プロが教えるお見合い準備! お見合い・婚活 応援ブログ

知っておきたい!お見合いの席順・席次

2019.01.30 お見合い準備

お見合いをする時に迷ってしまうのが座席の問題です。
何も考えずに勝手に座ってしまうとマナーがなっていない!と、相手に嫌われてしまうことも。

正しい席順を知ることができれば、お見合いもスマートに進められるはずです。ここではお見合いの座席やマナーについて紹介します。

お見合いの座席マナー

お見合いでは、服装や身だしなみ、会話など気を付けた方が良いポイントがいくつかありますが、実は、お見合いで男性や女性がどこに座るかも大切なポイントです。

例えば、初めて訪れる会場というのは、どこに席があってどこに自分が座れば良いのかわからないものです。どうして良いかわからず戸惑っている相手の女性を想像してみましょう。なんだか寂しそうで相手に申し訳ないことをしたという気持ちになりますよね。

また、エスコートをしてくれない男性に対し「マナーがなっていない」「私とのお見合いを軽く見ているの?」などと、マイナスの印象を与えてしまう場合もあります。

このように、相手の女性が会場についた時、席までエスコート(誘導する)のとしないとでは相手に与える印象も変わってきます。
まずは、お見合いの座席マナーを知り、相手に好印象を残していきましょう。

お見合いの席順について

お見合い席順でまず意識したいのは、上座と下座です。
ビジネスでも上座・下座という言葉はよく聞きますが、正確に配置を理解しているでしょうか。

お部屋や個室の入り口から見て奥側が上座、入り口側が下座になります。また、ホテルのラウンジなどのように開けた会場の場合は、席も多く上座と下座の区別がつきにくいですよね。

そのような時は、見分けるポイントを覚えておくと良いですよ。入り口のほかにもお手洗いやサービスカウンターから遠い席が上座にあたります。

上座の位置は、テーブルの形や椅子の配列によっても変わってくるので目安として覚えておくと便利です。

1・当人同士のお見合いの席順

昔は、お見合いをする男女に世話人が付き添う形でお見合いが行われていましたが、現在は当人同士のみでホテルのラウンジで行なわれるのが一般的です。

お見合いの席順については、上座・下座を意識します。これはビジネスにおいてもマナーの基本になります。お客様や上司など、自分よりも目上にあたる人を上座へ案内します。

上座とは入り口から遠い奥の席のことで下座は入り口手前になります。お見合いでお相手の女性を席に誘導する時は、上座を案内し男性は下座に座るようにしましょう。

また、お見合い場所によっては上座・下座をこだわらないほうが良い場合もあります。夜景などの景色がキレイに見える席の場合は、上座・下座に関わらず女性を一番良い席へ案内するのもおすすめですよ。

2・仲人が付き添う場合の席順

当人同士のお見合いと仲人が付き添う場合のお見合いでは座る位置が異なります。
仲人が付き添うお見合いの場合は、仲人が席を案内してくれるので指示に従いましょう。
また、当人同士のみのお見合いではお互いが対面になって席に座りますが、仲人が同席する場合は、初対面のお二人に配慮して斜めに並ぶようご案内する場合もあります。

これは、お互いの緊張感を和らげるための仲人側の配慮です。初めてお会いする人が目の前にいると緊張してなかなか上手く話せないという場合もありますよね。座席について気になることがある場合は、事前に担当仲人へ確認すようにしましょう。

お見合いで女性をエスコートする際のポイント

日本人にはあまり馴染みのないエスコートですが、お見合いでは男性が女性を気遣ってあげる気持ちが重要です。

例えば、極端な話ですが、女性が重たい荷物を持っていた場合、男性が「持つよ」と声をかけてくれるのとそうでない場合では与える印象も違いますよね。

女性は、さりげない行動やしぐさなど、細かいところまでチェックしています。真面目で気遣いのできる男性は女性からも好かれやすいですよ。

1・レディーファーストを意識する

お見合いでは、なるべく相手を優先することを考えましょう。レディファーストといっても何か特別なことをするのではなく、さりげなく席や道を譲ってあげたり、先に扉を開けたり、相手の女性が居心地よく過ごせるよう気にかけてあげることが大切です。

また、結婚相談所のお見合いでは、飲食代を男性が支払うルールになっています。知らない間にお会計が済まされていると、さりげない気遣いがとても格好良く見えて素敵ですよ。

2・席に着くまでの歩く順番に注意

お見合い会場に着いてから席に座るまでの間も女性への気遣いを忘れないようにしましょう。

会場に着いたら店側のスタッフが席まで案内してくれる場合が多いですが、歩く順番はスタッフの次に女性、一番最後が男性になります。

席順については、上記でも説明した通り女性を上座へ案内するのが一般的です。椅子に座る順番についても、先に女性が席に着いてから男性が座るようにしましょう。

また、席に案内される前のほんの少しの待ち時間であってもできれば会話をしてみましょう。「今日は良い天気ですね」「雨が降っておりましたが大丈夫でしたか?」などと、当たり障りのない話題をふってみるのもおすすめですよ。

3・飲み物の注文は男性が行う

お見合いでは、コーヒーや紅茶などの飲み物を注文する方が多いです。食べ物はダメという決まりはありませんが、女性の中には初対面の人の前で食事をすることが苦手な人もいます。お見合いでは、食べ物ではなく飲み物だけをいただくようにしましょう。

まずは、メニュー表を女性へお渡しします。注文の仕方については、女性ではなく男性がまとめて注文するほうがスマートです。

飲み物が運ばれてきたら、女性の飲み物から先においていただくようスタッフを誘導しましょう。
また、お見合いは、友人や家族と過ごしている時のように自分のことは自分でするというスタンスではありません。エスコートは、男性が女性をリードできる見せ場でもあるので誠実で男らしい印象をどんどんアピールしていきましょう。

まとめ

お見合いの席では、女性は上座にエスコートするのが一般的です。
会場(場所)によっては景色のキレイに見える側の席を案内することもおすすめですよ!
スマートで大人な対応を意識して第一印象をアップさせていきましょう。

合わせて読んでおきたい♪
お見合いで飲み物が来るまでの過ごし方 ≫

お見合いの日程が決まらない原因

お見合いでモテる男の条件とは