プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!
お見合い・婚活 応援ブログ
【お見合い準備】
 日本結婚相談所連盟トップ  お見合い・婚活 応援ブログ  お見合いの服装に合わせるバッグの選び方

お見合いの服装に合わせるバッグの選び方

お見合いの服装に合わせるバッグの選び方

お見合いや婚活パーティーでは、ワンピースやスカートなどの女性らしいファッションがおすすめです。

ここでは、お見合いの服装に合わせるバッグについて紹介します。
服装に合ったバッグや小物を選び、さらに好印象を与えていきましょう。

お見合いの基本のファッション

出会って最初に目に映るのが服装や髪型などの第一印象です。お見合いでは、内面的な要素と同じくらい見た目の清潔感や雰囲気が重要になるため、服装やバッグ、小物などの細かいところまで意識して選びましょう。

女性の場合は、スーツやパンツスタイルよりも、ワンピースやスカートなどがおすすめです。女子アナファッションのような明るく清潔感のある服装が良いでしょう。

男性の場合は、手っ取り早くコーディネートするなら、紺やグレーのスーツに明るい色のワイシャツを合わせるのが無難です。

パンツにジャケットを合わせて爽やかに着こなすのもおすすめです。

【女性におすすめのファッション】
ワンピース、スカート+カーディガン、スカート+ブラウス

【男性におすすめのファッショ】
スーツ、パンツ+ジャケット

お見合いの服装に合わせるバッグ

お見合いに着て行く服装が決まったら、バッグや小物も合わせてみましょう。色や形だけでなく、大きさも意識すると服装のバランスが良くなります。

服装やバッグなどの好みは人それぞれ違いますが、お見合いや婚活パーティーのような場では、「自分に似合っているかどうか」「服装と合っているかどうか」を意識すると良いでしょう。

まずは、お見合いの服装に合わせるバッグから紹介します。


1・ハンドバッグ

服装にどんなバッグを合わせたら良いのかわからない!という女性は、ハンドバッグにするのが無難です。持ち歩きやすく上品なイメージを与えるため、お見合いにピッタリのバッグです。

白を基調とした服装の場合は、ピンクや薄黄色などのパステルカラーのバッグが清楚で爽やかな印象を与えます。

紺やベージュを基調とした服装の場合は、白やアイボリー、黒のバッグが合わせやすくて良いでしょう。

自分の体格に合ったサイズを意識し、なるべく小ぶりなものを選ぶようにしましょう。

2・ショルダーバッグ

肩ひものついたショルダータイプのバッグも人気です。肩にかけたバッグが目を惹き、さらに大人っぽい女性の雰囲気を出すことも可能です。

ショルダーバッグを持ち歩く時は、斜め掛けではなく、必ずどちらかの肩に掛けるようにしましょう。

どんなに素敵な服装をしても、バッグを斜めに掛けてしまうと全体のバランスが崩れ、幼い印象を与えてしまいます。

お見合いでは、年齢相応の女性らしい魅力を引き出すことが大切です。服装やバッグ、小物も派手過ぎずシンプルなものを選びましょう。

3・クラッチバッグ

お見合いでは、クラッチバッグも人気です。形がシンプルなので、比較的どんなファッションにも合わせやすいですが、デザイン選びには注意です。

女性の場合は、黒や白、グレー、パステルカラーなどの服装の色と合わせてシンプルなものを選びましょう。

男性の場合は、クラッチバッグではなく、スーツに合わせたビジネスバッグがおすすめです。


お見合いで避けるバッグの特徴

お見合いの服装に合わせるバッグは、色や形、サイズなどをしっかり守れば、高級感などにこだわらなくても問題はありません。

靴やベルトなどの色も合わせることで統一感が出てお洒落度がアップします。

問題は下記の4つのバッグです。これらは、お見合いの服装と合わせづらく相手に与える印象もマイナス面が多いので、なるべく避けるようにしましょう。

コーディネートしだいでは、相手に与える印象もガラッと変わります。見た目の印象で損をしないためにも、お見合いに相応しいバッグを選んでいきましょう。


1・ブランドのバッグ

お見合いでは第一印象が重要なため、高級ブランドのバッグや小物も避けたほうが無難です。

ブランド品ばかりを身につけていると「将来お金がかかりそうだな」「自分とは不釣り合いかもしれない」「物欲が強いのかな?」などと、相手にマイナスの印象を与えてしまう場合もあります。

どうしてもブランド品をファッションに取り入れたい場合は、目立たないロゴのバッグにしたり、時計やネックレス、スカーフにするなど、主張しすぎない程度にコーディネートをすると良いでしょう。

2・大きいバッグ

自分の体格に合わないサイズの大きいバッグも避けましょう。服装がビシッと決まっていても、バッグのサイズが合わなければ全体のバランスが崩れてしまいます。

バッグを選ぶ時は、持ち運びが可能で膝の上に乗せられるものがベストです。特に女性は、シンプルで小ぶりなものを選ぶようにしましょう。

3・リュックやボディバッグ

気軽に持ち歩ける、リュックやボディバッグも避けたほうが無難です。友人や知人と会う時など、普段用に使用するのは問題ないですが、お見合いは、ホテルのラウンジなどのきちんとした場で行なうことも多いため、カジュアルすぎて好感度を下げてしまう場合もあります。

ジャケパンスタイルのような、スーツスタイルよりもカジュアルなファッションであったとしても、あまりおすすめできません。

また、男性の場合は持ち物が少ないので、手ぶらも可能です。その場合は、お財布やハンカチなどは、スーツやジャケットのポケットに忘れず入れるようにしましょう。

お見合い相手と食事やデートをする際に、場所や服装に合わせてリュックやボディバッグを使用するのはOKです!

4・セカンドバッグ

昔はセカンドバッグを持ち歩く男性が多くいましたが、現在のファッションとは相性が悪いようです。

セカンドバッグを持ち歩いている男性を見かけると「年齢差を感じる」「お洒落にうとい」「バブル期を連想させる」という声もありますので、避けるほうが無難でしょう。

お見合いでは服装や髪型、雰囲気などの第一印象が重要になるため、服装やバッグなどは流行りのものを上手く取り入れてみるのもおすすめです。

持ち物は最低限におさえる

お見合い当日は、持ち歩く荷物の量も考えましょう。荷物が多くなるとどうしても大きめのバッグになりがちです。

女性の場合は、お財布や最低限のメイクセット、ハンカチ、ティッシュ、筆記用具(ボールペン、メモ紙など)が揃っていれば問題ないでしょう。

男性の場合は、お財布やハンカチ、筆記用具が揃っていれば十分です。

見た目をスッキリさせることで、相手に与える印象もさらに良くなります。

まとめ

持ち物は最低限におさえ見た目をスッキリさせることが大切です。ホテルでお見合いをする場合は、大きい荷物はクロークに預けるのもおすすめですよ!

まずは、上記のポイントを参考に、服装とのバランスを考えてバッグを選びましょう。

ブログTOP
セミナーのご案内はこちら