プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!
お見合い・婚活 応援ブログ
【お見合い準備】
 日本結婚相談所連盟トップ  お見合い・婚活 応援ブログ  【お見合いの服装】30代女性へのおすすめはコレ!

【お見合いの服装】30代女性へのおすすめはコレ!

【お見合いの服装】30代女性へのおすすめはコレ!

お見合いや婚活を始めて最初に悩むのが服装選びではないでしょうか。選ぶ服装やコーディネートしだいでは、相手に好印象を与えることも可能です。

まずは、自分の年齢に合った清潔感のある服装を心がけていきましょう。
ここでは、お見合いする30代の女性におすすめの服装について紹介します。

20代と30代のお見合いの服装の違い

まず、お見合いや婚活パーティーの服装は、一般的なお洒落なファッションとは少し違います。お見合いでは、流行よりも清潔感のある服装や女性らしさをアピールできる服装が重要なため、自分の魅力を引き出す服装のポイントを知ることが大切です。

例えば、20代の頃は似合っていたミニスカートも、30代や40代の女性が着ると派手な印象を与えることもあります。

相手に「素敵な女性だな」「魅力的な人だな」と思ってもらうためにも、年齢相応の可愛らしさや落ち着いた雰囲気のある服装を選びましょう。

30代女性のお見合いファッションのポイント

昔と違い、現在のお見合いの服装は、着物よりもワンピースやスカートの上にカーディガンを羽織るスタイルが一般的です。

出会った時に最初に目に映るのが服装や髪型、雰囲気などです。内面的な要素をアピールする前に見た目の第一印象で好印象を与えていきましょう。

また、同じ種類のワンピースやスカートも、素材や色、形、丈、コーディネートの仕方により見た目の印象が変わってきます。まずは、下記のポイントを参考に自分に合った服装を意識して選びましょう。


1・シンプルな服装

ワンピースやスカートの柄もこだわりましょう。大きめのチェック柄やプリーツの多いスカートは健康的で可愛らしいのですが、幼く年齢に合わないという印象を与えてしまうことも

男性の好みにもよりますが、30代の女性は落ち着いた雰囲気や大人っぽい服装のほうが好感度も高く、30代女性の魅力が出るため、なるべくシンプルな服装や小物でコーディネートしましょう。

どうしても、柄の入ったワンピースやスカートを着たい場合は、カーディガンやジャケットを羽織ると良いでしょう。上半身をシンプルな服装にすることでバランスが良く見えます。

2・柔らかいイメージ

シフォン素材やレース素材の服装もおすすめです。白のシフォン素材のトップスに紺のスカート、白のレース素材のワンピースにベージュのジャケットを羽織るなど、対照的な素材や色を選ぶことで、子どもっぽくなりすぎず清楚で優しい印象を与えることもできます。

女子アナファッションのように、フワッと柔らかいイメージの服装を意識すると良いでしょう。

3・大人っぽい雰囲気

30代や40代の女性がお見合いをする場合は、年齢相応の大人っぽさを感じさせる服装を選びましょう。

例えば、タイトなワンピースはシルエットがキレイに見えるだけでなく、上品でエレガントな印象を与えるのでおすすめです。

程よく広がったフレアスカートも、歩くたびに裾が揺れるのでフェミニンで可愛らしい印象を与えることができるでしょう。

色を選ぶ時は、ライトグレーやベージュ、黒ではなくネイビーなどの、暗すぎない色がおすすめです。

4・明るい色

お見合いや婚活パーティーなどでは、明るい色の服装のほうが清楚で爽やかな印象を与えるため男性受けも良いです。

ピンクや水色、ミントグリーンなどのパステルカラーは、人柄や雰囲気も明るく見えコーディネートもしやすいでしょう。

「ちょっと若作りしすぎかな?」と、抵抗がある場合は、カーディガンやジャケットを組み合わせることで、さらに控えめで落ち着いた印象を与えることができるでしょう。


30代女性が服装で注意すべきこと5つ

女性は年齢に関わらず、いつまでもキレイで若々しくいたいものです。しかし、10代や20代の女性が着るような柄の目立つ服装や肌の露出が多い服装は、返ってマイナスの印象を与えてしまう場合もあります。

若さを意識した服装よりも、清潔感や年齢相応の服装を選ぶほうが第一印象で好印象を与える可能性が高いです。

まずは、下記のポイントを参考に自分に合った服装を心がけていきましょう。


1・派手な色を避ける

お見合いでは、服装の色も意識しましょう。10代や20代の頃は、青や赤、黄色などのハッキリとした色の服装が好みだったとしても、現在もその色が自分に似合っているとは限りません。

また、ストライプやボーダー柄は幼い印象を与えてしまうため、無地や柄が控えめのものを選ぶと良いでしょう。

服装を選ぶ時は、白やベージュ、紺、パステルカラーなどがおすすめです。

2・膝丈を意識する

ワンピースやスカートの丈にもこだわりましょう。スカートの長さは、膝丈または膝が少し見えるくらいがベストです。

丈が長すぎると重たい印象になり、逆に丈が短すぎると派手な印象を与えてしまうため、必ず試着してから選ぶようにしましょう。

3・白や黒のストッキングを避ける

多くの女性は肌色のストッキングを履くと思うのですが、ごく稀に黒やグレーのストッキングを履いている方を目にします。

黒やグレーのストッキングは脚を細く見せる効果はありますが、全体的に暗い印象を与えてしまいます。場合によっては、実年齢よりも上に見られることもあるため、ナチュラルな肌色のストッキングが無難です。

4・ヒールの高い靴を避ける

お見合いへ着て行く服装が決まったら、靴も合わせてみましょう。ヒールの高い靴を履くとスタイルを良く見せることはできますが、場合によっては派手な印象を与えてしまうことも。

ヒールは5センチ程度、色はベージュや白、グレーなど、なるべく服装と合わせやすい色を選びましょう。

ビジューやスパンコールなど、飾りの少ないシンプルな靴がおすすめです。

5・小物やアクセサリー、メイク、ネイルを控えめにする

女性はメイクの仕方によっても見た目の年齢や雰囲気が変わります。濃い色の口紅やアイメイク、マツエクなどは、派手な印象を与えてしまう場合もあります。

場合によっては、実年齢よりも上に見られることもあるため、なるべくナチュラルなメイクをこころがけて清潔感をだしましょう。
ネイルはベージュや薄いピンクのほうが清楚なイメージを与えます。バッグやアクセサリーも、主張しすぎないシンプルなものがおすすめです。


まとめ

年齢関係なくお見合いの服装でおすすめなのは、女性らしいワンピースやスカートのファッションです。
上記のポイントを参考に、自分に合った服装や年齢相応の女性らしさをアピールしていきましょう。

ブログTOP
セミナーのご案内はこちら