婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】婚活レッツ

お相手に気持ちを伝えるのは、何回目がベストか?

2019.09.29 婚活レッツ
婚活レッツ「お相手に気持ちを伝えるのは、何回目がベストか?」-1

ライバルがいるので、気持ちを伝えるのは遅すぎないように!

婚活レッツが毎日配信する 婚活応援動画 ⇒⇒ 『婚活レッツ 動画』で検索!


こんにちは、婚活レッツです。


結婚相談所の活動は、戦略的に、計画的にスケジュールを組んで進めることが大切です。

やみくもに活動をしても、まず成婚を手繰り寄せることは出来ません。

最もやってはいけないことは、自然に好きになれたらとか、感情ありきで活動をすることです。

結婚相談所の活動は、一定のルールの基で行う活動になります。特に交際期間のルールが重要になってきます。お見合いでお会いをしてから、原則3ヵ月で成婚の判断をする必要があるのです。要は、3ヵ月でお相手と成婚をするかどうかの決断をするということです。

成婚をしていく人は、3ヵ月でだいたい15回前後お会いをして成婚をしていきます。1ヵ月平均5回前後となります。この成婚までの15回で何をしていくかを戦略的に考え、行動することで成婚が近づくことになります。


気持ちを伝えるタイミングは、何回目がベスト?

お相手に自分の気持ちを伝えるタイミングは、何回目がベストなのか?

私は、お見合いを含めて5回目がベストだと考えます。

理由としては、まずお見合いを含め3回目までは見極めの期間となります。この期間は、まだ関係性も出来ておらず、お互いのことを理解し合えていないため、とりあえず会ってみようというぐらいの気持ちで会っています。3回目ぐらいで最初の判断をしようとする人がとても多いと言えます。

4回目以降お会い出来た場合は、実質的な交際に入っていく可能性がぐっと高まります。

結婚相談所の活動は、常に競争の中にあって、見えないライバルが存在しているので、ライバルよりも先手を打って、リードしていく必要があるのです。

4回目お会い出来た場合は、3回目のハードルを越えているので、実質的な交際の可能性が高まりますが、まだライバルが存在している可能性があるので、4回目からは攻めの姿勢に入ることが大切になり、デートの時間も長くしていきます。出来れば、4回目のデートでは、散歩の時間を取り入れ、手を繋ぐチャレンジをして頂くと良いと思います。

その上で、5回目お会い出来た場合は、気持ちを伝えてみることが大切になります。

ライバルの存在を意識した上で、気持ちを伝えるベストなタイミングは5回目ということになります。

後手に回ることは避けたいと思いますし、早すぎることもなく5回目がベストだと考えます。ただ、5回目のデートの雰囲気が悪かったり、言うタイミングがない場合は、次回に繰り越しても構わないと思います。

気持ちを伝えた上で、6回目以降お会い出来た場合は、6~8回目ぐらいで真剣交際に入ることをおススメします。これまでの期間は、お見合いから1ヵ月から1ヵ月半の間に行動して頂くと良いと思います。

5回目に気持ちを伝えること。

ここをターゲットにして、活動をしてみてください。


婚活レッツ

この記事を書いた結婚相談所

婚活レッツ

婚活レッツ

千葉県船橋市本町2-2-7 船橋本町プラザビル6B

船橋駅 から徒歩5分

https://www.konkatsu-lets.com/