メニュー

町のブライダル ミューナ 10人中7人が成婚へ 相談のプロがいる寄り添い型結婚相談所

30代 子供が欲しくない 婚活の進め方

  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み
  • お見合い
町のブライダル ミューナ「30代 子供が欲しくない 婚活の進め方」-1

ミスマッチ

今日、記念日の人おめでとう!

(↑これ、知ってますか??^^)

町のブライダルミューナです☺

婚活で難航するパターン、あります。

自分が望む条件と、お相手が望む条件のミスマッチが起こっている場合です。


求めるものと求められるもの、ここに大きな差があれば、なかなか出会うことすら難しい。

わかりやすい例として

①年齢を重ねた男性が子供が欲しいと若い女性をターゲットにしている場合

60代の男性が、子供が欲しいからと20代30代女性をターゲットにお見合を申し込んでも、、、20代、30代女性はほとんどが出産希望ですから、60代の男性を選びません。


子育ては当然二人でしたいと考えておられるので、人生これからの20代30代が選ぶお相手は同世代の男性となります。

②自分は高卒で仕事をしていない、お金持ちと結婚したいので、医者か弁護士を紹介してほしい。

お医者様との結婚がいかに難しいか…特に結婚相談所を利用するドクターは、結構学歴重視な方が多いです。(ご両親の学歴まで必ずみます)

ご自身やご両親の学歴、仲人さん達は「家柄」なんて表現を使いますが、ある程度のつり合いが取れていないと、お見合にはまず至らないのが現実です。


③20代30代で「子供が欲しくない」という方

これが結構難しいです。

持病があったりして望まないのは仕方がありませんが、結婚相談所に登録する20代30代は、ほとんどの方が、将来子供が欲しいと考えておられます。9割以上、いえ、もっとです。

なので「ほしくない」を選ぶとまずお見合いが組めないでしょう。

ですが、欲しくないものは欲しくない。

なので、進め方を考えます。

欲しい方に申し込みしても、おそらく受けてもらえないのと、もしご縁があっても進まない可能性が高いです。お互い無理をしてしまうので、条件が先にわかるお見合だからこそ、まずは絶対譲れない条件は、避けた方が良いかもしれません。

「こだわらない」を選択しておられる方はどうでしょう。

・できても良いしできなくても良い。

・欲しいけどできないかもしれないからどちらでも良いにしている。

・いつかは欲しいけど今すぐは欲しくないから

・チャレンジはして出来なかったら二人でOK!犬でも飼いたい

「こだわらない」を選択している方は結構幅が広いなぁという印象です。

欲しい寄りの「こだわらない」方もいるし、欲しくない寄りの方もいます。

ですが、攻め方としては、ここだと思います。

だから、もしお子さんを望まない方が婚活をするのであれば。。。

まずはご自身が「欲しくない」を選択してお相手も「欲しくない」方にお申込みを。

おそらく、検索して出てくるのは数件でしょう。

関西、30代、「欲しくない」を選択している方、ほとんど出てこないです。

ですが、「こだわらない」を選択している方は結構います❢☺

次のステップとして、ご自身も一旦「こだわらない」を選択して、「こだわらない」方に申し込む。

ここはご縁があったら相談の余地ありですから、成婚の可能性も出てきます。

このように、婚活は確率をいかにあげるかなので。

お見合いの成立率などを見ながらプロフィールを変更したり、お断り理由を分析して対策を考えたり。

仲人さんと二人三脚で進めていくことが大事です。

町のブライダルミューナでは、一人一人の条件・希望に合わせて、今、出来る限りの、成婚に繋がる婚活方法を提案します。

まずはお気軽にご相談ください。

無料相談は公式ラインから

https://lin.ee/DwHqH4d


この記事をシェアする