婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】グッドラックステージ

理系技術者!30代男性の成婚秘訣は相性合致

グッドラックステージ「理系技術者!30代男性の成婚秘訣は相性合致」-1

結婚相談所で活動する理系技術者の男性Aさん

結婚相談所では、理系職の方が多く在籍しております。

ある日、理系職種の30代男性Aさんが私達の結婚相談所にご来店されました。

男性A「男性ばかりの職場で全く出会いがありません。」

男性A「また中学高校男子校で大学も理工学部でしたので本当に女性と縁のない生活をしていきました。」

男性A「今までモテてきた経験がない人生でしたが結婚相談所に入会しても大丈夫でしょうか?」

なんてご相談を頂きました。

理系専門職で働かれている男性は、このような人生経験を積まれてきた方は比較的に多いです。

理系男性は学歴や年収も高く若くしてハイステータスである人が多いです。

その為、婚活をすると突然モテ期が到来することがあります。

ただしっかりと本当に合う女性を探さないと婚活が失敗してしまうこともあります。

そこで今回は、理系技術者!30代男性の成婚秘訣は相性合致の女性を逃さないというお話をさせて頂きます。

 


モテ期到来でも女性探しに迷走しない

理系職種の男性Aさんのように高学歴高年収の人は女性からのお見合いアプローチは多くあります。

突然のモテ期到来で迷走してしまう男性はいます。

今会っている女性よりも素敵な人が現われるかもしれないという思考になる男性は正直にいます。

そうなると交際に発展しても結婚相手を決めきれない事態が生じます。

交際期間が長くなり気がついたら数ヶ月以上ただ将来の話もせずデートだけを繰り返す関係性もあります。

最終的には、女性がしびれを切らして交際辞退を申し出ます。

そうして迷走してしまうモテ男性は何年も婚活市場で彷徨い続けてしまうのです。

ただ男性Aさんの場合は、5人目くらいのお見合いの女性と相性がとても合いました。

一旦、相性が合う女性が合われたことで一度お見合いをストップして彼女に集中したことで交際進展しました。

男性Aさんのようにモテ期が来ても冷静な判断で更に良い人を探したい欲を抑えることが成婚の秘訣です。

 


女性との家庭像の不一致を防ぐ

男性Aさんの場合は建築土木関連の技術者でしたので現場によっては残業も多く帰りが遅くなる。

また地方転勤などもありえる職種でした。

その為、年収も出張費や残業手当なども含まれて高い金額となっておりました。

30代で年収が高い男性の場合は、管理職でないケースがほとんどです。

その為、長時間働いた分だけの年収となります。

仕事の理解がない女性だと、将来設計の話をした時につじつまが合わなくなるケースは多くあります。

勤務形態や勤務何容また生活スタイルなど双方で納得出来るようにお互い具体的に話合える相手を探すことが必要不可欠です。

そこを話合わないで交際を無理に進展させてしまうと成婚間際で破談なんてケースは正直にあります。

今回、男性Aさんはしっかりと自身の仕事や生活スタイルなどをお相手の女性に打ち明けて相互理解が深まったことが成婚秘訣となりました。


まとめ

実際に、30代の理系男性で婚活が上手くいかず悩まれている方もいます。

特に今まで出会いがなかった理系男性の場合は、突然のモテ期に翻弄されない。

ある程度のところで相性が合う人が出来たら欲を出さないことも大切です。

また家庭像の不一致を避けるために、仕事のこと生活スタイルのことなどしっかりと相互で話合い納得した段階で男性Aさんのように成婚退会へと話を進めていくことが大切です。


  • 成婚エピソード
  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み

この記事を書いた結婚相談所

グッドラックステージ

グッドラックステージ

東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿708

新宿駅から徒歩3分

https://goodluck-stage.jp/