メニュー

婚活お役立ち情報

  1. ホーム
  2. 婚活お役立ち情報
  3. 結婚相談所
  4. 現代のお見合い結婚とは?恋愛結婚との違い、向いているタイプをご紹介
  • 結婚相談所

現代のお見合い結婚とは?恋愛結婚との違い、向いているタイプをご紹介

一般的にお見合いとは、「結婚の相手を求めて、男女が第三者を仲介として会うこと」と定義されています。

かつてのお見合いは、地縁や両親のセッティングによるお見合いで「家同士のお付き合い」だったため、いわゆる恋愛結婚ではなく「愛のない結婚」と呼ばれるという側面もありました。

しかし、現代のお見合いは自分の意思でお相手探しや結婚の決断ができるため、知り合ってから結婚するまでのプロセスは恋愛結婚と大きな違いはありません。

結婚相談所では、自分が選んだお相手とホテルのラウンジで1時間程度お話することを「お見合い」と呼び、お見合いで出会った相手とお付き合いを結婚することを「お見合い結婚」と表現しています。

この記事では、お見合い結婚の概要を知りたい方に向けて、恋愛結婚とお見合い結婚の違いや、お見合い結婚に向いている人などについて解説していきます。

目次

  • 恋愛結婚とお見合い結婚の違い
  • お見合いから結婚までの流れ
  • お見合い結婚に向いている人
  • まとめ

恋愛結婚とお見合い結婚の違い

まずは、恋愛結婚とお見合い結婚の違いについて解説していきます。恋愛結婚とお見合い結婚の主な違いは、

  • 出会いの場
  • 恋愛と交際の順番
  • 結婚までの期間

の3点です。

出会いの場

恋愛結婚とお見合い結婚の違いは、出会いの場です。

恋愛結婚が日常生活の中でお相手に出会うのに対し、お見合い結婚は結婚相談所や仲人による紹介で出会います。

恋愛と交際の順番

恋愛結婚では、日常生活の中で出会って親しくなった人と恋愛や交際へと発展していきます。

これに対し、結婚相談所でのお見合い結婚では希望条件に当てはまる人を絞り込んだうえで、条件が合う方とだけお見合いをしフィーリングが悪くなければ、ひとまず交際を始めます。

「好きかどうかわからないお相手と交際する」と聞くとギョッとするかもしれませんが、結婚相談所では「プレ交際」というお試し期間が設けられています。

プレ交際後にフィーリングが合うと感じたら、結婚を前提としたお付き合いが始まるため、それほど身構える必要はありません。

また、お見合い結婚と言うと、「恋愛はできない」といったイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはほとんどの会員様がお相手を好きになって結婚していきます。

多くの方がお相手を好きになってから結婚していることは、結婚相談所で成婚した方の体験談をご覧いただくとおわかりいただけるかと思います。

交際に発展してからは、彼女はありのままの自分を受け入れてくれて、無理に頑張ることなく、一緒にいて落ち着けました。

何が決め手というわけではないですが、お互いの価値観や距離感など、歯車が噛み合い、気付けばこの人と一緒にいたいと自然と思うようになっていました。

引用:IBJ 成婚者エピソード

印象的だったのは“真剣交際になってからの初めてのデート”のことです。

その日は雨が降っていたのでひとつの傘で歩いていると、自分の肩がどんどん濡れてしまっていても気にせず、ずっと私の方に傘を寄せて歩いてくれました。

今日も優しいなと思いながら、今までの彼の優しい言葉や仕草などを色々と思い出し、とても幸せな気持ちになりました。『彼と一緒にいられたら、きっと穏やかで小さな幸せまでもたくさん感じられるんだろうな…』と強く感じ、幸せな気持ちで胸がいっぱいになったことを覚えています。

引用:IBJ 成婚者エピソード

結婚までの期間

お見合い結婚は、結婚を前提としてお相手と出会ってから交際に入ります。そのため、恋愛結婚より交際期間は短くなる傾向があります。

株式会社リクルートのゼクシィ結婚トレンド調査2023によると、付き合ってから結婚までの期間は平均で3.5年かかっていることがわかります。

結婚までに付き合った期間(全体/単一回答)

一方で、IBJの結婚相談所に入会してから、退会まで成婚者の平均在籍期間は、男性0.83年(303日)、女性0.66年(242日)と、1年未満となっています。

成婚者の平均活動日数:男性303.0、女性242.0

1年未満の交際期間は短いと感じるかもしれませんが、週に1回会うとすると半年間で26回デートができる計算で、お互いを知り合い、十分に納得してから結婚できる余地があります。

決して無理をしたり、好きにならずに結婚したりしているわけではないので、ご安心ください。

(参考)
株式会社リクルート ゼクシィ結婚トレンド調査2023
株式会社IBJ 成婚白書2022

お見合いから結婚までの流れ

では、お見合いから結婚まではどのような流れで進んでいくのでしょうか。
お見合い結婚の流れは、以下の6ステップです。

  • お相手探し
  • お見合い
  • プレ交際
  • 真剣交際
  • プロポーズ
  • 成婚

このうち、「プレ交際」と「真剣交際」は結婚相談所で使われている用語なので、馴染みのない方も多いでしょう。

IBJではプレ交際を以下のように位置付けています。

お見合い後に印象が悪くなければ、プレ交際へ進みます。

プレ交際とは、お相手との相性を確かめるためのお試し期間なので、たくさんの方とお会いしましょう。

一人ひとりと向き合いながら結婚相手として相応しいか見極めることが大切です。

引用:IBJ 婚活の流れ

お見合いの印象が悪くなくても、お互いのことをよく知らない状態で本格的な交際には入るのはリスクが大きいです。

そこで、複数の異性と並行して交際が可能という条件で「プレ交際」というステージが用意されています。

次に「真剣交際」について、こちらは一般的な交際のイメージに近いものです。

真剣交際では、お相手を一人に絞り、結婚前提としたお付き合いをします。

プレ交際とは違い、具体的に結婚後のイメージをすり合わせることで、お互いを深く知っていきます。

引用:IBJ 婚活の流れ

複数の方とプレ交際が進んでいる場合、真剣交際に移る際には他の関係を終了する必要があります。お相手探しを終え、結婚に向けて関係を深めていくステップが真剣交際です。

お見合いから結婚するまでの詳細な流れについては、婚活の流れをご確認ください。

お見合い結婚に向いている人

結婚相談所には、入会時に5~10万円の入会金の支払いや、独身証明書の提出が義務付けられていることなどから、結婚への真剣度が高い独身者が集まりやすい傾向があります。

また、担当のカウンセラーのサポートが受けられることは、ほかの婚活サービスにはない特徴の一つです。

そのため、以下のような方がお見合いに結婚に向いています。

  • 短期間で結婚したい方
  • 誰かと相談しながら進めたい方
  • 婚活する時間がない方

短期間で結婚したい方

結婚相談所には、結婚への真剣度が高い独身者が集まりやすい環境が整っています。結婚を前提として出会うため、一般的な恋愛よりもプロセスが短縮でき、短期間で結婚しやすくなります。

そのため、「〇歳までに結婚したい」「〇カ月以内に結婚したい」といった明確な目標を持っている方に向いています。

誰かと相談しながら進めたい方

結婚相談所では、担当のカウンセラーのサポートを受けながら婚活を進めることができます。

そのため、これまでの婚活がうまくいかなかった方は、カウンセラーからのアドバイスを受けることで自分では気づかなかった改善点を発見し、婚活がよりよい方向に進む可能性があります。

  • 恋愛経験が少ない
  • 交際しても、なかなか結婚に発展しない
  • 結婚願望のない異性とばかり付き合ってしまう

などといった理由で、婚活がうまくいかなかった方は、結婚相談所での婚活を始めるのも方法の一つです。

婚活する時間がない方

結婚相談所の中には、お見合い場所や日程調整をカウンセラーが代行してくれる相談所もあります。

デートプランなどの相談もできるので、仕事で忙しく、婚活に割く時間があまりない方でも活動しやすいのが特徴です。

なお、お見合いのポイントについては、以下の記事も参考にしてみてください。
→ お見合いで運命の人と出会える?見つけるコツ

まとめ

かつてのお見合いは、地縁や血縁、両親のセッティングによるお見合いで「家同士のお付き合い」だったため、恋愛はできない側面もありました。

しかし、現代のお見合いの多くは、自分の意志でお相手探しや結婚の決断ができるため、恋愛結婚と大きな違いはありません。

出会いの場所や、恋愛と交際の順番の違いはあれど、お互いにフィーリングが合うと思った人を好きになったうえで、結婚できることがほとんどです。

結婚相談所での婚活は、短期間で効率よく結婚したい方や、カウンセラーと相談しながら活動を進めたい方に向いています。

「自分にはどんな婚活方法が合っているんだろう」と悩まれている方は、LINEで質問に答えるとおすすめの婚活方法を紹介してもらえる「IBJ婚活診断」をお試しください。

IBJ婚活診断

最新の婚活お役立ち情報