メニュー

成婚サポート えい縁 成り行き婚活から真剣婚活へ。あなただけの婚活戦略整えます!

今田耕司さんが語る独身貴族の本音

  • 婚活のお悩み
  • 男性向け
  • 恋愛の法則
成婚サポート えい縁「今田耕司さんが語る独身貴族の本音」-1

目次

  • 今田さんはなぜ50代独身を続けているのか?
  • 今田さんが結婚するためにはどうすればいいのか?
  • 結婚するために何をしていいのか分からない時は・・・

今田さんはなぜ50代独身を続けているのか?

成婚サポート えい縁「今田耕司さんが語る独身貴族の本音」-2

ネットニュースで面白い記事がありましたのでご紹介します。
(今田耕司「独身男子は、酒の席で聞く”家庭の愚痴”にだまされている」結婚にポジティブなのに結婚できない理由/Voice 2023年8月7日12:34配信)

今や、日本の独身貴族の代表的存在?ともいえる今田耕司さん。(私、お人柄含めて結構ファンです。)

ただ、彼も決して結婚したくないわけではないようです。それどころか、結構焦っているそう。
自らもご結婚していないにもかかわらず、チュートリアルの徳井さんに対して「50までに結婚したほうがいい」なんてアドバイスしているようです。

今田耕司さんのお話を聞くと、40代後半まで独身だった私は思わず「わかるー」とつぶやいてしまいます。

そんな彼が独身を続けている理由を、3つに分けて見ていきましょう。

1.誰でも良い訳ではない。
これは婚活者は皆そう考えていますよね。
そして年を重ねるほどヒトを見る目が肥えていき、お相手への選別眼が厳しくなっていく傾向があります。
しかし、逆に選択できる対象の異性は確実に減っていきます
今田さんも「若いときに勢いで結婚」は大事かもしれないと仰っています。
20代の女性と結婚したければ20代のうちに、30代の女性と結婚したければ30代のうちに婚活を始めるべきですし、性格の良い女性と出会いたいのであれば、まだ理想のお相手が他人の奥様になっていない若い年代のうちに婚活を始めるべきなのです。

2.なんだか面倒くさくなってしまう。
また、今田さんはやはり職業柄もあるのか、「周囲も納得する様なお相手との結婚」を理想としているようです。
周りを立てたり気遣いが上手な今田さんらしい発想ですが、度を過ぎてしまうと自らの幸せを求めていくことに消極的になってしまいそうですね。
それらをひっくるめて、最終的に「結婚相手を探すのは面倒くさい」と思ってしまうそうです。

3.結婚のマイナスイメージを粗探しして自分を納得させている。
今田さんのお話で一番共感できたのが、「既婚者は不幸話しかしない」というものです。
日本人ならではの謙遜文化なのかもしれませんが、お酒の席で自慢になるような結婚生活の幸せ話は話題にならず、むしろ不幸話に花を咲かせるようです。そして独身男性はそれに騙されているのだと。
今田さんも、本当は結婚したらいいことがいっぱいあるはずだと感じていらっしゃるようです。

今田さんが結婚するためにはどうすればいいのか?

成婚サポート えい縁「今田耕司さんが語る独身貴族の本音」-3

今田さんご本人も、結婚しないでいる理由が自分でも分からないと仰っています。

40代50代で独身の男性も同じ感覚をお持ちのの方が多いのではないでしょうか?


自分が今独身でいる理由が分からない・・・それは、まだ自分の人生は「結婚するのか」「しないで終えるのか」結論を出していないからだと思います

結論を出していないので行動に移せてないのです。

面倒なので結論を出すのを先延ばししているのかもしれません。


しかし、いずれは結論を出さなければいけない時がくるでしょう。そして、その時にはもうすでに「結婚する」の選択肢が選べなくなっている手遅れ状態の可能性大です。


では、その様な独身男性が「幸せな結婚」をするためにはどうすればいいのでしょうか?


1.今すぐ「本気」になるべき。
結婚すれば幸せかも・・・と気づいているのなら、今すぐに行動すべきです。一刻も早く。理由は前段で述べたとおりです。


2.自分にとって幸せな将来を思い描く。
今現在の目先の人間関係や環境ではなく、自分自身の心に向き合います。

究極は「どんな死に方をしたいのか」。そのために残りの人生時間で手に入れるべきものは?そのタイミングは?

日々なんとなく生きていたらそんなことを考える機会もありませんが、気が付いた時にはすべてのチャンスが終わっていることでしょう。

3.改めて既婚者の話を聞く。
自分の人生を「結婚する」ことに決めるにせよ「結婚しない」ことに決めるにせよ、酒席や雑談ではなく、きちんと話してくれる既婚者に話を伺うべきだと思います。

結婚して感じたメリット・デメリットを、包み隠さず話してくれる人に真剣に話を聞いてみるのです。そのうえで、独身でいた場合のメリット・デメリットと比較してみて、自分はどっちが幸せな将来を得られるかを考えてみるのです。


ただ、結婚した私が個人的に感じるのは、結婚するかしないかの良し悪しは、単純なメリット・デメリットの比較を超えたところにあると思っています。

結婚によって得た人間としての幸福感・充実感・自己肯定感は、独身で過ごしていたら絶対に得られなかっただろうし、独身の時はこの感覚も想像できませんでした。

もし私が今も結婚せずに独身でいたならば、きっと「独身のメリット」にすがって、「これで良いのだ」と強がり、孤独感をごまかしごまかし生きていた気がします。もちろん人それぞれだと思いますが・・・。


ただ、今田さんの場合は、独身でい続けても孤独とは無縁かもしれませんね。それが今田さんが独身を続ける一番の理由なのかもしれません。

結婚するために何をしていいのか分からない時は・・・

成婚サポート えい縁「今田耕司さんが語る独身貴族の本音」-4

多くの結婚相談所は「無料相談」を行っていますので、窓を叩いてみると良いでしょう。

当相談所も、たとえ相談だけでも大歓迎ですので、ぜひ「無料相談」をご活用ください。

オンラインでも対面(地域による)でも可能です。

何でもいいのでまず一個だけでも行動を起こしてみると、案外時間が回り出すものです!


GOOD LUCK!

成婚サポート えい縁 大田
https://seikon-eien.jp/

この記事をシェアする