婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】ブライトウェディング

意外と難しいファーストコール!

ブライトウェディング「意外と難しいファーストコール!」-1

意外と難しいファーストコール!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

IBJのお見合いシステムでは、
お見合い後、お互いに「次回またお会いしたい」と希望した場合に、相談所を通じてお電話番号を交換し、特に日時の指定がなければ、お見合い翌日の夜9時以降に男性側からお電話(ファーストコール)を入れてもらうルールになっています。

ところが、このファーストコール、簡単なようでスムーズにいかないことが時折あるのですよ。

ずいぶん前に実際にあった例ですが、ファーストコールが入っているはずの日の翌日、女性会員さんからすごい剣幕で「昨日、9時からずっと待っていたのに電話がありませんでした!深夜になっても電話がないので、なんだか眠れなくて、一睡もしていません!最初の約束を守れないような人とはお付き合いしたくありませんので交際終了にしてください!!」と。

お相手相談所にご本人に確認していただくと、気にはなっていたものの急な残業で仕事が終わるのが遅くなり、電話ができる状況になったのは11時頃。遅いと思って翌日にかけようと判断したという回答が返ってきました。

この女性と同じような反応をする人は、お見合い初心者や真面目な人に多く、お風呂にも入らないで、ひたすら電話を待ちます。

確かに、お見合いで出会ったばかりの人からの電話を待つということ自体、軽い緊張とストレスがかかりますよね。

このことがあってから、私は説明不足だったと反省し「夜9時から1時間ぐらいは待って欲しいですが、用事をしながらで大丈夫。電話を取ることができなければすぐにかけ直してくださいね」「万が一、その日に電話がなければ、何か事情があったのだと捉えて、翌日私にご連絡くださいね」と説明するようにしております。

また、最近では男性側には「9時以降」と言わずに「9時台で」とお願いしています。

予定の時間内にファーストコールが難しい場合は、まずはショートメールで「10時過ぎても大丈夫ですか?」などと要件を伝えるという方法もありますね。

交際を上手く続けていくためには、はじめが肝心。

■お見合い日の翌日夜にファーストコールをかけたり、受けたりするのが難しい場合は、確実に電話で話しができる日時をリクエストしてください。

■何らかの事情で連絡が取れなかった時は、必ず翌日、相談所に事情を説明してください。

そして、ファーストコールではお見合いのお礼に加えて、できる限りファーストデートの日時を約束してください。

星の数ほどいる男女の中から出会えること自体が奇跡。

奇跡である、そのご縁を大切に育んでくださいね。

ブライトウェディング

https://brightwedding.jp

林ゆかり婚活応援ブログ

https://kekkon-soudanjo.blog

  • 婚活のコツ

この記事を書いた結婚相談所

ブライトウェディング

ブライトウェディング

大阪府大阪市中央区3丁目2-10 アーバンフラッツ瓦町807

地下鉄御堂筋線「本町」駅から徒歩4分

https://www.brightwedding.jp