お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

お見合いの申し込みでOK返事をもらうためには

2018.11.22 婚活のコツ

お見合いを申し込んでも、なかなか良いお返事をもらえず、悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。お見合いが上手くいかないと気持ちも落ち込んでしまいますよね。
ここでは、お見合いの申し込みでOKの返事をもらうためにやるべきことについて紹介します。

お見合いが成立しない原因は何?

結婚をしたくて結婚相談所へ入会したのに、お見合いが成立しない。これでは、結婚どころかいつまでたってもお付き合いもできませんよね。
積極的に申し込みをしているにも関わらず良い返事をもらえないという場合は、もしかすると自分自身に原因があるのかもしれません。

結婚相談所のお見合いは、希望条件で検索し、プロフィールとプロフィール写真で相手を選んでから申し込みをするシステムのため、婚活会員は相手の情報をじっくり見てからお見合いするかどうかを判断しています。

特に女性は、相手の顔写真や自己紹介文、趣味、興味などの細かいところまでチェックする方が多いので、なるべく具体的に記入するほうが人物像をイメージしやすく相手の目に留まる可能性が高いです。

また、自分が申し込んだ相手が、一般的に婚活男性から人気のある女性だったという場合も考えられます。このように、他の男性からの申し込み件数も多く競争率が高いために、良いお返事をいただけないこともあります。

【お見合いが成立しない考えられる原因】
・自分のプロフィールに問題がある
・人気のある女性に申し込みしている

お見合いの申し込みで良い返事をもらうためのポイント

結婚相談所のお見合いにおいては、たった1回の申し込みでお見合いが成立する方もいれば、何人もの人へ申し込みをして、やっとOKの返事をもらえる方もいます。

こればかりは、申し込むタイミングが合わず良い返事をいただけない場合も考えられるので「この方とは縁がなかっただけ」と、気持ちを切り替えて婚活を続けていくことが大切です。

まずは、お見合いの申し込みで良い返事をもらうためのポイントを参考にしてみましょう。

1・定期的に写真を変えてみる

積極的にお見合いを申し込んでいるのに良い返事をいただけない場合や相手からの申し込みが少ない場合は、思い切って写真を変えてみるのもおすすめです。

例えば、写真全体が暗く顔がはっきりわからなかったりすると、相手の目に留まらずそのままスルーされてしまう場合も考えられます。また、流行りの加工写真を「可愛い」と表現する方もいますが、目の大きさや顔の表情が本人とあまりに違い過ぎるため、お見合い写真に使用するのは避けましょう。

現代は、スマホで簡単に自撮りができる時代ですが、なるべくプロのカメラマンやスタジオで撮影し自分の中でも一番良い表情のものを使いましょう。
定期的に写真を入れ替えるのがポイントです。

会員専用の優待プランが使えるフォトスタジオはこちら ≫

2・プロフィールを見直す

お見合いが上手くいかないときは、自分のプロフィールをもう一度見直してみましょう。プロフィールをただの自己紹介でしょ?と安易に考えて簡単に作成してしまうと、アピールするどころか結婚に対する真剣な気持ちも伝わりません。

プロフィールの情報は、お見合い相手を選ぶ際の判断材料にもなります。婚活の動機や結婚に対する気持ちを書くのはもちろん、趣味や興味についても自慢にならない程度に織り交ぜながら書くと印象が良くなりますよ。

休日の過ごし方や最近はまっていることなど、私生活の一部が相手に伝わるように書くのがポイントです。

お見合いプロフィールの作り方はこちら ≫

3・申し込む相手を見直す(検索条件を変えてみる)

お見合い相手を選ぶときは、どうしても自分好みの人(理想の相手)へ申し込んでしまいがちです。明るくて人柄が良さそうな人や趣味が似て楽しそうな人など、それぞれ選ぶ基準に違いがあって当然です。

ですが、お見合いを申し込んでもほとんどお断りされてしまうという場合は、申し込む相手のタイプを少し変えてみてはいかがでしょうか?

例えば、写真の印象からはおとなしいタイプに見える女性であっても、実際に会ってみるとお話し好きで社交的なタイプという場合もありますよね。

第一印象では何とも思わなかった相手でも、会っていくうちに「思った以上に素敵な方だった」「会って印象が変わった」などと、意気投合して交際へ進む方もたくさんいらっしゃいます。

お見合いが上手くいかず悩んだときは、申し込む相手のタイプを変えてみることで新たな出会いが期待できるかもしれませんよ。

ポイントは、条件を拡げてみること・条件を見直すことです。

4・申し込み件数を増やしてみる

申し込みしても相手から良い返事をいただけない場合は、申し込み件数を増やして様子をみるのも良いかもしれません。

申し込む数が多ければ多いほど出会いのチャンスが広がり、相手からOKの返事をもらえる可能性もアップします。

例えば、1人にお見合いを申し込んでも、その方とお見合いが成立するとは限らないですよね。それでしたら5~10人などと、もっと人数を増やして申し込みしたほうが無駄な時間も省けて効率よく婚活が進みます。

ですが、ただお見合いの件数を増やせば良いというものではありません。申し込みしてお返事をいただいたからには、その人と向き合って「結婚」についてちゃんと考えることが大切です。相手の中身をよく知ったうえで判断しても遅くはないですよ。

申し込みした全員とお見合いできる人は少ない

申し込みした相手から断られ続けていると、告白をしたわけでもないのに振られた気持ちになってしまい、あまり気分の良いものではありませんよね。
ときには、自分には魅力がないのかな?こんな状態で結婚できるのかな?などと、気持ちが落ち込んで婚活自体が嫌になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、申込みした全員とお見合いが成立する人は本当に稀です。数回程度のお見合いを断わられたからといって、落ち込む必要は全くありません。自分だけでなく多くの婚活者が経験していることなので安心して婚活を続けていきましょう。

婚活をするうえで大切なのは、「相手の気持ちを考える」「選ばれる人になる」ことです。自分から申し込むことも大切ですが、自分を選んでくれた人の中から相手を選ぶ・選ばれるように自分を磨くことも成婚に近づける方法ではないでしょうか。この2つを意識すれば、今よりもっと婚活が上手くいくはずですよ。

まとめ

お見合いを断わられても婚活を諦める必要はありません。そんなときは、「縁がなかった」と気持ちを切り替えて前に進むことも大切です。まずは上記のポイントを参考に改善していきましょう。

悩んだときは仲人やカウンセラーに相談!
◆婚活カウンセラーブログこちら ≫

お見合いの決め手は何?相手を見極めるポイント

お見合いは3回目のデートがカギを握る!

カテゴリ
月別アーカイブ

2018年

  • 男の婚活
  • 自分に合った結婚相談所を探す
  • 成婚者インタビュー