お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

夜のお見合いで食事はするべき?

2018.12.19 お見合い準備

シフト勤務など事情によっては、休日の昼間ではなく、平日の夜にお見合いがセッティングされる場合もあります。そんな時、お見合いをする時間帯を考えると一緒に食事もするべきかどうか迷ってしまいますよね。

ここでは、夜にお見合いをした場合の過ごし方について紹介します。

夜にお見合いをすることもある

お見合いは明るい時間帯や土日に行うものというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、仕事によって休日も違うため、お見合いは土日だけでなく平日の日中や夜でも行われています。お見合いの日程は、相手の事情を考慮しお互いに無理のない範囲で調整していきましょう。

夜のお見合いで食事をおすすめしない理由

夜にお見合いする場合は、一緒に夕食をとるべきか迷いますよね。特に、お互い仕事帰りに会う場合は「お腹が空いているのではないか?」「夕食を食べたほうが良いのでは?」などと、相手のことが気になってしまいます。

しかし、中には初対面の方との食事が苦手な女性もいます。例えば、食事中に口元の汚れが気になったり、マナーが気になりすぎて、落ち着いてお見合いに集中することができなかったりしますよね。

女性は、異性に対していつもきちんとした(キレイな)姿を見てもらいたいと願う生きものです。口元の汚れや食事をしている姿を初対面の男性に見られるのはとても緊張するため、夜のお見合いで食事をするのは避けたほうが無難でしょう。

夜のお見合いでの過ごし方のポイント

夜にお見合いをする場合は、相手の女性に配慮し、なるべく食事は避けることをおすすめします。また、お見合いで話が弾んでしまうのは喜ばしいことですが、帰宅時間が遅くなってしまうと相手に迷惑がかかる場合もあります。

そうならないためにも、男性側がしっかり常識ある行動を取りましょう。相手の女性に配慮し帰宅時間が遅くなってしまうことのないよう十分気をつけていきましょう。

1・食事は避けてお茶だけにする

夜にお見合いをするのに、お茶だけで大丈夫なの?と思う方もいるかもしれませんが、このお見合いスタイルは意外と多いです。上記でも述べた通り、初対面の男性と食事をする場合、マナーや口元の汚れなどを気にする方が多いので、女性側からすると返って食事をしないほうが安心してお見合いができる場合もあります。

また、最初から食事の予定を立ててしまうと、お互いの印象が良くなかった場合に食事の時間が苦痛になってしまうことも考えられます。相手の印象に関わらず、最初はお茶だけにするのが無難です。

連絡先を交換した後は、メールやライン、電話などで会話も慣れてくる頃です。初デートの頃には、初めて出会った時のような緊張感もなくお食事をしながら楽しむことができるかもしれませんよ。

2・遅くならないうちに解散する

夜に会う場合は、相手の女性のことを考えて早めに帰宅をできるようにしましょう。お互いに大人なので時間を決める必要はないのでは?と思うかもしれませんが、相手の女性は将来結婚するかもしれない大切な方です。また、自宅が遠い場合も考えられますよね。

お見合いは1時間程度で済ませるのがおすすめです。時間が短くて「話足りない」「物足りない」と感じる方もいるかもしれませんが、短いぐらいのほうが「また会いたい」などと、次回のデートへ繋がる可能性が高いです。

また、初デートをする際も、仕事帰りや休日の昼間に2~3時間程度がおすすめです。

3・ホテルのラウンジか雰囲気の良いカフェがおすすめ

夜であっても、お見合いの場合、居酒屋ではなくホテルのラウンジや雰囲気の良いカフェで行なうのがおすすめです。これは夜のお見合いに限らず日中にお見合いをする場合も同じです。

見た目がお洒落なだけでなく落ち着いた雰囲気があるので、周りを気にせずゆっくりお話しすることも可能です。

また、お店によっては混雑する時間帯なども変わってきます。例えば、満席で座る席がなかった場合、相手を待たせてしまいお見合いも始められませんよね。

このようなシーンは、互いに苦い経験としてマイナスの印象を残しやすいものです。
そうならないためにも、前もってお店を予約すると安心ですよ。

なるべくお店の下見をしてお見合いのイメージを掴んでおきましょう。初対面となるお見合いでいかに好感度をアップさせられるかが重要です。

4・初回のお茶代は男性が支払うのがルール

お互いが初対面となるお見合いでは、かかる費用はなるべく男性が負担するようお願いしています。

例えば、数百円程度のお茶代にも関わらず割り勘でお願いされたら、女性はあまり良い気分ではありませんよね。正直なところ、最初の印象で「ケチな人」と思われてしまうとその先の発展は難しい場合が多いです。男性が毎回支払うという決まりはありませんが、初回のお見合いでは男性が支払ったほうが男らしく印象も良いです。

女性は、男性の細かい行動までもチェックしています。まずは、相手に良い印象を残して好感度をアップさせていきましょう。

5・会う前に服装や髪型をチェック

夜にお見合いをするということは、朝から時間が経っているため服装や髪型も乱れがちですよね。

例えば、男性はスーツやジャケットを着る方が多いと思いますが、首元の「フケ」や「ほこり」が目立つと相手にマイナスの印象を与えてしまいます。

また、髪型が少し乱れているだけでお顔の印象もかなり変わってきます。お見合い相手と会う時は、なるべくベストな自分を見せましょう。その方が清潔感もあって相手に与える印象も良いです。約束場所へ行く前に、服装や髪型などのチェックを忘れずに行ってくださいね。

6・お酒の力は借りない

夜にお見合いをした場合に限らず、初デートの際も、お酒を飲むのは控えたほうが良いでしょう。仕事帰りや夜のお付き合いということで、ついついお酒が飲みたくなることもあるかもしれませんが、アルコールが入ってしまうと解放感が増し、気持ちが緩んでしまうことも考えられますよね。

場合によっては、言葉遣いが馴れ馴れしくなって相手を嫌な気持ちにさせてしまうこともあるかもしれません。

これでは、せっかくのお見合いも台無しです。互いに慣れてきて信頼関係が築けるようになったらお酒を飲みながら二人の時間を楽しむのも良いでしょう。

まとめ

日程によっては平日の夜、仕事帰りにお見合いをすることもあります。その場合も1時間程度のお茶の時間にするのがおすすめです。
一緒に食事をする楽しみは、初デートにとっておきましょう。

まずは、上記を参考にお見合いの時間を楽しく過ごしていきましょう。

================
日本結婚相談所連盟(IBJ)おすすめ!
◆ 自分に合った結婚相談所を探す ≫
◆ 婚活カウンセラーブログをCHECK ≫
================

お見合いでデートの頻度はどれくらい?

お見合いで飲み物が来るまでの過ごし方