お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

お見合い後の流れと守るべきマナーについて

2018.10.05 お見合い準備

お見合いをした後は、仮交際へ進むのかお断りをするのかを必ず判断しなければいけません。お返事をするまでに期間を空けすぎてしまうと、相手にマイナスの印象を与えてしまう可能性も考えられます。

早めに決断をして効率の良い婚活をしていきましょう。ここでは、お見合い後の流れや守るべきマナーについて紹介します。

お見合い後の流れ

お見合いが終わった後に必ずしなくてはいけないのが相手への「返事」です。このお返事は、男性に限らず女性もOKかNGかを決めなくてはいけません。

必ずしも相手のお誘いを受ける必要はありませんが、「何となく気になる」「素敵な人だな」「もう少し話してみたいな」などと、相手の印象がそこまで悪くないのであれば、仮交際へ進んでみるのも良いでしょう。

まずは、お見合い後の流れについて順に説明します。


1・仲人へ結果報告をする

結婚相談所においては、お見合い後は相手に直接返事をするのではなく、仲人へ伝えるのがルールです。

自分だけではなく、相手も真剣に結婚を考えて婚活をしているため、なるべく当日中に仲人へ連絡をしましょう。

相手と意気投合し仮交際へ進む場合もあれば、生理的に受け入れられず自分からお断りをすることもあるでしょう。

相手に直接会わなくてよいため、相手を傷つけてしまう不安やストレスがなく安心です。

2・交際OKの返事が着たら連絡先を交換する

双方のお見合いの結果が揃ったら仲人から連絡が来ます。待っている間は、ドキドキ緊張するかもしれませんが、不安な気持ちは相手も一緒です。

相手もOKだった場合、翌日中にはお互いの連絡先が交換されますが、まずは男性からのお電話(ファーストコール)を待ちましょう。

NGのお返事の場合も、落ち込みすぎず次にどうしたらよいかを考えていきましょう。どうしても理由が気になる場合には仲人に相談することもできます。成婚した方の中では10回以上お見合いを経験された方も多くいます。

3・ファーストコールを入れる

仮交際OKの返事をいただいたら、必ず男性側からファーストコールを入れましょう。タイミングとしては、連絡先交換をした日が理想です。難しい場合は翌日には必ず連絡するようにしましょう。

ファーストコールは、相手と長話をするためのものではなく、お見合いで自分を選んでくれたことや交際をOKしてくれたことに対し、相手にお礼や感謝を伝えるものです。
相手に失礼のないよう手短にすませましょう。

また、期間を空けすぎてしまうと出会った時の印象が薄くなり、相手の気持ちが冷めてしまうこともあります。
お互いの良い印象を維持するためにも、なるべくファーストコールで再会やデートの約束を交わしましょう。

4・交際スタート

交際がスタートしたら、積極的に自分をアピールしていきましょう。メールやラインなど、相手とマメに連絡を取ることで徐々に会話もはずんでくるはずです。

趣味や興味などの話題は共通点も見つけやすく話も盛り上がりやすいです。また、相手の性格や性質などの内面的な要素は、デートを重ねてみないとわからないものです。

交際中は、相手の長所をたくさん見つけ、少なくても1カ月に2~3回はデートをしてみましょう。


お見合い後のマナー

お見合いが成功したら、仲人を通し相手に気持ちを伝えましょう。双方がOKの場合は、晴れて交際がスタートです。

お見合いの交際は、一般的な男女の交際とは異なります。初めから家族や友人と話す時のような馴れ馴れしい態度や口調は、相手にマイナスの印象を与え嫌われてしまうことも。

良好な関係を築いていくためにも、礼儀正しい接し方をこころがけていきましょう。


1・フィーリングが合わなくても顔や態度に出さない

お見合いをしたからといって、すぐに理想の相手と出会えるとは限りません。「何となく性格が合わない」「しっくりこない」などと、自分からお断りをすることもあるでしょう。

しかし、フィーリングが合わないからといって、顔や態度にだすのはマナー違反です。相手も自分と同じように、真剣な気持ちでお見合いへ来ているため気持ちの良い過ごし方をこころがけましょう。

お断りをする場合であっても、「本日は、貴重なお時間をありがとうございました。お気を付けてお帰り下さいね」などと、明るく丁寧な接し方を意識してください。

直接本人に伝えるのではなく、仲人を通してからお断りをするのがマナーです。

2・早めに決断をする

お見合い後の返事やデートの約束などは、早めに決めて行動するのが理想です。上記でも説明した通り、期間を空けすぎてしまうと、出会った時の印象が薄くなり相手の気持ちが冷めてしまうこともあります。

また、決断が遅すぎると、相手を不安にさせ結婚に対する前向きな気持ちが伝わらない!などと、誤解をされてしまうことも。

相手の婚活状況も考えて、なるべく早めの決断をこころがけましょう。

3・相手の気持ちを優先する

デートはもちろん、メールやラインでやり取りをする際も、相手の気持ちを考えて行動しましょう。積極的に自分をアピールすることも大切ですが焦り過ぎは禁物です。

時間帯や頻度を考えず連絡をしたりすると相手に迷惑をかけて気持ちが離れてしまう場合もあります。連絡先を交換した際に、相手の都合の良い時間帯を事前に確認しておくと良いでしょう。自分のことよりも相手に配慮した気遣いが何よりも大切です。


困った時は仲人へ相談する

結婚相談所では、お見合いをサポートする仲人やカウンセラーが存在します。お見合いが上手くいかない、相手との関わり方がわからない・お断りを考えているなど、お見合いをする上で不安や心配なことがあった際は、仲人へ相談するのも有効です。
そのほうが、効率よく婚活を進められる場合もあるため、1人で悩まず早めに仲人へ相談しましょう。

まとめ

お見合いが終わったら、早めに仲人へ連絡をしましょう。第一印象が良ければ仮交際へ進んでみるのもおすすめです。仮交際の段階では人数を絞る必要はないので、なるべく出会いのチャンスを広げて成婚へ繋げていきましょう。

◆IBJのルール&マナーをcheck!
お見合いルール&マナー集はこちら ≫

【お見合いの服装】30代女性へのおすすめはコレ!

お見合いの服装に合わせるバッグの選び方

カテゴリ
月別アーカイブ

2018年

  • 男の婚活
  • 自分に合った結婚相談所を探す
  • 成婚者インタビュー