メニュー

町のブライダル ミューナ 10人中7人が成婚へ 相談のプロがいる寄り添い型結婚相談所

イライラ、悶々とするのは成長のチャンス!?

  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み
  • お見合い
町のブライダル ミューナ「イライラ、悶々とするのは成長のチャンス!?」-1

目次

  • イライラの原因は・・・
  • 波長を合わせるのが上手な人もいます

イライラの原因は・・・

町のブライダル ミューナ「イライラ、悶々とするのは成長のチャンス!?」-2

週末💎婚活無料相談会開催中

大阪結婚相談所 町のブライダルミューナです。

お見合いでも、交際でも、フィーリングが合わないなぁと思うことありますよね。

あー💦イライラする…

なぜ合わないと感じてしまうのか。

それは、「相手が期待値を大きく外してくるから」

これに尽きると思います。

相手と会話をする時、具体的に何かなくても、テンポや、こうやってコミュニケーションが取れたらなぁ…というぼんやりとした思いがあると思います。

波長が合わないとお断りする具体例はたくさんあるのですが、個人情報に配慮して、少しニュアンスを変えてお伝えしようと思います。

①お見合いの始まり

👩「緊張しますよね💦今日は遠いところありがとうございます」

張り詰めた空気を何とかしようと思い切って声をかけてみたけれど…

👨「別に」


(そこは、「こちらこそありがとうございます、お会いできて嬉しいです」とか、こっちがありがとうって言うてんねんから、「別に」はないやろー💦)

②ドリンク注文時、なかなかメニューを見せてくれない。

👩「何飲まれるのですか?」

そこでコミュニケーションが生まれるかと思って話しかけてみたけれど…

👨「決めてない、自分で注文しますから」

(そんなん聞いてんちゃうやん💦仲人さんにリードするように言われへんかった?先に女性にメニュー見せるとか、一緒に見るとかして、男性が注文してくれたら‥)

③初対面、何か相手の良いところを褒めようと…

👩「素敵なコートですね」

👨「なんでそう思うんですか?」「どこがですか?」

(なんでやねん!💦ほめられたら普通はありがとうやろー。こっちも社交辞令で言うてんねんから、何でとか、どこがとかいらんねん!)

④お見合いでの会話

好きなものにスイーツって書いてる!ちょっと聞いてみよう☺

👩「スイーツお好きなんですか?」

👨「書いてるじゃないですか」

👩「そうですよね💦何が好きなのかな?と思って。私抹茶ケーキが好きなんです。」

👨「僕、抹茶は嫌いです」


(わかっとるわ!💦書いてるんはわかってる。お見合いは話するために来てんねん。書いてること聞いたらあかんねやったら、話ひろがれへんやないかーい!)

こちらはこんな答えが欲しいな~こう返してくれたら会話が続くのにな、、、と思うところを大きく外してくるから、フィーリングが合わない、違和感になるのです。


他にも、テンポよく会話をしたいのに、話の腰を折られる。

同調が一度もない。

僕も、私も!好きなんです、行ったことあるんです!そうやって共通点を探すために質問しているのに、否定してくる。

今日私もたまたまありました。

どうしても急ぎで確認したいことがあって、役所に電話したんですけど、交換手?の人の対応がまさに!ムムムでした。

町「○○のことを聞きたくてお電話しました」

交換👩「担当は△△というものなのですが、今ちょっと席を外していますので折り返しで良いですか?」

町「はい、だいたい何時頃にお戻りでしょうか?」

交換👩「はぁ…私△△ではないんでわからないですけど。。。」

町「今日中にはお電話いただけますか?」

交換👩「それもわかりません」

ごもっとも!!!



結局私の期待していた対応は、わからなくても良いんです😢

笑声で、優しく言うてくれたら・・・


でも相手の対応も間違ってない。

私と感覚が違うだけ、ほんのちょっと、何かが違う。

波長を合わせるのが上手な人もいます

町のブライダル ミューナ「イライラ、悶々とするのは成長のチャンス!?」-3

とは言え・・・
ダメダメダメ!とお見合いでジャッジし続けていたら前に進みません。
自分とは違う他人ですから、最初は仕方ない。その中でも、徐々に波長を合わせることが可能な人もいると思います。

①👩「…今日は遠いところありがとうございます」
👨「別に…」
もしかしたら、緊張して、そんなことないですよ!というつもりで言ってくれたのかも。
👩「優しいですね☺こうやって対面でお会いできて嬉しいです。」
そうやって切り返せたらどうでしょう。
②👩「何飲まれるのですか?」
👨「まだ決めてない、自分で注文しますから」
だいぶ慣れてないな^^;
👩「ここは珈琲だとお替りできるんでお得なんですよ 笑 私○○さんと同じものにしたいので決まったら教えてくださいね」

👨「そしたら珈琲にしようかな…」
👩「じゃ!私も^^」
店員さんを呼んで女性が注文してあげても良いと思います。
男性が注文しないといけないルールなんてないですから☺
③👩「素敵なコートですね」
👨「どこがですか?なんでそう思ったんですか?」

素直に聞いてみたかったのかも。
👩「実は私もそのブランドのコート持ってるんですよ。かわいいですよね^^私の好みです♡」
なんて言ってあげたら、笑顔になるかも!
④👨「書いてるじゃないですか」に対しては、、、

👩「私今日とっても楽しみで、プロフィールめちゃ読んできました笑 ○○さんスイーツ好きってあったので、私も好きだから、聞いてみたくて。どんなスイーツが好きなんですか?」
👨「チーズケーキとか」
👩「おいしいですよねー。私も一時期チーズケーキにはまって、家で簡単に作れるので結構作ってましたよ。いつか機会があればお持ちしますね!」
なんて切り返したら、会話は進んでいくでしょう☺
結局、合う合わないは、自分自身の器の広さ、課題でもあるんです。
超売れっ子のキャバ嬢、最近中高生にとても人気なんですって。
可愛いし、雑誌のモデルもしているし。
そんな売れっ子の女の子たちは、相手が誰でも、どんな人でも、楽しく会話をすることができるのです。
一方なかなか伸びてこない女の子たちは、相手によって沈黙になったり、怒らせてしまったり。
自分に合う人としか楽しくお話が出来ない。
お見合いで全員に合わせる必要はないですけど、コミュニケーションは双方向。
自分自身の返しである程度楽しい時間を過ごすことは可能です。
自分と価値観の大きく違う相手だと、脳が理解できず、処理できず、、、今まで使ってなかったところの箇所が一生懸命働くそうで💦だからイライラするんですって。
こういう機会は自身の成長のチャンスだと思って。
お見合いは選び過ぎず、臆せず、色んな方にお会いするのが良いということなのでしょう。
婚活無料相談は
公式ラインからもお受けしています。
お気軽に登録してみて下さいね!

この記事をシェアする