婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】婚活カウンセリングのリアルラブ

「私は、結婚したくない人」という思い込みありませんか?

婚活カウンセリングのリアルラブ「「私は、結婚したくない人」という思い込みありませんか?」-1

失敗感に裏打ちされた、観念上のパターンは手強いです。

問題の下には、ギフトが隠されている。
一度は、聴いたことがお有りかも。
ギフトとは、文字通り、天からの贈り物とか、才能のことです。
ギフトと言われても、現実は厳しいですから、今現在、悩んでいる方には、リアルじゃなく、素直には届かないかもしれません。

ギフトのことはいったん脇に置いて、論を進めますね。

男女関係で失敗感がある方、努力はしたものの、欲しいものが手に入らなかったことで、その失敗から得られた間違った思い込みがあるはずです。

その思い込みの内容は、10人いたら、10人違うと思います。
ステレオタイプなやり方で、アドバイスをしてみても、却って婚活疲労に陥るばかりかも。

気もちの上で焦ってみても、今までのパターンは、自力でなかなか変えられるものではありません。
行動上のパターン(癖)は、努力で変えられるとしても、観念上のパターンはよほど手強いです。
観念上の癖がどんなブレーキになっているのかをひとりでは気づくことさえ大変。

ケースバイケースで、ブレーキになっている事を丁寧に紐解く

ケースバイケースで、悩みや問題と向き合い、ブレーキになっているものを、一つひとつていねいに紐解いていきます。
今回は自分を「後回し」にしてしまう方の例です。
それは嫌だとか、辛いとか、嫌いだとか、ネガな感情を表わしてはいけないとか。
誘われたら断ってはいけない、特に人前でホンネを言ってはいけないとか。
日本文化では美徳かもしれませんが、そんな思い込みを持っている方、案外、多いです。
ホンネだろうが、嫌なことだろうが、ばんばん言えてしまう方からしたら、信じられないことかも。

ある日、職場で上司から、「3人の中から、誰か1人に、休日出勤してもらいます。」
そう伝えられたとします。
要領の良い1人目が言いました。
「私、その日は予定が入っていて、ダメなんです。」
2人目がすかさず、「私も。」と言ったとしたら、最後に残ったのがあなたなら、どうします?

ある会員Aさんが「その空気の中で『私も』とは、さすがに言えないですね。『私、出勤します』と言ってしまうと思います。」と言いました。
すると、別な会員Bさんが「えっ? 3人目なら、逆に言いやすいじゃないですか?私だったら、『私も休みたいです』と言っちゃいますよ。」
Bさんにとっては、「出勤します」の方が、勇気のいることだったのです。
抜け駆けするようで。

ホンネを言えない失敗から、間違った思い込みが強化されて。

「私も休みます」と言えなかった会員Aさんは、単に「善い人」なだけでなく、日頃から、「自分がどうしたいか」のホンネを、はっきり人に言えない方。
拒否った時の、後々の交渉とかやりとりが面倒で、自分は苦手だと感じています。
婚活などで、相手が大事な人であれば、なおさらです。

そして自分を責め、遅れて怒りが出たり、ストレスが溜まって、体を壊したり、中には「休日は、ほぼ死んでいます。」と告白した会員さんも。
犠牲者とか、殉教者タイプの方。

ここから様々な間違った思い込みが強化されてしまいます。
「自分の気もちをはっきり言えない私って、大人として失格。」
「人と会うと、気を遣って疲れるから、新しい人間関係は得意じゃない。」
「私は、人間嫌いかも。」
究極は、「私はひとり暮らしが好きだから、結婚には向かない人だ。」

「立ち直る力」は必ずその人に備わっている。

「結婚には向かない」
「無理して結婚しても、幸せにはなれない」
そういういくつもの心のバリアーを抱えていたら、
「私は、結婚したくない人」と信じ込むのは、当然かもしれません。
もしも、あそこの休日出勤の場面で、「私も休みたいです。」と率直に伝えていたら、その後の展開はどうなっていたでしょうか?
「自分を後回し」にしてしまう方のギフトは?
困っている人のニーズ(必要)を見つける共感力の高い方です。

ホンネが言えないの他にも、様々な悩みがあると思います。
・世の中を渡るのは、難しいと感じてる。
・コミュ力に自信がない。
・落ち込みやすい。
・カウンセラーから、情熱的、積極的にアドバイスされるのは苦手。
・あるいは合理的、機械的な関わり方で、物事を進められるのは苦痛だと感じている。
・そもそも他人と仲良くなるとか、親密になりたいと思えていない。

リアルラブは悩みの深い方の入会OKどころか、それこそ私共のカウンセリングが真価を発揮する真骨頂と思っています。
人生はリハビリの連続。
婚活でもそれは同じこと。

(つづきは次回)#289

30分間3000円の体験カウンセリングとは?

婚活カウンセリングのリアルラブ「「私は、結婚したくない人」という思い込みありませんか?」-6

入会検討される皆さまへ

リアルラブは、入会検討時に「30分3000円の体験カウンセリング」を提供しています。
これまでの交際体験をお聴きした後、繰り返される心理パターンを一緒に探ります。
必要でしたら、幼少期の親子関係、家族関係までさかのぼって、愛着パターンの原型や、そこから派生した性格傾向を見極めます。
また、過去に似たパターンを持った会員の方の事例を参考にしつつ、対策や目標を立て、入会&登録の詳しい説明をさせて頂きます。
全部で約90分掛かりますので、余裕を持ってお越しくださることをお薦めします。

*入会は希望せずに、時間を延長してのウンセリングを受けたい方は、通常料金によるカウンセリングの提供に変更可能です。
*入会を希望し、ただし登録しての活動を希望されない方は、カウンセリングのみを受け続けられるリアルラブ独自の「コンサルティング会員」制度があります。

IBJに登録しての活動への切り替えはいつでも可能です。(料金は差額を頂戴します)
*Zoom、Skype、Lineなどのオンラインでの対応が可能です。
メールでその旨お申し出ください。
折り返しこちらから必要なログイン情報をお伝えします。
使ってみると案外かんたんで楽しいですよ。

*詳細はリアルラブのサイトをご覧ください。
https://www.reallove.to/index.html

皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。

  • 成婚エピソード
  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み

この記事を書いた結婚相談所

婚活カウンセリングのリアルラブ

婚活カウンセリングのリアルラブ

東京都渋谷区恵比寿1-15-9日宝恵比寿ビル306

恵比寿駅から徒歩2分

https://www.reallove.to/