進行していたアプリにて見事その人と出会うことになります。

私自身に私が「ありがとう。」と心から思うようになった

冒頭にある毎朝感謝の言葉を呟くようになったのは、
結婚したから、とか、パートナーができたから、とか、
自分に付随する条件が変わったからではなく、
私は私であることに自信を持って、頑張った自分を認めるようになったからです。

もちろん、僚子さんをはじめとする、必要なヒントを常に見せてくれる方の存在や、
どんな自分も受け入れてくれる今のパートナー、
現状を変えようと思わせてくれた前の恋人でさえ、
私にとってはなくてはならない存在で感謝の気持ちが溢れてきます。

何より、婚活を通じて自分と向き合い、誰のせいにもせず努力をした当時の自分。
変わりたいと思って理想の人にお世話になろうと決めた当時の自分。
現状が理想の自分じゃないと気づけるきっかけをくれた彼と、
別れる決意をした当時の自分。
それまで一生懸命仕事に取り組んでいた当時の自分…。
私自身に私が「ありがとう。」と心から思うようになったからに他なりません。

これからも、何年後かの私がきちんと私に「ありがとう。」と言えるように毎日大切に過ごしていきたいと思います。
 
  • 成婚エピソード
  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み

この記事を書いた結婚相談所

婚活サロン・ロータスマリッジ

婚活サロン・ロータスマリッジ

東京都千代田区九段南2−5−9

地下鉄九段下駅から徒歩6分以上

https://lotus-marriage.com/