お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

好感度アップ!お見合いで女性を上手に褒めるコツ

2019.02.01 婚活のコツ

積極的にお見合いをしているものの、当たり障りのない会話しかできずお断りされてしまうことが多いという男性もいらっしゃるのではないでしょうか?

一歩踏み出すには、相手の女性をさりげなく褒めてみるのもおすすめです。
ここでは、お見合いで女性を上手く褒めるコツと注意点について紹介します。

お見合い相手をさりげなく褒めることがコツ

お見合いに限らず、誰かに褒められることは嬉しいものです。女性は男性と違い、言葉に敏感なところがあるので、「髪切りました?」「今日の服かわいいですね!」などと、言葉で伝えてもらえるとテンションがあがります。

しかし、何を褒めても良いというわけではありません。
女性は、なんでもかんでもたくさん褒められたから相手を好きになるというわけではないのです。
女性の褒め方については、さりげなく褒める(自然体で)ことを前提として、褒めて良い部分とそうでない部分があるので、そこを守りながら会話を進めることが大切です。

【女性を褒めるコツ】
1・あくまでさりげなく褒める(自然体で)
2・褒めて良いところダメなところを間違えない

お見合いで女性が褒められて嬉しいこと

相手の女性を喜ばせたいが、何をどのように褒めたら良いのかわからないという男性も多いのではないでしょうか?褒め言葉を伝えたところで、本当に相手が喜んでくれるかどうかもわからないため不安になってしまいますよね。

褒め方を間違えると相手の気持ちが離れていく場合もあります。目に入ったものを手あたり次第褒めるのではなく、女性が喜びそうな部分をピンポイントで褒めるのが無難です。

1・ファッションを褒める

お見合いや婚活パーティーなど婚活の場に着て行く服装といえば、男性はスーツやジャケット、女性はワンピースを選ぶ方が多いと思います。

出会いの場では、男性も女性も自分の一番良い姿を相手に見てもらいたいものですよね。特に、女性の場合は、服装や髪型、小物など、何日も前から準備してお洒落をします。

例えば、手間や時間をかけて一生懸命選んだ服装を相手に褒められると嬉しい気持ちになりませんか?女性は、ちょっとしたことにさりげなく気づいてくれる男性へ好感を持ちやすいです。

お相手を褒める時は、「素敵なお洋服ですね」「ワンピースお似合いですね」「素敵なコーディネートですね」などと、あくまでも服装やファッションセンスにポイントをおいて褒めるようにしましょう。

服装のブランドについては、お互いの価値観やこだわり(思考)なども含まれているため、相手への質問(「高そうなバッグですね」など)は避けたほうが無難です。

2・気遣いや優しさを褒める

お見合いでは、相手の内面的な部分を褒めるのもおすすめです。例えば、お年寄りにお席を譲るなど、自分のことよりも相手のことを一番に考えている行動というのは見ていて心が温かく感じられるものですよね。

相手を思いやる言葉がけや行動の積み重ねが、次第に「好き」「会いたい」などと、お互いの気持ちに変化をもたらせます。

褒める時は、「先ほどは○○していただいてありがとうございました。○○さんは優しい方ですね。」「気遣いができる人は魅力的です。」などと、会話の中でさりげなく褒めるようにしましょう。
自分の性格を褒められて嫌な気持ちになる人はほとんどいないため、良い印象を残すことができます。

褒めるのが苦手な人はポジティブな言葉を意識する

褒めることの大切さはわかっているけれど、どうしても相手を褒めることが苦手という方もいるでしょう。
褒めることが苦手な人は、自分が褒められるのも苦手という人が多い印象を受けます。
例えば、「○〇さんは本当頼りになりますよね!」と、褒められたらほとんどの人は謙遜したり照れ笑いをしたりするはずです。
しかし、褒めること・褒められることが苦手という人は、どんな顔で返事をしたら良いのかがわからず、素っ気ない態度をとってしまいがちです。

でもきっと、上手く感情を表現できないというだけで、褒められることを心の中では嬉しく思っているはずです。

相手を褒めなきゃ!と、無理に行動するのではなく、まずは、普段から、ネガティブな表現をポジティブに言い換える癖をつけておくと良いですよ。素敵だな・嬉しいな・楽しいなと感じたことを言葉で伝えることができれば自然と相手を褒めることに繋がります。

お見合いでやってはいけないこと(地雷を踏まない

誰かに褒められることはとても嬉しいことですが、過度に褒められると「言っていることが嘘っぽい」「お世辞かな?」などと、相手を嫌な気持ちにさせてしまう場合もあります。
たくさん褒められたからといってすぐに相手を好きになってしまうほど女性は単純ではありません。

また、顔や体、過去のことなど女性には誰にも踏み込んでほしくない領域というものがあります。

相手を褒めすぎると返って逆効果になってしまう場合もあるため、踏み込んでほしくない領域に立ち入らないように意識しながら会話を進めることが大切です。

1・容姿に触れない

「足がキレイですね」「胸が大きいですね」などと、相手の女性にセクハラと思われるような褒め方は避けましょう。

また、「美人ですね」「可愛いですね」と、言われて嫌な気持ちになる女性はほとんどいませんが、初対面で伝えるのは避けたほうが良いでしょう。

例えば、会って間もない人に容姿のことを褒められた場合、「今までどこ見てたの?」「デリカシーがない」などと、相手に対し悪い印象を持ってしまうのが女性です。

また、顔や体、肌など、女性は美に対しとても敏感です。褒め言葉として受け取る女性もいるかもしれませんが、そうでない場合は相手の女性に嫌悪感を抱かせてしまう原因になります。容姿については初めから話題に出さないほうが無難です。

2・過去の恋愛遍歴に触れない

お見合いをするうえで気をつけていただきたいのが、お互いの過去の恋愛話です。交際が始まって親しい中なら問題ないのかもしれませんが、お互いに慣れていない初対面の席で過去の恋愛について質問してしまうのは避けましょう。

例えば、お見合い相手の女性は料理が得意だったとします。「○○さんはお料理が得意なんですね!以前、付き合っていた彼女は料理が苦手だったんですよ。」と、言われたらその女性はどう思うでしょうか?

例え自分にとっては褒め言葉であったとしても、褒められたことよりも、相手の過去の恋愛話が気になりお見合いを楽しむことができなくなってしまいます。

また、「モテそうですね」という言葉も場合によっては嫌味と受け取る女性もいます。相手を褒める時は、会話の内容や相手の受け取り方も意識しながら楽しい時間を作ることが大切です。

まとめ

お見合いでは、相手に自分の良いところを見せようとするよりも、まずは楽しく会話することが大切です。
さらに好印象を与えるなら、さりげなく相手の女性を褒めること!さりげなく気持ちをアピールしながら、次のステップへ繋げていきましょう。

================
日本結婚相談所連盟(IBJ)おすすめ!
◆ 自分に合った結婚相談所を探す ≫
◆ 婚活カウンセラーブログをCHECK ≫
================

お見合いでモテる男の条件とは

お見合いでお断りされてしまう理由