加盟結婚相談所:1,749社
登録会員数:58,851名

プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!
お見合い・婚活 応援ブログ
【婚活のコツ】

 日本結婚相談所連盟トップ  お見合い・婚活 応援ブログ  結婚に妥協は必要?お見合い相手に求める条件を見直してみよう!

結婚に妥協は必要?お見合い相手に求める条件を見直してみよう!

結婚に妥協は必要?お見合い相手に求める条件を見直してみよう!

婚活が上手くいかず、「結婚には妥協が必要かもしれない」と悩む女性も多いのではないでしょうか?

現実的に幸せな結婚生活を送るためには、単なる妥協ではなく相手に求める条件を見直すことも大切です。ここでは、お見合い相手に求める条件の考え方のポイントについて紹介します。

お見合い相手に求める条件の考え方のポイント

omiaiconditions1

年収や年齢、容姿など、お見合い相手に求める条件は人により様々です。条件を決めることは大切なことですが、理想を高く持つこととは異なります。婚活が思うように進まないという方は、お見合い相手に求める条件を書きだしてもう一度見直してみましょう。

例えば、相手の男性に求める年齢条件を30代前半として活動していたとします。出会った男性は36歳。身長などの容姿や一緒に過ごす上での価値観など他の条件は全てクリアしているものの、年齢条件だけが合わないからといってお断りしてしまうと、せっかくの出会いのチャンスを逃してしまうことも。

「理想よりもほんの少し年上だった」という理由だけでお断りをしてしまうのは、とてももったいないことです。

自分にとってその条件がどうしても結婚相手に必要な条件なのか、一度考え直すことで出会いが増えてより婚活がしやすくなるのではないでしょうか。


ポイント1・条件の優先順位を決める

お見合い相手に求める条件を書きだしたら、それに対し優先順位をつけてみましょう。年収や年齢、家族構成、職業など譲れないものがあるならば、自分の指針として予め決めておくことも大切です。

そうすることで、優先したい条件のポイントが明確になり許容できる部分が自然と見えてくるはずです。相手に全ての条件を求めようとすると、理想と現実のギャップに悩み出会いのチャンスを逃してしまう可能性が高いため、まずは条件の優先順位を決めて出会いの場を広げていきましょう。

ポイント2・どんな結婚生活を送りたいか具体的に考えてみる

自分自身がどんな結婚生活を送りたいのか具体的に考えてみるのも良いでしょう。例えば、「アットホームな家庭を築きたい・子どもは2人ほしい・単身赴任や転勤ナシが良い!」など、結婚生活を具体的に考えることでお見合い相手に本当に求めたい条件とは何なのか見えてくる場合もあります。

また、自分自身のアピールできるポイントや欠点なども知ることが大切です。相手の男性に理想の条件ばかりを求めていては、とても謙虚な姿勢とは言えません。

自分が相手を選んでいるだけではなく、相手に自分も選ばれる立場なのですから、自分も相手の条件外にならないよう意識することが大切です。

永い結婚生活においては、互いの性格や価値観など内面的な部分がとても大切になります。相手の行動や仕草など気に入らない点を細かく挙げていたらキリがないので、多少の細かい欠点は目をつぶることも末永く一緒に居られる秘訣です。

ポイント3・理想の条件を全てクリアしていなくても、1回は会ってみるのがおすすめ

条件の合った男性とお見合いできることが理想ですが、冒頭にお話ししたように掲げた条件すべてにあてはまる人と出会うことは現実的に難しい場合もあります。

「気になる人やもっとお話がしたい」と思える男性が現れた場合には、条件をクリアしていなくても1回会ってみることもおすすめです。

実際に会って会話をすることで、性格や価値観などお互いの内面的な部分が見えるようになるため、自分の気持ちが変わって、そこから交際へ繋がる可能性も十分考えられます。

ポイント4・理想の条件の設定基準を見直す

お見合い相手に求める条件を見直した時、自分の理想や願望が基準になっている場合は設定したハードルじたいが妥当ではない、または高すぎるのかもしれません。

例えば、理想の条件として相手の年収を1,000万円に設定したとします。しかし、お見合いで出会う男性の年齢にもよりますが、20代~30代で年収が1,000万円を超える人など、ごく少数ではないでしょうか?

このように、お見合いで出会う男性全員が高収入とは限らないため、一つのことにとらわれ過ぎていると出会いの場がどんどん減ってしまう可能性さえ考えられるわけです。

自分自身で設定したハードルが基準となり、お見合いや交際をお断りしているならば相手に求める条件を見直して出会うチャンスを増やしたほうが効率よく婚活が進む場合もあります。


相手に求める条件を見直すことは妥協することではない

omiaiconditions2

お見合い相手に求める条件を見直すことは大切ですが、単なる「妥協する作業」などと意味を取り違えてしまうと逆にお見合いや結婚が遠のいてしまう場合もあります。

例えば、お見合いや婚活が上手く進まないからといって、相手に求める条件すべてにおいて妥協していると、本当に重要だった条件もないがしろにしてしまい、しだいに相手への不満や不安が募り交際が上手くいかなくなる可能性も考えられます。

条件を見直すことは「妥協することではない」ため、相手に求める条件の優先順位や本当に必要な条件かどうかを見極めて許容できる範囲を広げてみましょう。

妥協できないところは何か具体的に絞る

omiaiconditions3

お見合い相手に求める条件として、絶対に妥協できないものは何か具体的に考えることも大切です。

例えば、自分にとって相手の年収が重要な場合、それはいくらか・なぜその金額が必要なのか、細かく書きだしてみましょう。

妥協できないものがいくつもある場合は、項目を少なめに絞ることで相手に求めすぎていたものが減り、お見合いや婚活がスムーズに進められる場合もあります。

また、相手に求める条件に加え、一つ一つがハイステータスになっていないか見直すことも重要です。

例えば、モデル並みの顔と容姿、高学歴、高収入これらの条件すべてが当てはまる男性などなかなか存在しないものです。求める条件が妥当で正しいのか自分で判断することが難しい場合には、結婚相談所の仲人やカウンセラーに相談してみるのも良いでしょう。

【妥協できない部分を少なく絞る】
・年収
・年齢
・職業
・顔
・容姿
・価値観
・家族構成
・結婚生活

まとめ

omiaiconditions4

婚活が上手くいかない・妥協しないと結婚できないのではないか?と悩んでいる女性がいましたら、上記で挙げた「お見合い相手に求める条件の考え方のポイント」を参考に、もう一度条件を見直してみることをおすすめします。

◆結婚相談所カウンセラーのアドバイスがたくさん!
【IBJ公認】結婚相談所のブログはこちら≫

ブログTOP
セミナーのご案内はこちら