お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

お見合いや婚活に疲れたときは

2018.10.23 婚活のコツ

お見合いや婚活が上手くいかないと、心身ともに疲れて心が折れそうになるときもありますよね。実は、婚活をはじめた多くの方たちが「婚活疲れ」を経験しています。

ここでは、お見合いや婚活に疲れたときに知ってほしいポイントについて紹介します。

お見合いや婚活疲れの原因を知ろう

「お見合いが上手くいかず疲れてしまった」「お見合いをしても結婚できないのではないか?」など、婚活中の方なら一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

自分の工夫や努力しだいで、出会いを広げていくことは可能です。しかし、相手からの申し込みがこなかったり、せっかく実ったお見合いを、何らかの理由でお断りばかりをしていると、出会いが少なくなり、婚活が思うように進まないこともあります。

この状況が続くと、自分では気がつかないうちにストレスとなって心身ともに疲れてしまいます。まずは、解決策を知っておくことが大切です。

お見合いや婚活に疲れてしまう原因は、大きく分けて下記の3つ。原因を知ることができたら、次は解決策を考えてみましょう。

・お見合いが成立しない(相手からOK返事がもらえない)
・お見合いしても理想の人に出会えない
・仮交際に進んでも価値観が合わずお断りをしてしまう

お見合いや婚活に疲れたときの解決策

お見合いに疲れた…出会うのがしんどい…
これは、お見合いや婚活をする人にとって、とても深刻な悩みですよね。

一旦気持ちが沈んでしまうと、なかなか前に進めなくなる場合もあるため、なるべくこのような状況を作らないことも大切です。

また、婚活だけにのめり込んでしまうと、予定が入りすぎて心身ともに疲れてしまう場合も考えられます。

ときには休息をとることも大切です。スケジュールにゆとりを持ちながら計画的に婚活をしていきましょう。

まずは、お見合いや婚活に疲れたときの解決策から見ていきます。


1・「理想の相手」より「自分に合う相手」を探す

お見合いや婚活は、結婚を視野に入れた方たちが集まって活動するため、理想の相手を探して当然!と思っている方も多いことでしょう。

しかし、価値観や理想の条件が合わず、お見合いを自分から断ってしまうパターンが多いという方は、ハイスペックの方ばかりを求めすぎている可能性もあります。
自分では普通の条件だと思っていても、実は他の人から見ると理想が高いというのもよくあることです。
また、ハイスペックに限らず初めから理想の相手と出会うとは限らないため、自ら出会いを遠ざけてしまっている可能性が高いです。

理想の相手ばかりを探すのではなく、結婚相手として自分に合った相手を見つけることがお見合いを成功させるコツです。

結婚相談所においては、年収や職業、性格など様々な特長を持つ方たちが活動しています。さらに、お見合いは、結婚への本気度が高く、一般的な恋愛よりも結婚相手を探しやすいため、早い段階で結婚することも可能ですよ。

2・ものごとをポジティブに考える

自分からお見合いへ申し込んだとしても、良いお返事をいただけない場合もあるでしょう。この状況が長く続いてしまうと、「自分の何がいけないのかな?」「もしかして自分の見た目に問題があるのかな?」などと、自分に自信がなくなりお見合いや婚活を続けることに対し疲れてしまうこともありますよね。

婚活はタイミングが重要です。そのため、別の方とすでに交際を考えていたりすると、お見合いをお断りされる場合もあります。

このように、お互いのタイミングが合わずお見合いが上手くいかないケースも考えられます。また、お見合いや婚活をするうえで重要なのは、顔やスタイルなどの見た目の容姿だけではなく、相手を思いやる気持ちです。

自信を持ってポジティブに婚活を続けていきましょう。

3・ちょっと休憩して自分磨きを頑張る

お見合いや婚活が上手く進まないときは、婚活をちょっと休憩してみるのも有効です。友人と旅行へ行ったり、家族と食事を楽しんだり、環境を変えてリフレッシュすることで、自分を客観視できることもあります。

また、休憩中は自分磨きに時間を割くのもおすすめですよ。ショッピングを楽しんだり、趣味の幅を広げたり、自分の意外な一面を知るために新しいことにチャレンジしてみるのも良いでしょう。
女子力をアップさせることで、さらに自信を持って婚活ができるようになります。

疲れたときは、一旦休憩し少しずつでも前に進むことが大切です。

4・仮交際中は様子を見ることも大切

仮交際に進んだものの価値観や性格が合わず、真剣交際までは進めなかったという場合もあるでしょう。

お見合い相手と、デートや食事を重ねてから判断するのは良いですが、たった1回のデートでお断りを決断してしまうのは勿体ないことです。

初めは気持ちがゼロだったとしても、2~3回とデートを重ねるうちに、気持ちが変わり良い方向へ進むケースもたくさんあります。そこから真剣交際やご結婚へと進展する可能性も十分考えられるため、まずはデートを重ね相手を見極めることが大切です。

お見合いや婚活が上手くいかず疲れたなと感じたときは、すぐにお断りをするのではなくまずは、様子を見てから判断されることをおすすめします。

5・仲人やカウンセラーへ相談する

お見合いや婚活を続けていくことに限界を感じたら、一人で悩まず、仲人やカウンセラーに相談するのも有効です。

結婚相談所では、仲人やカウンセラーと一緒に二人三脚で婚活することも可能です。お見合い相手に言えないことや、婚活するうえで家族には相談しにくいことなど、仲人やカウンセラーに話を聞いてもらうことで、早めに解決する場合もあります。

ネガティブな気持ちになってしまうと、自分だけでは結婚に対し前向きに考えられなくなる場合もあるため、困りごとをそのままにせず、早めに相談することをおすすめします。


婚活は焦らず自分のペースで進めることが大切

お見合いをして早く結婚したい気持ちはわかりますが、焦って婚活をしてしまうと、自分を見失い判断が鈍ってしまうこともあります。

少ない回数でお見合いを成功させようと行動すると、結婚したい!と思える人と出会えなかったときに、理想と現実のギャップに悩まされ、婚活を続けることに疲れてしまいますよね。

結婚相談所においては、1回のお見合いで結婚された方は少なく、1~1年半程度の婚活期間を経て結婚されている方が多いです。

まずは、焦らず自分のペースで婚活を続けることと、なるべくお見合い回数を増やし出会いの場を広げていくことが大切です。

まとめ

お見合いや婚活をはじめると多くの方がたどりつく「婚活疲れ」。婚活中に行き詰ったときは、ぜひ上記のポイントを参考にしてください!お見合いは「ご縁」です。まずは、諦めずに婚活を続けていきましょう。

◆相談できるカウンセラーを探す
婚活カウンセラーブログはこちら ≫

お見合いの返事に迷う理由と判断のポイント

お見合いのファーストコールで話すべき内容とは

カテゴリ
月別アーカイブ

2018年

  • 男の婚活
  • 自分に合った結婚相談所を探す
  • 成婚者インタビュー