婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】Daisy flowers

LINEってむずかしい・・・?

2021.05.17 Daisy flowers
Daisy flowers「LINEってむずかしい・・・?」-1

LINEのコツ教えます

Daisy flowers「LINEってむずかしい・・・?」-2

こんにちは!Daisy flowersの中島です。


結婚相談所ではお見合い後、双方が「もう一度会いたい」と思うと交際成立となります。

仮交際・プレ交際と呼ばれる期間に当たり、個人の連絡先を交換してお二人でデートのお約束をしたり、毎日LINEで連絡を取り合ったりします。


めでたくプレ交際に進んだお二人ですが、ほとんどの場合LINEのタイミングが合わないなど、会員さんからお悩み相談をお受けします。


例えば女性会員さんに多いお悩みは

・絵文字もなく仕事のメールのようだ

・定型文のようで感情が伝わってこない


一方、男性会員さんに多いお悩みは

・そもそも、どんな内容を書いたらよいのか分からない

・デートの約束をしたいけど思う様にラリーがつながらない


多くの方がLINEのコミュニケーションで悩まれます。


LINEは既読マークがつくため、

◎お相手が読んでくれたのかどうか

◎既読になっているのにお返事がない

などお相手の状況を想像しやすく感情移入しがちですので、メールでのやり取りより悩みがちです。


LINEのコンセプトは「LIFE ON LINE いつもあなたのそばに」だそうです。

実際にLINEは日常生活に欠かせないコミュニケーション手段です。


では、なぜ日常生活でも利用しているLINEでのコミュニケーションにズレが生じてしまうのでしょうか?


それは、男性にとっては連絡手段、女性にとっては感情を伝える手段と、そもそもの目的が異なるからです。


「おはよう」や「お仕事お疲れ様です」のような挨拶文を送り合ったとしても、それぞれが期待する返信が違っていたり、タイミングが違うから、ズレていると感じてしまいます。


そもそもの目的が異なる上、まだ出会ったばかりのお二人ですから仕方がないですね。大切なのは、最初からピッタリ一致するお相手はいない。と分かった上で連絡を取り合うこと。


またLINEではスタンプで個性を表現できるメリットもあります。文面だけでは伝わりにくい気持ちや、冗談っぽいコミュニケーションもスタンプを使うことで、緊張がほぐれたり、お相手の意外な一面が見えることもありますね。感情表現が苦手な男性はぜひ使ってみてください!


コミュニケーションの取り方も結婚相手選びの大切な要素になります。最初から一緒なのではなく、どれだけお互いがお相手のペースにすり合わせていけるか。ここがポイントです。


産業カウンセラーの間でもSNSカウンセリングが注目されています。「身近な面」「手軽さ」を利用することで、敷居が高いと感じられているメンタル相談がしやすくなってきています。


Daisy flowersでは、LINEでの気持ちの伝え方や、お相手の気持ちを汲み取るコツをお伝えしています。

LINEを上手に使いながら、お相手との心の距離を縮めていくとプロポーズにグッと近づきますよ♪


最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたの婚活をいつも応援しています✨


  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み
  • 恋愛テクニック

この記事を書いた結婚相談所

Daisy flowers

Daisy flowers

滋賀県草津市

JR琵琶湖線/草津線 草津駅から徒歩1分

http://www.daisy-flowers.com/